初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

日産「見えないものが見える車」意味深な発表

2018年12月20日、日産はCES 2019にて「見えないものを可視化」する、新しいコネクテッド・ドライビング技術を出展することを発表しました。新技術の詳細については、一切明らかになっていません。

日産が「見えないものを可視化」する新技術を発表予定

先立って公開された1枚のティザー画像

2018年12月20日、日産は「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する、最新技術や商品をCES 2019にて出展することを明らかにしました。CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)とは毎年1月、アメリカのラスベガスにて開催され、多くの企業から新製品や最新のプロトタイプが発表される見本市です。

日産の出展概要の中で、注目すべきは「見えないものを可視化」する新しいコネクテッド・ドライビング技術。現時点で詳細は明らかになっていませんが、クラウドを介して通信を行い、さまざまな情報を可視化する新技術であると思われます。

日産の出展概要はこちら

・「見えないものを可視化」する新しいコネクテッド・ドライビング
・米国初公開となる新型電気自動車(EV)レーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」
・EVを中心としたエコシステムを構築し、EV の持つ魅力をさらに向上させるソリューション「Nissan Energy(ニッサン エナジー)」のデモンストレーション
・EVのクロスオーバーコンセプトカー「ニッサン IMx KURO」

昨年のCESで発表された新技術はこちら

日産の他の最新技術についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのRosazzurro編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す