初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【新型マツダCX-30 デザイナーインタビュー】室内装飾カラーは20代女性が担当

2019年9月20日に発表されたマツダの新型SUV・CX-30。事前説明会でCX-30のデザインに携わった、チーフデザイナーを務める柳澤亮さんと、室内装飾カラーを担当した狩野梓さんにインタビュー。

マツダのデザイン担当者を直撃取材!

マツダ CX-30とデザイナー

右はマツダCX-30チーフデザイナーの柳澤亮氏、左が室内装飾カラーリングを担当した狩野梓氏。

2019年9月20日に発表されたマツダの新型SUV、CX-30(サーティ)。先日開催された事前説明会でCX-30のデザインに携わったお二方へRosazzurro編集部、宇野がインタビューを行いました。

今回お話を伺ったのはCX-30のチーフデザイナーを務める柳澤亮さんと、室内装飾カラーを担当した狩野梓さん。室内デザインに20代の女性を起用したマツダ。女性らしい、そして若い感性がCX-30の上質な室内空間を生み出したとのことです。

クルマをデザインする上で何が大変だったのかにフォーカスしてインタビューしました。

実は短期間で開発されたCX-30

宇野:今回発表されたCX-30のアイデアはいつ頃からあったのでしょうか?

柳澤さん:CX-30は結構短い期間で開発されています。今年5月に発売されたMAZDA3は、マツダの自動車第7世代の先頭バッターということもあり、新技術な部分を中心として長期に渡り開発されました。一方でCX-30の開発にはMAZDA3で培われたノウハウを活かせる場面が多く、それほど時間を要しませんでした。

MAZDA3とCX-30は、同じシリーズとして開発する方針があったので、先頭バッターでやりきったことをやってます。そういう意味でCX-30はかなり短い時間で開発されています。開発自体はMAZDA3よりもだいぶ後からスタートしたものの、発売はそこまで離れていないのも同じ理由です。

宇野:なるほど。エクステリアデザインの段階には何年ほど?

柳澤さん:正確には覚えていないのですが2~3年ぐらいです。通常よりもかなり短く数字だと思います。エクステリアデザインも違うプログラムだとよくいざこざがあって、最初やっていたものと完成形が別物になることがあるのですが、今回はそのようなこと事例はほぼありませんでした。いくつかの原案から選んだひとつが量産車とほぼ同じものでした。

宇野:インテリアは企画からどれくらいの期間かかるのですか。

柳澤さん:造形的な話でいうと、エクステリアもインテリアも同時にスタートします。インテリアもエクステリアと同様、最初の10案から1つに絞るところからはじめました。普通だったらそこから先にまた一悶着あるんですけど(笑)今回は比較的スムーズに進み、最初のテーマがほぼそのまま出来ていきました。エクステリアもインテリアも期間的にもほぼ同じです。

ギリギリを攻める計算されたカラーリング

マツダ CX-30 Lパッケージ 内装パーツ

皮シートが装備される「Lパッケージ」の内装パーツ

マツダ CX-30 プロアクティブツーリングセレクション 内装パーツ

マツダ CX-30 プロアクティブ 内装パーツ

宇野:CX-30のカラー開発をしていく中で大変だったことを教えて下さい。

狩野さん:反射の要件などを考慮しつつ、狙える上限ギリギリのところを狙って目指している表現を実現したり、コーディネーションを上手に仕上げたりといった部分は難しいですね。今回の車の内装にはブラウンとネイビーの2色が新たに追加されているのですが、普通はだいたいブラックですよね。考えずに色をつけると反射してしまうので緻密な計算が要されました。

柳澤さん:会場にCX-30内部のスピーカーを模した先行モデルがありますよね?それに用いられているブラウンは結構明るいんです。初期段階ではこの色味を狙ってたものの、反射の関係でそこまで明るく出来ないことが分かりました。それに加えて明るすぎるがゆえに印象が軽くなりすぎてしまっていたので、最終的には明度や明るさを抑えて、落ち着きのある少し濃いブラウンが採用されました。

宇野:多くの選択肢がある中で今回ブラウンとネイビーを選ばれたのはなぜですか?

狩野さん:ブラウンは多くの車種で採用され始めていて、大人びた印象や落ち着きなどを感じられる色です。弊社では白革と黒革の2種類があり、調和しつつもコントラストをつけることができます。特に穴あき加工を施した黒革に加えることで全体に調和をもたせたりさせているのですが、落ち着きすぎず上質にみせることができる色だと思います。反対にネイビーは真っ黒の内装が嫌だというニーズに応えることができます。ファッションでもトレンドカラーになっており、若々しさや斬新な印象を与える役割があります。以上の理由からブラウンとネイビーの2色を採用しました。

宇野:購入を検討している方や興味がある方にはカラーコーディネーションに注目してもらいたいといったところですかね。

狩野さん:そうですね。現在カラーデザイナーは同世代のデザイナー2人でやっているのですが、ターゲットとする年齢層が近いので共感していただける方が多いと思います。

お客様が何を求めているのかを理解し、共有する

宇野:全体的なデザイン開発の中で、思い入れのあるできことや新しい発見、苦労してことなどはありますか?

柳澤さん:エクステリアの開発で最も大変だったのはドアのS字リフレクションです。S字リフレクションは上向きの面と下向きの面を交差させることによって表現しています。ただCX-30の場合は全幅1800mm以下という制限があり、ドア内部のヒンジやサイドインパクトビームといったレイアウトがかなりの障壁になりました。

宇野:ドア表面に映るS字の反射ですよね。

柳澤さん:初期段階ではどうしても作れなくて、ドアのエンジニアに相談しました。S字はデザインの肝だから絶対になんとかしたいという気持ちを理解してもらい、★ヒンジを揺すったり、外側の余分なスペースを削ったり試行錯誤を繰り返しました。その結果、想定以上のものが完成しました。実はこのドア一枚にそういうサイドストーリーがあるんです。
今のはほんの一例ですが、そういう知恵や共創活動から生まれている部分は多いです。それらの塊がCX-30だと思っています。

宇野:なるほど。開発は縦割りされており、デザインというカテゴリの中にエクステリア、インテリアと分かれていてと・・・いうのが消費者が抱くイメージだと思うのですが、そこを大きく覆す開発がされたのかなという印象を受けました。

柳澤さん:CX-30だけじゃなくてマツダ車のプロジェクト全体にその風潮が浸透しています。20年ほど前はこういうデザインを作りたいと提案しても一蹴されて終わる時代もありました。8、9年前から先代のCX-5からコードデザインをはじめて、6世代になるとデザインが最終的にお客様にとって、ブランドにとってどう大事かっていう考えをエンジニアと共有できており、今ではデザインはこういうのをやりたいんだと言ったら設計者や生産技術者をはじめとしたあらゆる人たちが理解して協力してくれる体制ができています。中にはデザイナーなんて絵描いて終わりだと思う方がいらっしゃると思うんですけどそうでなくて、一緒にそれを作っていく、お互い協力していく、縦割りではなくて横同士が太い絆で結ばれています。

宇野:その中でカラーコーディネートというポジションはプレッシャーを感じませんでしたか?

狩野さん:お客さんが何を買うか選ぶ際に影響する力は大きいと思います。女子視点で考えたらコーディネーションっていうのはかなり強い力を持っていますけど、エクステリア重視で買う方もいらっしゃいます。選ぶ要素としてはどれも同じくらいのバランス、パワーをもっていると思いますし、カラーだけが良くてもベースが良くないと本末転倒になりますよね。結局はすべてのコーディネーションが重要になってくるんです。

宇野:車を買った後って外装より内装を見ている時間のほうが圧倒的に多いと思います。特に女性は内装を重視される傾向が強いですよね。男性はどちらかというと外見を重視している印象を受けます。でもその両方がマッチングした車って中々ないと思っていました。街中でCX-30が交差点を曲がるときのボディサイドをみたいですよね。

柳澤さん:とても印象的なものになると思います。ボディに映る景色がどんどん移ろっていくのが最大のポイントです。それを交差点に立つ歩行者みんなが楽しんでいただけると思います。

インタビュアー:宇野 智(Rosazzurro)
編集:Rosazzurro編集部

※LINEニュース、スマートニュースなどのアプリでは、画像キャプションなどの重要な情報が仕様上表示されませんので、オリジナルサイトもご覧ください。

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪