初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

無印良品が自動運転バスをデザイン!フィンランドで2020年実用化を目指す!

無印良品を展開する株式会社良品計画が、フィンランドにおいて自動運転バス「ガシャシャトルバス」にデザインを提供した、と発表しました。2020年ごろをめどに実用化を目指しているとのこと。無印良品らしい、シンプルかつスライリッシュな「ガシャシャトルバス」を紹介します。

無印良品がフィンランドの自動運転バスをデザイン!

「無印良品」ブランドを展開する株式会社良品計画が、フィンランドにおいて自動運転バス「Gacha(ガチャ)シャトルバス」にデザインの提供をした、と発表。ガチャシャトルバスは自動運転の研究を行う「Sensible 4」とともに開発が進められており、あらゆる気象条件下(大雨、霧、雪など)でも機能する自動運転バスです。

バスのデザインは無印良品らしい、シンプルかつスタイリッシュな仕上がりに。全体的に丸みを帯びており、誰もが親しみやすい印象を受けます。LEDのライトベルトや内装に沿ったラウンド型のベンチシートが特徴的です。

ガチャシャトルバスは2019年に3月に一般公開し、2019年前半にはヘルシンキ周辺の3都市での実用試験運行を開始する予定。また、2020年をめどに実用化を目指しているとのことです。

ガチャシャトルバスの概要

サイズ:L4.5m × W2.5m × H2.8m
定員:16名(座席数10席、立ち乗り6名)
自動運転での最大時速:40km/h
駆動装置:4WD、電動
走行距離:急速チャージにより100km以上(オプションとしてワイヤレスチャージも可能)

未来の車・自動運転についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのRosazzurro編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す