初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

トヨタとスバルがSUVモデルのEVおよびEV専用プラットフォームの共同開発に合意

トヨタとスバルが完全電気自動車のSUVと中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォームの共同開発に合意しました。

トヨタとスバルが電気自動車SUVの共同開発で合意

2019年6月6日、トヨタとSUBARUは共同でEVSUVを開発すると発表しました。
両社は共同で全く新しいEV専用のプラットフォームを開発、CセグメントとよばれるミドルクラスのSUVになるとのこと。ハイブリッド技術で世界の自動車業界をリードするトヨタと、国産初の乗用AWD(全輪駆動)車を1970年頃に開発、販売したスバルの技術が集結します。

共同開発にあたり、トヨタの電動化技術やSUBARUのAWD(全輪駆動)技術を活用するなど、両社の持つ技術の強みを持ち寄り、EVならではの魅力ある商品づくりを目指すとコメントしています。両社は2005年に業務提携して以来、すでにスポーツカーのトヨタ 86、スバル BRZを共同開発して発売しています

現在、ピュアEVを製造販売するのは日産だけ。世界中を見てもピュアEVを発売する大手自動車メーカーは少なく、SUVに至っては、テスラ モデルX、ジャガー I-PACE(Iペイス)の2モデルしか販売されていません。
近いうちに、アウディからはe-tron、メルセデス・ベンツからはEQCといった完全電動SUVが発売される予定となっており、ここにトヨタとスバル連合が登場するとなると、今後の展開に目が離せません。

今回の発表では、開発に合意したとのことのみで発売時期や車両価格といった具体的な情報はありませんでしたが、早くても3年後に市販モデルを発表、300万円台後半から400万円台の車両価格で発売されるのではないかと推測しています。

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪