初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【日本カーオブザイヤー2018-2019】10ベストカーが選出!最終選考は12月7日

2018年12月7日、第39回(2018-2019)日本カーオブザイヤーが遂に決定します!今年度の10ベストカーにはどの車がノミネートされているのでしょうか?本記事はカーオブザイヤーの選考方法や10ベストカーの特徴、最新情報まで、2018年度日本カーオブザイヤーを徹底解説しています。

日本カーオブザイヤー2018-2019の10ベストカーが決定!

2017-2018 日本カーオブザイヤーの選考会場

日本カーオブザイヤー2017−2018

© Rosazzurro

2018年11月7日、日本カーオブザイヤー2018-2019の10ベストカーが選出されました。「イヤーカー」を決める最終選考は、12月7日に都内 国際交流館にて行われます。
今年は27台がノミネート。10ベストカーに選ばれた車はどれも、メーカー珠玉のモデルばかりです。

どのようなモデルが選出されたのか、特徴などとともに以降で紹介していきます。

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは?

日本カーオブザイヤーとは、国内で販売される市販車のなかから、その年に最も優秀だとされる車に贈られる自動車賞で、1980年から続く世界からも注目される日本を代表する車の賞典です。

選考対象となるのは、前年の11月1日から当年の10月31日に国内発表された市販車で、自動車評論家を始めとする選考委員60名により決定されます。

選考方法は、ノミネートされた車のなかから、まず「10ベストカー」とされる上位10モデルを選出。10ベストカーのなかから直前の試乗会も含め、選考委員が投じる得点の最も多い車に「日本カーオブザイヤー」が贈られます。

また、日本カーオブザイヤー以外にも、輸入車でもっとも高得点のモデルには「インポートカーオブザイヤー(日本カーオブザイヤーが輸入車である場合は該当なしとなる)」が贈られ、特別賞が設定される年度もあります。

10ベストカー①:トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ

2018年6月、カローラハッチバック改め「カローラスポーツ」として誕生したスポーツハッチは、それまでのイメージを一新。超低重心・精悍なフォルムへと変貌を遂げ、若い世代からも好評を得ています。

トヨタ新世代プラットフォーム「TNGA」採用、クラウンとともに「コネクテッドカー」としての先陣を切るなど、次世代にも通用するモデルとして、販売も好調です。
デザイン・性能・販売実績などどれをとってもバランスがとれたモデルと言えるでしょう。

トヨタ カローラスポーツの最新情報はこちらから

10ベストカー②:トヨタ クラウン

トヨタ クラウン 2018年モデル

1955年の販売以来、日本を代表するセダンと言えばクラウン。
そのクラウンは2018年6月、15代目となるフルモデルチェンジを実施しました。

「CROWN BEYOND」をキャッチフレーズに、セダン離れを食い止めるべくデザイン・ラインナップを刷新。FRレイアウトは継承しつつ、安全装備・コネクティビティ機能は高性能とするなど、高級車クラウンにふさわしい仕上がりとし、販売も好調です。

トヨタ クラウンの最新情報はこちらから

10ベストカー③:ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティ PHEV

2030年までにモデルの3分の2を電動化することを発表したホンダにとって、次世代の戦略車として位置付けされるのが「クラリティ」です。
そのクラリティからは、2016年官公庁向けに「FCV(燃料電池車)」となる「クラリティ フューエル セル」が納入され、2018年9月には市販車「クラリティPHEV」が販売されました。

大人5人がゆったり座れるセダンタイプで、内・外装とも近未来をイメージする仕上がりとしたクラリティPHEVは、17kWh容量バッテリーにより航続距離114.6kmを実現しています。

ホンダ クラリティ PHEVの最新情報はこちらから

10ベストカー④:マツダ CX-8

マツダ CX-8 2017年モデル

CX-8は、マツダのSUV「CXシリーズ」において、フラッグシップモデルとなり、2017年にデビューした「ゆとりの3列シート」を持つ「6・7人乗りクロスオーバーSUV」です。
「スカイアクティブ テクノロジー」と、デザインテーマ「魂動(こどう)」によるミニバンとは一線を画した美しいフォルムが特徴で、2018年10月にはモデルチェンジが実施されています。

マツダ CX-8は2018年11月、一足先に「日本自動車殿堂カーオブザイヤー」にも輝いています。

マツダ CX-8の最新情報はこちらから

10ベストカー⑤:三菱 エクリプスクロス

三菱 エクリプスクロス

三菱 エクリプスクロスは、2017年「ジュネーブモーターショー」でワールドプレミアが実施され、日本での発売は同年12月と、比較的新しいモデルです。

三菱のSUVはどちらかというと、無骨なフォルムで知られますが、そのなかにあって、エクリプスクロスはクーペを彷彿とさせる「流麗なフォルム」が特徴的で、サイズもコンパクトであるため、街乗りでも本格的に走るにも取り回ししやすい仕上がりとしています。

2018年度にはグッドデザイン賞にも輝き、欧州・米国・豪州・中国と、世界各地域で展開される三菱のグローバルモデルとなっています。

三菱 エクリプスクロスの最新情報はこちらから

10ベストカー⑥:アルファロメオ ステルヴィオ

アルファロメオ ステルヴィオ

アルファロメオ ステルヴィオは、2018年7月、国内限定400台となる「ファーストエディション」が発売。同年10月、通常ラインナップとなる「2.0L ターボ 3モデル」が発売されたばかりです。

ステルヴィオは、2016年ニュル北コースにて「市販乗用4ドアセダン最速」を記録した「ジュリア」のDNAを継承する「プレミアムSUV」で、優れた操縦安定性と瞬発力を兼ね備えます。

流麗なSUVクーペ、上質でラグジュアリーなインテリアデザインなど、デザイン性も高く、イタリア車らしい仕上がりとなっているモデルです。

アルファロメオ ステルヴィオの最新情報はこちらから

10ベストカー⑦:BMW X2

BMW X2

BMWのSUV「Xシリーズ」において、コンパクトSUVクーペとなるのが2018年4月に日本デビューを果たした「X2」。活況に沸くコンパクトSUV市場に満を持して登場しました。

BMW X2は、SUVとしての地上高を保ちつつ、リアに向けての流麗なクーペスタイルは、BMWらしい洗練されたデザインとして仕上げられ、さらにオフロードでも侮れない走行性能の高さを誇っています。

新世代「BMWコネクテッド・ドライブ」や、高度な安全装備など、総合的にバランスの取れたモデルと言えるでしょう。

BMW X2の最新情報はこちらから

10ベストカー⑧:ボルボ XC40

ボルボ XC40

ボルボ初のコンパクトSUVとして2018年3月に日本デビューした「XC40」は、発売当初納車待ちとなるほど、人気を博したモデル。

堅実な印象を受けるモデルが多いボルボのなかにおいて、XC40の持つポップで遊び心が感じられるデザイン・フォルムは、若い世代や女性にも好評を得ました。

さらに、新世代プラットフォーム「CMA」採用、ボルボが誇る高度な安全装備、燃費性能の良さなど、どれをとっても死角はなく、一足先に「欧州カーオブザイヤー2018」にも輝いています。

ボルボ XC40の最新情報はこちらから

10ベストカー⑨:フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ

2018年3月、約8年ぶりにフルモデルチェンジが実施され、日本での発売が開始された「フォルクスワーゲン ポロ」。
先代より全長・全幅は大きく、逆に全高は低くし、低重心でスポーティなイメージへと変貌を遂げています。

また、インテリアデザインでも水平基調が採用され、主要操作モジュールを中央のクロスパネルに集約し、一元管理可能とするなど、シンプルかつ洗練されたデザインへと変更されています。

フォルクスワーゲン ポロの最新情報はこちらから

選出後辞退:スバル フォレスター

スバル フォレスター 2017年モデル

スバル フォレスターは「10ベストカー」に選出されるも、その後の選考を辞退しています。

スバル フォレスターの最新情報はこちらから

イヤーカーの最終選考は12月7日!

こうやって見てみると、今年もメーカー一押しの「肝いりモデル」や「人気モデル」がズラリと勢揃いした感のある「10ベストカー」。
栄えある「イヤーカー」の最終選考日は「12月7日」と、間近に迫ってきています。

選考結果についても随時更新していきますので、乞うご期待ください。

(Rosazzurro編集部 本田カミ)

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【投票】日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終10が車種が発表!イヤーカーにふわさしいと思う車は?

2018年11月7日、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーの第一次選考がおこなわれ、最終選考へと進む10台が発表されました。12...

  • スバル フォレスター
  • トヨタ カローラ スポート
  • トヨタ クラウン
  • ホンダ クラリティ PHEV
  • マツダ CX-8
  • 三菱 エクリプス クロス
  • アルファロメオ ステルヴィオ
  • BMW X2
  • ボルボ XC40
  • フォルクスワーゲン ポロ
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

2018年に登場した新型車についてはこちら

車選びに参考にしたいランキングはこちら

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!