初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP11!【2019年最新版】

多くのメーカーから販売されており、年々進化を続けているチャイルドシートの最新人気ランキングを作成しました。種類や選び方、関連する道路交通法の規則などについても解説します。

チャイルドシートとは?設置は義務!違反や反則金は?

「チャイルドシート」とは、車の座席に固定して使用する、子供用の乗車補助装置です。チャイルドシートはシートベルトの代わりとして機能し、乗車中に子供が座席外に投げ出されることを防ぎます。

道路交通法では、チャイルドシートは「幼児用補助装置」と呼ばれています。平成12年(2000年)の4月1日、道路交通法により、6歳未満の乳幼児が乗車する際に幼児用補助装置を使用することが義務化されました。

チャイルドシートなしで0〜6歳未満の子供を車に乗せた場合、「幼児用補助装置使用義務違反」となります。幼児用補助装置使用義務違反に対する罰則は違反点数1点、反則金はありません。

なお、チャイルドシートには、12歳ごろまでの児童の使用に対応する製品もあります。法律上の義務はないとはいえ、6歳以上の子供を乗車させる際もチャイルドシートを使用したほうが安全。チャイルドシートを使用しない場合、事故発生時の子供の死亡重症率が2倍以上高くなるとのデータもあります。

12歳までのお子さんをもつドライバーであれば、子供に合うチャイルドシートを愛車に備えておきたいところ。次節からは、チャイルドシートの選び方や、人気のチャイルドシートを見ていくことにしましょう。

チャイルドシートの法律に関してこちらの記事もご覧ください

チャイルドシートの選び方は?年齢ごとに区分が存在!

チャイルドシートは、子供の年齢や体格に合ったものを選ぶことが肝要です。体に合わないチャイルドシートを使用していると、事故の際に子供がシートから投げ出されたり、チャイルドシート自体が破損したりする可能性があります。

乳児用

新生児から1歳ごろの子供が使用するチャイルドシートで、「ベビーシート」とも呼ばれます。幼児用チャイルドシートにはシートタイプとベッドタイプがあり、前者は進行方向に対して後ろ向きに、後者は横向きに使用します。乳児用チャイルドシートが対応できる体重は、おおよそ10kg程度までです。

幼児用

1〜4歳の子供が使用するチャイルドシート。乳児用とは異なり、車の進行方向に向けて使用します。幼児用チャイルドシートが対応する体重は、9〜18kg程度。首が据わり、自分で座れるようになった時期が、幼児用を使いはじめるタイミングとして適当です。

学童用

3〜12歳の子供が使用するチャイルドシートで、「ジュニアシート」とも呼ばれます。学童用のチャイルドシートは、大人用に設計されたシートベルトの位置を子供に合わせるために使用するものです。

学童用のチャイルドシートには、背もたれがついたものと、座面のみで背もたれのない「ブースターシート」があります。ブースターシートは取り付けが簡単で安価。ただし、安全性は高くありません。常用する学童用チャイルドシートには、背もたれつきのものがおすすめです。

おすすめは兼用タイプ

上記のとおりチャイルドシートには3種類があり、子供の成長に合わせて買い替えると出費が大きくなります。そこでおすすめなのが、兼用タイプのチャイルドシートです。

兼用タイプには、乳児用と幼児用を兼用するタイプや、幼児用と学童用を兼用タイプ、新生児〜7歳ごろまで対応するロングユースタイプなどがあります。造りのしっかりした兼用タイプを購入すれば、チャイルドシートの買い替えによる出費を抑えることが可能です。

なお、チャイルドシートは、商品ごとに適合車種が異なります。気になるチャイルドシートが見つかったら、販売サイトや公式サイトなどで愛車への適合を確認してください。

チャイルドシートおすすめ人気ランキングTOP11

このおすすめ人気ランキングは、2019年5月時点のAmazonのチャイルドシート売れ筋ランキングを元に作成しています。

【第1位】ジョイー チャイルドシート

ジョイー Joie チャイルドシート 04 チルト ブラウン

参考価格: ¥ 12,800
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「ジョイー チャイルドシート」は、ママにも扱いやすい軽量コンパクト設計で、軽自動車やコンパクトカーにジャストサイズ。新生児から4歳児まで子供の成長に合わせて使用可能なだけでなく、欧州安全基準の適合と側面衝突の英国TRL試験にも合格した、安全性が人気の商品です。

【第2位】コンビ チャイルドシート

コンビ チャイルドシート ウィゴー ロング ムーバーサイドプロテクション エッグショック IJ ブラック 新生児~7才頃まで対象

参考価格: ¥ 34,560
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

チャイルドシート着用義務期間もこれ一台でカバー可能な「コンビ チャイルドシート」は、新生児の頭を守るエッグクッションや成長に合わせて、調節できる24段調節可能のぱぱぴたヘッドレストを備え、側面衝突にも配慮した安全機能が充実した商品です。

【第3位】ジョイー チルト キャノピー付

ジョイー Joie チルト キャノピー付 ギンガムチェック レッド 38822

参考価格: ¥ 11,852
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

大きなキャノピー(日除け)が付いて真夏の暑い日差しから赤ちゃんを守ります。「ジョイー チルト」は、軽量コンパクトタイプで新生児から4歳児まで利用可能な4段リクライニング機能付き。発色の良いカラーとチェック柄デザインが斬新です。

【第4位】コンビ ホワイトレーベル チャイルドシート

コンビ ホワイトレーベル チャイルドシート クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600 ブラウン 新生児~4才頃対象

参考価格: ¥ 64,800
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「コンビ ホワイトレーベル チャイルドシート」は、超・衝撃吸収素材の「エッグショック」を搭載し、赤ちゃんの頭部をしっかり守ります。また、瞬時に汗を吸い取る「1秒タオル」を備え、赤ちゃんの肌を清潔に保ちます。

【第5位】リーマン カイナS

リーマン カイナS 新生児-7歳頃 (ネイビー)

参考価格: ¥ 12,800
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「リーマン カイナS」は、1歳から4歳までのチャイルドシートと3歳から7歳までのジュニアシートとしてお子様の成長に合わせて使用できるので、買い換えの必要がなく長く使用できる商品。 国土交通省・自動車事故対策機構のチャイルドシートアセスメントで、最高評価を獲得した安全性にも優れたチャイルドシートです。

【第6位】アップリカ 回転式チャイルドシート

Aprica (アップリカ) 回転式チャイルドシート ディアターン プラス プレミアム レッドグレー RD ベッド&イス型 【フレックスシェード+やわらかクッション搭載】 2044505

参考価格: ¥ 39,800
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「アップリカ 回転式チャイルドシート」は、新生児のフルフラット型から幼児クラスの後ろ向き型、4歳までは前向きシート型として成長に合わせてシートアレンジが可能。上級グレード採用の柔らかクッションを使用し、未成熟な頭や背中を振動から最大限に守ります。

【第7位】アップリカ エアライド

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 3歳頃から エアライド AB アイリスネイビー NV 2049066

参考価格: ¥ 10,990
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「アップリカ エアライド」は、3歳から11歳くらいまでの長い期間利用可能なチャイルドシート。頭・肩・腰に対する3Dサポートクッションを搭載し、大切な子どもの身体を守ります。通気性の高いメッシュシートが採用されたことで、ロングドライブもお尻や背中が蒸れることなく快適です。

【第8位】コンビ ジョイトリップ

コンビ チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック S GG トリノブラック 1才頃~11才頃対象

参考価格: ¥ 19,500
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

コンビの「ジョイトリップ エッグショック S GG」は、約1歳から11歳程度まで長く使用でき、長い目で見れば経済的にもお得なチャイルドシート。搭載のエッグショックで赤ちゃんの未熟な頭を守り、通気性抜群の快適エアーゲートや、点で支える座面クッション採用の、快適な座り心地が高い商品です。

【第9位】コンビ ホワイトレーベル

コンビ ホワイトレーベル チャイルドシート クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-650 ブラウン 新生児~4才頃対象

参考価格: ¥ 52,800
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「コンビ ホワイトレーベル チャイルドシートJJ-650」は、0歳の新生児から4歳の幼児まで使用できます。新生児の頭や背骨を振動から守るエッグショックは面積が広くなると同時に頭部パッドが20mmを厚くし、より一層安全性が考えられた商品。丸洗い可能なシートが汗かきな赤ちゃんにも安心です。

【第10位】アップリカ エアグルーヴ AC

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 1歳頃から エアグルーヴ AC クールグリスGR 2038906

参考価格: ¥ 19,440
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「アップリカ エアグルーヴ AC」は、子どもの体重に合わせて9kgから36kgの3段階のモード変更が可能なチャイルドシート。ACモデルはシートカバーを簡単に取り外し、洗濯機で丸洗いできるのでいつも清潔なシートを維持できます。

【第11位】アップリカ ディアターンプラス

アップリカ ISOFIX固定 ディアターンプラスISO デニムブラック BK 2079530 0か月~ (1年保証)

参考価格: ¥ 38,999
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

「アップリカ」のメーカーが開発したディアターンプラス機能(回転機能)が搭載された「アップリカ ディアターンプラス」は、お子様の成長に合わせて後ろ向き・前向き・平らなベッド型に変更可能なチャイルドシート。ISOFIX搭載で座席に簡単装着できます。

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部|おすすめカー用品チームこの執筆者の詳細プロフィール

今、おすすめのカー用品、注目のカー用品にスポットライトを当てて特集した記事の制作を担当しています!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪