初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

映えるレース写真展|JRPA主催の『COMPETITION』は東京・名古屋・大阪で開催

JRPA(日本レース写真家協会)が年に一度だけ開催する報道写真展「COMPETITION」の東京会場のレポートと名古屋と大阪開催のご案内。どの会場も入場無料。

「JRPA」とは?選ばれしフォトグラファーの団体。

JRPA写真展「COMPETITION」東京会場

JRPA写真展「COMPETITION」東京会場

JRPA(Japan Racing Photographers Association)は「日本レース写真家協会」の略称で、”ジャルパ”と呼ばれています。

JRPAは、新聞や雑誌、WEBなどでの報道を目的を主体に、FIA、FIM、JAF、MFJなどの国内外の公認モータースポーツイベントを撮影する、モータースポーツフォトグラファーの団体。このカテゴリでは日本で唯一の組織。
写真家の団体への加盟条件はとても厳しく、長年に渡って豊富な経験と実績をもつフォトグラファーしか加入できない。現在、会員は61名、特別会員15名で構成される。

そんな選ばれしフォトグラファーが2018年に撮影した珠玉の1枚が、年に一度、写真展が開催され公開されます。

FIA:国際自動車連盟。世界各国の自動車団体により構成される非営利の国際機関。主なレースにF1、WRCなどがある。本部はパリ。
FIM:国際モーターサイクリズム連盟。二輪モータースポーツを国際的に統括を行う。主なレースにMotoGP、モトクロス世界選手権などがある。本部はスイス・ミース。
JAF:一般社団法人日本自動車連盟。レッカー車でおなじみ。国内の主要なレース、ラリーの統括からライセンスの発行などを行う。
MFJ:一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会。二輪、スノーモービルなどのモーターサイクルスポーツを統括。二輪レーサーのライセンスの発行も。

JRPA写真展『CONPETITION』

選ばれし写真家は、この展覧会のための写真を自ら選んで協会へ出すとのこと

写真展『CONPETITION』東京会場をレポート

JRPA写真展『CONPETITION』の東京会場は、2019年2月21日から27日に東京は銀座のキャノンギャラリーで開催されました。

2月22日(日)に行われたトークショーでは、駆けつけたフォトグラファーが撮影秘話を披露。観覧者の自由な質問にフォトグラファーが答えるコーナーも。印象的だったのは、国際的なラリーを主に撮影する高橋学氏の「撮影で大変だったのは『野犬と赤アリ』」というお話。白いボディのレンズにアリが群がってきて、真っ赤になってしまったとのこと。アジアのラリーの撮影は命がけのようです。

レプソル・ホンダ RC213V

会場入り口に展示されたレプソル・ホンダのRC213V。2018年のMotoGPチャンピオン。

マルク・マルケスのヘルメット

幾度もMotoGPチャンピオンに輝いたマルク・マルケスのヘルメット

開催案内・アクセス

東京

開催日:2019年2月21日(木)~2月27日(水)
会場:キャノンギャラリー東京
アクセス:東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビル 1F(都営地下鉄東銀座駅A8、A7出口徒歩1分、東京メトロ・銀座駅A12出口徒歩2分)

名古屋

開催日:2019年3月7日(木)~3月13日(水)
会場:キャノンギャラリー名古屋
アクセス:名古屋市中区錦1-11-11 名古屋インターシティ 1F(地下鉄東山線、鶴舞線伏見駅10番出口すぐ)
入場無料。

大阪

開催日:2019年3月28日(木)~4月3日(水)
場所:キャノンギャラリー大阪
アクセス
:大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F(地下鉄四つ橋線肥後橋駅、京阪中之島線渡辺橋駅直結。御堂筋線淀屋橋駅徒歩5分、JRE東西線北新地駅徒歩8分)

レース・フォトグラファーの渾身の1枚1枚が壁面に並ぶだけでも圧巻。競い合う車、和むレーサー、息を飲む夜景や夕景などなど、レース写真の幅の広さにも驚かされます。

ぜひ、お近くの方は”映える”レース写真をご覧になられてみては。

興味がない方も新しい世界が見えるかもしれません。

JRPA公式サイトは

取材・撮影・文:宇野 智(Rosazzurro)

この記事の執筆者

宇野 智(Rosazzurro)この執筆者の詳細プロフィール

車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア「Rosazzurro」編集長。自ら取材、試乗、撮影、執筆した記事をUPしています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す