初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

SUVおすすめ人気車種タイプ別13選【2019年最新版】

スポーツSUVおすすめTOP3

ランドローバー レンジローバー スポーツ SVR

「レンジローバー スポーツ SVR」は、SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)が手がけるカスタムモデル。レンジローバー スポーツをベースに、専用シャシーや専用サスペンションの搭載、エンジンチューニングなどのカスタマイズが施されています。

レンジローバー スポーツ SVRの関連記事はこちら

ポルシェ マカンGTS

ポルシェ マカン(画像はマカンS)

「マカンGTS」は、ポルシェ マカンのスポーツ性を高めたグレードです。専用チューニングのV6 3Lエンジンや、「RSスパイダーデザイン」の20インチホイールなどを装備。加えて車高をノーマルより15mm低く設定し、オンロード走行性能を高めています。

ポルシェ マカンの関連記事はこちら

アルファロメオ ステルヴィオ クアドリフォリオ

「ステルヴィオ クアドリフォリオ」は、アルファロメオ ステルヴィオのハイパフォーマンスバージョンです。最高出力375kW[510PS]のV6 2.9Lツインターボエンジンを搭載し、最高速度0-100km加速3.8秒、最高速度283km/hを実現。ワインディングでは、「50:50」の前後重量配分を活かしたスポーツカーライクなハンドリングを楽しめます。

アルファロメオ ステルヴィオの関連記事はこちら

本格オフロード・SUVクロカンおすすめTOP3

スズキ ジムニー

「スズキ ジムニー」は、本格的なオフロード走行が可能な軽SUVです。現行型である4代目ジムニーの魅力は、ボクシーなエクステリアと、先代よりも向上した走行性能。オフロード走行では、剛性の高いラダーフレームと新採用のステアリングダンパーを活かした、ワイルドなドライビングを楽しめます。

スズキ ジムニーの関連記事はこちら

ジープ ラングラー

「ラングラー」は、1987年に初代モデルが登場した本格オフローダーです。現行型である4代目ラングラーは、先代までのエクステリアイメージを引き継ぎつつ中身を刷新したモデル。軽量素材の採用により車重を軽くしたほか、ダウンサイジングターボエンジンや8速ATを新たに採用しています。

ジープ ラングラーの関連記事はこちら

メルセデス・ベンツ Gクラス

「Gクラス」は、メルセデス・ベンツの本格オフロードSUV。現行型Gクラスは、先代から刷新されたラダーフレームや現代的なインフォテイメントシステム、12.3インチの液晶パネルなどを備えます。一方、先代モデルがもつ無骨なイメージや、トップクラスの悪路走破性能は現行モデルでも健在です。

メルセデス・ベンツ Gクラスの関連記事はこちら

高級コンパクトSUVおすすめTOP3

ボルボ XC40

「ボルボ XC40」は、都会的でカジュアルなイメージをもつコンパクトSUV。上質な内外装や洗練された乗り心地、先進の安全性を備えています。安全・運転支援装備には、上級モデルとほぼ同等の「インテリセーフ」を標準装備。テクノロジー面では「レベル2」相当の自動運転に対応しています。

ボルボ XC40の関連記事はこちら

BMW X2

「BMW X2」は、クーペ風スタイルのコンパクトSUV。従来のXシリーズとは一線を画すエクステリアと低い車高、見た目から想像する以上に広い室内をもつモデルです。主なグレードは標準仕様、ハイパフォーマンス仕様の「M35i」、オフロード色の強い「MスポーツX」の3種類。

BMW X2の関連記事はこちら

レクサス UX

「レクサス UX」は、都会の景色に似合うコンパクトSUVです。トヨタ C-HRと共通するプラットフォーム「GA-C」を採用し、パワートレーンラインナップは直4 2Lエンジンとハイブリッド(直4 2Lエンジン+モーター)。ガソリンモデルのトランスミッションには、新開発の「ダイレクトCVT」を採用しています。

レクサス UXの関連記事はこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!