初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

マツダの「i-ACTIV AWD」とは?2019年登場の新型車よりバージョンアップ!

走行性能や燃費性能において、2WDと4WDのいいとこ取りを実現した、マツダが誇る新世代の4輪駆動システム「 i-ACTIV AWD」を解説します。新型マツダ3から採用される最新の「 i-ACTIV AWD」についても!

マツダの四輪駆動制御システム「i-ACTIVE AWD」が進化した!

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)

マツダ雪上取材会で試乗した新型MAZDA3の開発車

2019年3月初頭、北海道の「マツダ剣淵試験場」にて、国内発売を控えた新型MAZDA3の雪上取材会がプレス向けに開催されました。

MAZDA3はアクセラの海外仕様車の名称。2018年にLAオートショーでフルモデルチェンジした新型が発表され、国内では2019年の東京オートサロンでお披露目されました。
これまでは内外装のデザインと、北米仕様のエンジンラインナップ、新開発エンジン「SKYACTIV-X」が採用ということまでは発表されていましたが、この雪上取材会にてさらに詳細な搭載技術の内容が明らかに。

新型MAZDA3の国内での名称については現時点では検討中とのことでしたが、Rosazzurroでは「MAZDA3」になるのでは、と予想しています。

この記事ではMAZDA3にも搭載される技術「i-ACTIVE AWD」について、そのメリットから進化まで解説します。

i-ACTIV AWDとは?

「i-ACTIV AWD」はマツダが開発した電子制御4WDシステムです。タイヤの動きや路面状況などを常に監視し、必要に応じて前後輪の駆動を100:0の2WD状態から50:50の直結4WD状態まで変化させることが可能となっています。

ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させる「G-ベクタリングコントロール」との連携によりマツダの追求する「人馬一体」を実現しています。

他のAWDとは一線を画す走行性能

通常走行時は2WDのため燃費が良い

4輪を駆動させる必要がない時は2WDで走行するため、エンジンへの負荷が少なく、フルタイム4WD車に比べて燃費性能で優れています。

フルタイム4WDに迫る高い走行性能

各種センサー類からの情報を元に1秒間に約200回演算を行ない、車の次の挙動を予測。
その予測を元に前後のトルク配分を行なっているので、一般的な滑り出してから作動するオンデマンド4WDに対し高いアドバンテージを持っています。

4輪全てに余裕をもたせるトルク配分が可能

前後輪に最適なトルク配分を行なうことで、滑りやすい路面での走行性能だけでなくドライ路面での加速、減速、コーナリングの場面においても常にタイヤのグリップ力に余裕を持たせた走行が可能です。

マツダ3から搭載される新世代のi-ACTIV AWD

新世代のi-ACTIV AWDでは、これまでさまざまな系統に分岐していた制御系統の見直しと統合が行われ、いままで以上に高い操縦安定性を獲得。限界域付近であっても高いコントロール性を発揮します。
またエンジンの出力を取り出すPTO(パワー・テイク・オフ)と呼ばれる部分にラバーダンパーを採用。後輪駆動ユニットへのトルクの変動を抑え、燃費性能の向上を実現しました。

マツダ雪上取材会で新旧「i-ACTIV AWD」を徹底比較

2019年3月初頭に開催された、マツダ雪上取材会のコンテンツの1つ「i-ACTIV AWDの進化」では、マツダのコンパクトSUV、CX-3 の欧州仕様の開発車を用いて実体験。

マツダ雪上取材会(2019) CX-3 欧州仕様の開発車

欧州仕様なので左ハンドル。日本ではレア。

画像では見づらいですが、ハンドル右側のリアワイパースイッチ(左ハンドル車なのでワイパースイッチとウインカーレバーは逆)に、新i-ACTIVE AWD と、旧i-ACTIVE AWD の切り替えスイッチを取り付け、赤色と青色のシールが貼られて区別できるようになっていました。

旧i-ACTIVE AWDで走行中はずっとリアワイパーが動いてしまうのはご愛嬌ですが、車外からどちらのモードで走行中なのかの目印の役割にもなっていました。

進化したi-ACTIVE AWDの違いはすぐに体感できました。日常の車の運転でよくありがちな、高めのスピードでコーナーに侵入、対向車が現れて強めのブレーキでリアが流れて不安定なる、そういった場面でも安全に車を立て直してくれます。

「滑っても滑り過ぎず、立て直しも早くて楽」、そんな印象を持ちました。

テストした開発車は、バージョンアップした「G-Vectoring Control(G-ベクタリングコントロール)」が備わっていませんでしたが、別の取材コンテンツにて進化したG-ベクタリングコントロールの新旧比較を体験しました。この取材については下記の記事をご覧ください。

マツダ「i-ACTIVE AWD」搭載車種

2019年3月現在、i-ACTIV AWDは、軽自動車と商用車、ロードスター/RFを除く全ての車種(一部グレードを除く)に搭載されています。尚、すべて次世代ではない現行バージョンのi-ACTIVE AWDの仕様となっています。

CX-5

マツダを代表するSUVモデルであるCX-5。4WDのグレード全車種にi-ACTIV AWDを採用しています。

デミオ

マツダのエントリーモデルといえるコンパクトカー。4WD車は全車i-ACTIV AWDを採用しています。

アテンザ

マツダが誇るフラッグシップセダンディーゼルエンジンモデルの4WD車にi-ACTIV AWDを搭載。トルクフルなディーゼルエンジンとの組み合わせが高い評価を受けています。

i-ACTIV AWD搭載の新型車情報

CX-30

2019年3月5日、ジュネーブモーターショーにて世界初公開されたCX-30(シーエックス サーティ)。進化した「G ベクタリングコントロールプラス」との組み合わせで登場する予定です。
発売に関して具体的なアナウンスはなされていませんが、2019年10月の東京モーターショーで国内モデルが発表、発売日は年内になると予想します。

マツダ3

2019年2月に欧州モデルが発表された新型MAZDA3。上の画像は東京オートサロン2019で出展された北米仕様車。MAZDA3はアクセラの後継モデルになるという予想が有力です。

新型MAZDA3には、制御に進化を加えた最新のi-ACTIV AWDが採用されているほか、バージョンアップした「G-ベクタリングコントロールプラス」も搭載。より高い走行性能を誇ります。

新型MAZDA3の国内発売発表は、早くて4月、遅れると6月と編集部は予想しています。なお、この発表ではFFモデルのみ、i-ACTIVE AWDを搭載したモデルは遅れて登場となるようです。新型MAZDA3について詳しくは次の記事をご覧ください。

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)

次期アクセラとされる新型MAZDA3北米仕様の開発車

MAZDA3の公式HPは

文:上田 貴大(Rosazzurro)
取材・撮影:宇野 智(Rosazzurro)

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す