初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

トヨタ 2025年めどに全店で全車販売へ!車種半減&カーシェア参入も

トヨタが、2025年までに販売系列店の専売車制を廃止する計画を発表したもようです。さらには販売車種を売れ筋を中心に約半分に絞る、2019年春から国内カーシェア事業に参入するなど、国内販売体制を大幅に転換する見込みです。

トヨタが専売車制廃止、国内販売体制見直しへ

トヨタは販売系列店の専売車制を廃止する計画を発表したもようです。

現在トヨタ車は「トヨタ」「トヨペット」「カローラ」「ネッツ」の4店舗で販売されていますが、それぞれに専売車(特定店でしか購入できない車種)を設定しています。

しかし、2025年までに全店で同じ車種を販売する計画を発表。国内市場がピーク時の3割減となったいま、60年以上続けてきた国内販売体制を大幅に転換する見込みです。

トヨタの4系列販売店とは?

トヨタには顧客層のすみわけのため、販売店が次の4つに分けられています。

プリウスやC-HR、86などの売れ筋車種は全店で購入できますが、顧客層に合わせて各販売店には専売車が設定されています。

【高級車】トヨタ

トヨタ新型クラウン

「県名 トヨタ」ことトヨタ店は、富裕層や法人向けディーラーです。トヨタの歴史と伝統を重んじ、車を通じて上質なおもてなしを提供しています。
専売車には「クラウン」「センチュリー」「ランドクルーザー」など、トヨタ随一の高級車がそろっています。

【中級車】トヨペット

トヨタ ハリアー

トヨペット店はミディアムカーディーラーで、大衆車よりもやや高級志向の車種を専売しています。
専売車は「ハリアー」「マークX」などです。

【大衆車】カローラ

トヨタ新型カローラスポーツ

カローラ店は大衆車である「パブリカ」「カローラ」を販売してきたディーラーです。
専売車は「カローラスポーツ」「カローラアクシオ」など。

【若者・家族車】ネッツ

トヨタ ヴォクシー

ネッツ店は若者やファミリーをターゲットとしたディーラーです。
専売車は「ヴィッツ」「ヴォクシー」など、コンパクトカーやミニバンを主軸としています。

販売車種を半分に&カーシェア参入も

専売制の廃止だけでなく、トヨタは販売車種を売れ筋を中心に約半分に絞るもよう。開発・販売費の削減をねらう見通しです。

さらに、新規顧客獲得のため、2019年春から国内でカーシェア事業に参入するといいます。まずは東京の直営店から始め、異業種との提携した共同店舗の開設も視野に入れているということです。

少子高齢化やEV化、カーシェアの普及など、国内市場の変化にともない、トヨタが戦略を大幅に転換することは、他メーカーにも大きな影響を与える可能性があります。
トヨタを含め、国内自動車メーカーの今後の動向に注目です。

トヨタ 注目の新型車についてはこちら

トヨタの新型車情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す