初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

ホンダが攻めてる!軽トラ アクティトラックにド派手な特別仕様車が登場

ホンダがアクティトラックに特別仕様車「スピリットカラースタイル」を設定し、2018年11月9日から発売を開始しました。ホンダ初の4輪自動車「T360」誕生55周年を記念した2トーンカラーモデルで、軽トラらしからぬ派手さが話題になっています。

アクティトラックにド派手カラーの特別仕様車が登場

スピリットカラースタイル「フレームレッド×ブラック」

ホンダがアクティトラックに特別仕様車「スピリットカラースタイル」を設定。11月9日から発売開始していますが、カラーリングが軽トラにしては攻めすぎていると話題になっています。

目をひくのが、赤と黒のコントラストがド派手な「フレームレッド×ブラック」。ホンダの発電機や耕運機などと同色に揃えた2トーンカラーで、車名の通り「働くHondaの魂」を印象づけています。

「フレームレッド」はホンダ S660のカラーラインナップにもあった色。道路はもちろん、農道をこの軽トラが走っているのを見かけたら、間違いなく二度見してしまうインパクトの強さですね。

特別仕様車「スピリットカラースタイル」は、113万~126万円です。

特別仕様車はT360誕生55周年を記念したもの

T360(画像奥)をイメージした「ベイブルー×ホワイト」

「スピリットカラースタイル」は、2種類がラインナップしていますが、いずれもT360誕生55周年を記念した特別仕様となっています。

ご紹介した「フレームレッド×ブラック」のほか、T360をイメージしたカラー「ベイブルー×ホワイト」はレトロな趣で、また違ったインパクトがあります。

T360とは、1963年に発売されたホンダ初の4輪自動車です。当時スポーツカーの開発を進めていたホンダですが、オートバイと同じ販売網で売れる車を突き詰めた結果「軽トラック」も開発しようということになったそうです。

ホンダの自動車開発の黎明期を担ったT360は、1967年に後継モデルに道を譲るまで、働く人の相棒として活躍しました。

ホンダ アクティトラックについてはこちら

軽トラ人気ランキングはこちら

トラックのおもしろ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す