初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

The BONEZ インタビュー《後編》メンバーが語る、バンドとクルマの共通点

モンスターエナジーファミリーに加入した超人気バンド・The BONEZに、ドリフトイベント「Monster Energy presents D1GP All Star Shoot-out」にてインタビュー!メンバーの愛車遍歴や、D1を通して感じたクルマの魅力を語っていただきました。

The BONEZ

2012年始動のロックバンド。ギターボーカルのJESSE、ギターのNAKA、ベースのT$UYO$HI、ドラムのZAXの4人体制。2018年発表のアルバム「WOKE」に収録されている「SUNTOWN」が2019年D1グランプリシリーズの公式テーマソングに起用されたほか、Zepp Tokyoの公演チケットが発売開始1分で完売するなど破竹の勢いの超人気バンド。

メンバーはクルマ好き!The BONEZの愛車遍歴

The BONEZの皆さんはいま車をお持ちですか?

JESSE 今は諸事情で免許ないんですけど(笑)

昔は色々乗ってましたよ。アルテッツァ乗ったりハイラックス乗ったり…クルマは大好きなんで色々乗り換えましたけど。

もともと自分でウーファー積んだり配線やったりしてたんですが、ギターと一緒で全然詳しくなくても説明書見ながら「音出ねーな」ってやって、繋がった瞬間「うおおおお!」ってなるのが楽しいんですよね。


JESSEのギタープレイは力強くもありメロウでもある。

試行錯誤してる時間が楽しかったりしますよね。

JESSE うん。だから初心者のときがいちばん楽しいんじゃないですかね。今はどんなクルマ買おうか悩んでるところです。…スープラ買おうかな!(笑)

…ZAXはゴールド免許なんですけど、ペーパードライバーです。


ZAXのドラムに耳を集中させると テクニカルさに驚く。

ZAXさんは乗られないんですか?

ZAX フェラーリばっかですね。

メンバー (爆笑)

T$UYO$HI それ『グランツーリスモ』の話じゃない(笑)

T$UYO$HIさんはどうですか?

T$UYO$HI 俺は普通にファミリーカーだね、もう。ノアとか乗ってたり。

JESSE 子供2人なんでね。


ベースのT$UYO$HI。バントを支えるメロディックな音に耳をすませたい。

T$UYO$HI 昔は旧車がかっこよくて、デボネアっていうクルマに乗ってました。自分と同い年生まれのやつに乗ってたんだけど、俺クルマに全然詳しくなくて自分でいじれないんだけど、やっぱり頻繁に壊れて。

最終的にはバックしなくなって…ラーメン食べに行って路肩に停めて「もう少し寄せようかな」と思ってギア後ろ入れたら、前に動いたから「えっ、絶対これは行き止まりに行ったらアウトだ!」って思って。帰りは、Uターン、Uターン、Uターンで帰りました(笑)

※三菱 デボネア:三菱が1964年から1999年まで製造していた高級乗用車。1974年生まれのT$UYO$HIさんと”同い年”となるのは初代デボネア後期型。1973年に大幅なマイナーチェンジを行っている。

初代 三菱 デボネア

三菱自動車広報画像

NAKA そういう番組あったよね(笑)

T$UYO$HI いやーもうあればヤバかったね!かっこよかったけど、やっぱり自分で修理できないから手放しちゃった。


ギターのNAKA。音も演奏する姿も美しい。

ZAX NAKAのクルマかわええで。

NAKA 俺乗ってたっけ?

メンバー (笑)

ZAX お前車しか乗らへんやんか!(笑)

NAKA 俺全然クルマ詳しくないんだけど、今は軽自動車乗ってます。その前はボルボに乗ってたのですっごい差があるんだけど。最近この歳になって、スポーツカーって乗ってみたいなって思うようになって。

T$UYO$HI 言ってたよね

NAKA ただ高いじゃん!?誰かくれないかなー!(笑)

JESSE スープラ!

NAKA スープラだな!お金半分出すんで!

メンバー (爆笑)


「MONSTER ENERGY presents D1GP ALL STAR SHOOT-OUT」で初披露されたD1斎藤太吾選手のGRスープラ。

NAKA でもやっぱり、男女関係なしに好きなものを自分で弄れる人はカッコいいなって思いますね。

僕もオタク気質なんでゲームも好きで、『グランツーリスモ』はメンバーで僕が最初に始めたんですけど、ちょっと本格的すぎてついていけなかったんです。

でもそういう、好きなことやってる人ってどのジャンルでもいいなって思うから、…(スポーツカー)くれる人待ってます(笑)

メンバー (笑)

記事に書いておきますね(笑)今回参加してみて感じたD1やクルマの魅力はありますか?

JESSE 僕たち車に乗って登場したんですけど。ドライバーは1人だけど、待機中ずっと、タイヤを直す人、エンジンを直す人…って色んな人がギリギリまでチューンしてて、「あっ俺らと似てるな」と。

僕たち演者は4人だけでやっていないんで。PAさんがいたりTECの人がいたり、色んな人がいてやっと僕たちが「Go!」っていけるんで。裏側で「準備OK?」「いける?」「ライト付けた?」ってやっているのを見て、なんか僕らとさほど変わらないなと思ったし、そういうところを見れて嬉しかったです。

T$UYO$HI 魅力はやっぱりスピード感とスリルなんじゃないの?バンドと一緒で、コンサートじゃないというか。ハプニングも起きるかもしれないけど、人はやっぱり興奮するものが見たいんだなというのは一緒だと思う。

JESSE 今日も俺らがライブする頭だけ雨降ったしね(笑)でもライブMCで言ったように「最高の天気だと思えば最高の天気」だから。


2日目は天気に恵まれた。

最後にみなさんそれぞれが一番気に入っているThe BONEZの楽曲を教えてください。

JESSE 僕は「Louder」って曲が好きですね。
※アルバム『To a person that may save someone』収録曲

ZAX 俺は「Bird」かな。
※アルバム『WOKE』収録曲

T$UYO$HI 俺は今回のD1のテーマソングにもなってる「SUNTOWN」かな。
※アルバム『WOKE』収録曲

NAKA 俺はバラードの「Waking up」かな
※アルバム『To a person that may save someone』収録曲

JESSE ちゃんといい感じでわかれたね今!

NAKA ただ”今はね”っていう!時期によって自分たちの好みも違うし。車乗ってても、風景によってThe BONEZの色んな曲が当てはまるんだよね。

JESSE そう、車乗りながら聴くのにThe BONEZ、ピッタリです。

僕たちがロサンゼルスに2年半前に行った時に、レッドロックっていう山の中に入っていって、そこからの帰りに全アルバムを聴きながら帰ってきたんですけど。あの時は気持ちよかったね~何もない荒野を走ってるときもあったし、ビルが立ち並ぶ街の中も走ったし。だからぜひ、車に乗りながら聴いてほしいですね。

※レッドロック:ロサンゼルスからおよそ193km北に位置する、レッドロック・キャニオン州立公園のこと。砂漠の崖、切り立った丘や岩肌に囲まれた10,926ヘクタールの自然公園。


ライブの最後に深々と頭を下げたThe BONEZの全メンバー。感謝の心を忘れない。JESSEは楽曲の途中、最後列にいる父親に抱っこされた小さな子供に向かって「ちゃんと見えてるからな!」と叫んでいた。


後編では、The BONEZメンバーのクルマへの思いや、お気に入りの楽曲について語っていただきました。モンスターエナジーファミリーに加入して今後ますます活躍の場を広げていくThe BONEZ。4人だからこそできる、最高の音楽を求める夢はまだまだ終わりません!

インタビュアー:上田 貴大(Rosazzurro)
撮影:宇野 智(Rosazzurro)
編集:池田 貴美(Rosazzurro)


「Monster Energy presents D1GP All Star Shoot-out」のコース中心部にずっと鎮座していたMonster仕様のカラーリングを纏ったシボレー・シルバラード。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪