プジョー(PEUGEOT)の中古車情報を検索する

プジョーの関連情報

  • プジョー情報

    1865年に創業したプジョーは、歯車・産業機械製造、胡椒挽き、自転車の生産を経て1889年に自動車製造に進出。徐々に生産台数を増やして、戦前にはルノー、シトロエンとともにフランスを代表する自動車メーカーに成長した。プジョー車はフランスに多い石畳を走ることを前提としたしなやかなサスペンションによる良好な乗り心地が特色で、コンパクトカーや中型セダン/ステーションワゴン、SUVなどの実用車を中心にラインナップを展開している。また、古くからディーゼルエンジン技術には定評がある。

    プジョー代表車種

    407クーペやRCZなどのラグジュアリーモデルや、3008や5008などのクロスオーバーSUVなどが設定されることもあるが、プジョーの本分はやはり使い勝手の良い実用車であり、代表車種はハッチバック車の208や308,中型セダン/ステーションワゴンの508などになる。だが、これらは実用性一点張りのそっけないクルマかと言えばさにあらず。そこは「デザインの国フランス」の製品だけあって、ライバル者とは一味違った魅力と個性、洒落っ気を備えている。信頼性も高く、経済性にも優れているので輸入車の初心者にもオススメできる。