マツダ(MAZDA)の中古車情報を検索する

マツダの関連情報

  • マツダ情報

    広島に拠点を置くマツダは、1961年に独NSU社からロータリーエンジンのパテントを取得。マツダは社運をかけて開発に挑み、67年に実用化にこぎ着けた。マツダは技術志向の強いメーカーであり、近年でも独自技術によるクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」や世界初の火花点火制御圧縮着火エンジンの「SKYACTIV-X」の開発に成功し、高い評価を得ている。かつては中古車の値崩れが激しく、1度マツダ車を買うと下取りの低さからマツダ車以外に買い換えられない「マツダ地獄」で悪名を馳せたが、現在では過去のことになった。

    マツダ代表車種

    ロータリーエンジンを心臓部に持つピュアスポーツのRX-7と、ライトウェイトオープンスポーツの代名詞となったロードスターの2車種がマツダの金看板であることに異論を挟む人は少ないだろう。両車に共通する特徴は軽量コンパクトな設計と高い運動性にある。エンジン技術に目を奪われがちだが、マツダはシャーシやサスペンション開発にも実力を発揮する。こうしたス優秀なスポーツカーの開発ノウハウが、マツダ2やマツダ3、マツダ6などの実用車にもフィードバックされ、マツダ車に共通の運転する楽しさや「人馬一体」の走りに結びついている。