初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

ポルシェ「ミッションEクロスツーリスモ」市販化決定!新型EVクロスオーバーのスクープ画像入手

2018年10月19日、ポルシェはEVクロスオーバーのコンセプトカー「ミッションEクロスツーリスモ」の市販化を発表。新型EVスポーツカー「タイカン」の派生モデルという位置付けです。Rosazzurro編集部では市販モデルのテスト車両のスクープ画像を入手しました。

ポルシェ「ミッションEクロスツーリスモ」の市販化が決定!

ポルシェ ミッションEクロスツーリスモ

近未来的な内装

2018年10月19日、ポルシェはEVクロスオーバーのコンセプトモデル「ミッションEクロスツーリスモ」の市販化を公式発表。「ミッションEクロスツーリスモ」の市販モデルは、新型EVスポーツカー「タイカン」の派生モデルという位置付けになります。

市販モデルの名称は発表されていません。タイカンの派生モデルということを考慮すると、コンセプトモデルの名称をそのまま使用した「タイカン クロスツーリスモ」、またはパナメーラなどに使用される車名の一部を使用した「タイカン スポーツツーリスモ」などが予想できます。

しかし、タイカンはスポーツカータイプ、ミッションEクロスツーリスモの市販モデルはSUV風のクロスオーバータイプ、とボディタイプが大きく異なることを踏まえると、全く新しい車名になる可能性も高いと思われます。

ポルシェ ミッションEクロスツーリスモの驚異のスペック

ポルシェ ミッションEクロスツーリスモのスペック

ミッションEクロスツーリスモ市販モデルのパワートレインスペックの詳細は明らかになっていませんが、一部すでに公式発表されている情報もあります。

ミッションEクロスツーリスモ市販モデルは、800ボルトの構造を備え、超高速充電に対応。ポルシェが展開予定の充電スタンド「ターボチャージング・ステーション」を使用すれば、バッテリーの80%を15分で充電することができます。また、2つのモーターが440kW(600hp)を発揮し、0-100km/h加速は3.5秒以内と驚異の加速力を実現。航続距離は500km以上と、実用性も兼ねています。

ミッションEクロスツーリスモ市販モデルのスパイショットを入手!

パナメーラと似ているフロントデザイン

ポルシェ パナメーラ ターボS e-ハイブリッド スポーツ ツーリスモ

サイドはすっきりとしたシンプルなデザイン

ラゲッジスペースが広く確保されているリア

ミッションEクロスツーリスモの市販化が公式発表されたばかりですが、Rosazzurro編集部は早速、市販モデルのテスト車両のスパイショットを入手。重いカモフラージュで覆われているものの、デザインの一部を確認することができます。

フロントフェイスはパナメーラと似ている印象を受けます。ボンネットのプレスラインがスポーティ感を際立たせています。リアはカモフラージュが特に重く、ほとんどデザインを確認することができません。4本出しのマフラーが特徴的です。

市販モデルは、リフトアップされオーバーフェンダーが取り付けられる、などよりSUV風のデザインになることが予想できます。

ポルシェの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのRosazzurro編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す