シボレー(CHEVROLET)の中古車情報を検索する

シボレーの関連情報

  • シボレー情報

    シボレーはもともとGM創業者のウィリアム・C・デュラントがゼネラルモータース(GM)を追放された1911年に、レーサーのルイ・シボレーと組んで設立した大衆車メーカー。デュラントのGM復帰後は同社の大衆車・スポーツモデル部門となり、50~60年代のアメ車黄金期を支えた。現在ではワールドワイドにビジネスを展開しており、北米製だけでなく欧州製、南米製、韓国製、中国製のクルマもシボレーブランドで販売されている。日本に正規輸入されるのはコルベットとカマロだけだが、並行輸入車としてSUVやミニバンが多数上陸している。

    シボレー代表車種

    北米市場では乗用車やSUV、ピックアップトラックなど、さまざまな車種がシボレーブランドで販売されているが、アメ車の評価が不当に低い日本市場では、コルベットとカマロのみが正規輸入されている。どちらもアメリカンV8を搭載した魅力的なスポーツモデルだが、コルベットが最新テクノロジーを投入したピュアスポーツであるのに対し、カマロは古典的なアメリカンマッスルカーに仕立てられており、その性格はずいぶんと異なる。なお、次期コルベットはミドシップ化が決定しており、FRのコルベットを新車で買うなら今のうちだ。