初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

「US-2」水陸両用救難飛行艇の離着水レポ|クルマと関連あった!

【画像28枚】レッドブル・エアレース2019のサイドアクトとして登場し、観客を大いにわかせた、海上自衛隊の救難飛行艇「US-2」。そのルーツを紐解くと、意外な自動車メーカーとの関わりが…?

レッドブル・エアレースに現れた謎の飛行物体

9月7日と8日に千葉・幕張海浜公園で開催された、今年で最後となる「Red Bull AIR RACE(レッドブル・エアレース)」ラウンドの合間に2機の謎の飛行機。

エアレースのマシンのエンジンとは異なる、ヴォボォォーーーーと唸る低音が…

エアレースのマシンは時速300km。比較すると明らかに遅い。

2機の編隊は1機になり、東京湾上空を大きくゆっくりと旋回しながら高度を落としていきます。

この飛行機は、海上自衛隊の救難飛行艇「US-2」、水陸両用の飛行艇です。レッドブル・エアレースのサイドアクトとして、東京湾に初フライバイした機です。(レッドブル・エアレースは海上自衛隊の協力を得ています)

救難飛行艇「US-2」とは?

「US-2」は海上自衛隊の救難飛行艇として、2007年3月に正式配備されました。現在まで6機が調達されています。(※試作機を除く)

US-2の任務は海難事故の救助活動。世界で唯一3mの波がある海面にも着水することができます。3mというと機体の1/3の高さ。過酷な状況でも人命救助が可能な機体です。前身である「US-1」を含めると、これまで1000回以上もの出動回数を誇っています。

海難事故の際は船やヘリコプターなども出動できますが、US-2は航続距離や巡航速度という点で優れています。さらに、民間旅客機と比べて短い距離で離水、着水することができ、長い滑走路が不要な点もポイント。より速く、広範囲での救助活動を得意としています。

▼US-2のスペック
乗員 11名
全長 33.25m
全幅 33.15m
全高 10.06m
エンジン ロールスロイス AE2100J ターボプロップ×4
最大速度 315kt=M0.47(約580km/h)
巡航速度 260kt=M0.38(約470km/h)
航続距離 4,700km(約2,500海里)
巡航高度 20,000ft(約6,100m)以上
離水滑走距離 280m(43t時)
着水滑走距離 310m(43t時)

スペックの中で注目したいのは、離水と着水の滑走距離。旅客機では小さい部類のボーイング737で1,500mほど。US-2と1.2kmも違います。(大型旅客機のボーイング777では、2,500~3,200m必要)
最低飛行速度は、時速100kmという超低速で飛べるUS-2。救難飛行艇たるスペックです。

US-2は大日本帝国海軍 二式大艇の血筋

US-2のルーツを紐解くと、戦時中まで遡ることができます。上の画像はUS-2を開発・生産した新明和工業の前身「川西航空機」が生産した、二式飛行艇(二式大艇)です。現在は海上自衛隊鹿屋航空基地史料館に保管(野外展示)されています。かつては東京の「船の科学館」にも展示されていました。

二式大艇は当時世界でも最高水準の飛行艇と言われていました。US-2はその技術を活かし、上翼のスタイルや左右のフロート、波を押さえる底面装置など、各所に二式大艇との共通点が。最新の技術やシステムを取り入れつつ当時の姿をしのばせるUS-2は、水上機マニアにはたまらない機体なのです。

意外な自動車メーカーとも関わりが……

だいぶ自動車からは離れてしまいましたが、ここで豆知識。川西航空機は戦後、社名を改め再出発。汎用機械部門の「新明和興業」と、自動車部門の「明和自動車工業」という2つの会社となりました。

この「明和自動車工業」は、オート三輪トラックやオートバイの製造を行いますが、その後ダイハツ工業の傘下に入り、1970年に合併されることとなるのです。

それでは、東京湾に初登場したUS-2の勇姿をご覧ください。

着水から離水まで

東京湾を大きく2周して高度を下げていきます。

着水

一周回って機体を360度、観客に披露。

離水

向きを180度変えて加速。

ちなみに、飛行艇は波が全くない状態より、多少波があった方が離水が楽になります。波がないと表面張力が働き水と機体がくっついて負荷が高くなるからです。波があると、表面張力が弱くなり、離水が容易になります。

表面張力で機体に張り付く海水の量は相当に多い。

任務を終えたUS-2は、配備先の山口県は岩国航空基地に帰っていきました。(US-2は、岩国と厚木に配備中)

さようなら。


撮影・文:Rosazzurro 宇野

この記事の執筆者

宇野 智(Rosazzurro)この執筆者の詳細プロフィール

Rosazzurro編集長。小学生時代の休日は自転車でディーラーを回る「カタログ少年」TVより諸元表を見ながらの食事を好んでいた。クルマの他、鉄道、航空機、船舶も愛する。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪