初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

スバル インプレッサスポーツ/G4のマイナーチェンジが発表!変更点は?

2018年10月11日、スバルの主力モデルである「インプレッサ」のマイナーチェンジが発表されました。発売日は11月2日を予定。新型インプレッサの変更点や新しい装備について解説します。

スバル インプレッサがマイナーチェンジ!

インプレッサG4

インプレッサスポーツ

2018年10月11日、スバルの主力モデルである「インプレッサ」のマイナーチェンジが発表されました。発売日は11月2日と予定されています。

今回のマイナーチェンジの最大のポイントは「オートビークルホールド機能」の採用です。
この機能は停車状態の際にブレーキペダルをリリースしてもクリープ現象で進むことがないようブレーキが保持されるもので、これにより疲労軽減を実現。ドライバビリティが向上しました。

また60周年記念特別仕様のグレードである「1.6i-L EyeSight S-style」に関しては今後も継続販売されることがアナウンスされています。

同日にマイナーチェンジが発表された新型XVについては以下をご覧ください。

インプレッサの新車車両価格

インプレッサの新車車両価格は最安値グレードの「1.6i-L EyeSight」で約194万円~、最上級グレードの「2.0i-S EyeSight」が約261万円~となります。
今回のマイナーチェンジで価格の変更は無く据え置きです。

スバルの新型車についてはこちら