初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

トヨタ新型グランエースが東京モーターショー2019で初公開!年内発売へ

トヨタは新型フルサイズワゴン「グランエース」を2019年内に発売します。発売にさきがけて東京モーターショー2019にて初公開。大柄ボディや高級感ある内装などを解説します。

トヨタ新型グランエースが東京モーターショー2019にて初公開

トヨタは東京モーターショー2019にて、新型車「グランエース」を初公開します。新型グランエースは2019年内に発売予定です。

新型グランエースの注目ポイントは以下3点。

・ビッグサイズ×高級ワゴンという新たなジャンルを開拓
・高級志向の内外装でおもてなしスタイル
・2.8Lクリーンディーゼルエンジンを搭載


新たなフルサイズワゴン「グランエース」を解説します。

最大8人乗りのフルサイズワゴン

トヨタ新型グランエースは、全長5.3m、全幅1.97mと国産車としては大柄なボディに、セミボンネットを採用。同社の高級ミニバン「アルファード」と、大型ワゴン「ハイエース」を融合させたようなスタイリングが特徴的です。

ゆとりのパッケージングを活かし、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプを設定。ワイドボディと上質な室内を特徴とする、フルサイズワゴンとなっています。

ちなみに、ハイエースの海外モデルは国内仕様とは異なり、セミボンネットを使用。ロングボディとショートボディがラインナップしています(以下画像 海外版ハイエース:上がロングボディ、下がショートボディ)。新型グランエースは海外仕様ハイエースのショートボディをベースとしているとみられます。

高級感あふれる内外装デザイン

トヨタ新型グランエースは、高級感のある快適な移動手段として、他モデルとは一線を画しています。

外装は、最近のトヨタの高級ラインナップに見られる、押し出し感の強いデザイン。ヘッドランプと融合した大型フロントグリルの採用により、外装デザインはダイナミックに。随所にクロームを取り入れ、メリハリのある顔立ちです。

トヨタ グランエース 2019

ブラックを基調としたインパネに木目調加飾を配したコックピット

トヨタ グランエース 2019

優しく灯されるLEDサイドカラーイルミネーションが車内を華やかに彩る

内装は「上質」で「華やか」さにこだわり、木目調のインテリアやレザーシートで上質な室内に。2列目、3列目には電動本革キャプテンシートを備えており、ゆったりとくつろぐことができます。ロングスライド機構やオットマン機構などを装備し、快適性や利便性の良さも追求しました。

トヨタ グランエース 2019

4列8人乗りのデザインスケッチ

2.8Lクリーンディーゼルエンジンを搭載

トヨタ新型グランエースには、ハイエースにも採用されている1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンが搭載されています。FRレイアウトを採用し、トランスミッションは6速ATです。重量級ワゴンであることから、パワートレインラインナップはこの1つのみとのこと。

トヨタセーフティセンスなど最新装備を採用

トヨタ新型グランエースは、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を装備しています。歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティにより、高い安全性を獲得。

さらに、駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]など、安全・安心をサポートする装備も充実しています。

コネクティビティは、先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備。スマートフォン連携機能によって、普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能です。

ライバル車はレクサスLMやVクラスなどの高級ミニバン

トヨタ新型グランエースのライバル車は、レクサス LMやメルセデス・ベンツ Vクラスといった、ビッグサイズの高級ミニバンとなります。

レクサス LM

レクサス LMは2019年4月の上海モーターショーで世界初公開された、レクサス初のミニバン。トヨタ アルファード/ヴェルファイアとパーツを共有しています。LMは日本への導入は未定となっているため、国内販売されればライバルになり得るでしょう。

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この画面下部にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

メルセデス・ベンツ Vクラス

メルセデスベンツ Vクラス 2019年

新車価格:738万円

メルセデス・ベンツ Vクラスは、メルセデス・ベンツ唯一のミニバン。東京モーターショー2019にはディーゼルモデルが出展されます。

トヨタ新型グランエースは2019年内発売!価格は?

トヨタは新型グランエースを2019年内に発売するとしています。東京モーターショー2019の開催に合わせて、発売日が発表される可能性は高いでしょう。

新車車両価格は不明ですが、トヨタの高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」の上位ミニバンという位置付けであれば、480万~800万円となるのではないでしょうか。主力は600万~700万円台のモデルとなると予想します。

トヨタ新型グランエースのスペック

全長:5,300mm
全幅:1,970mm
全高:1,990mm
ホイールベース:3,210mm
エンジン:2.8L クリーンディーゼル

※スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪