初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

BMW新型8シリーズコンバーチブルが正式発表!豪華で優雅な内外装も公開

BMWは2018年11月、新型8シリーズ コンバーチブルの概要を正式発表し、ワールドプレミアを26日のロサンゼルスモーターショーにて行う旨が明らかに。BMW 新型8シリーズ コンバーチブルの驚愕のスペックや価格、発売日は?注目の先進技術についてもご紹介します。

【最新情報】BMW新型8シリーズコンバーチブルが正式発表

BMW新型8シリーズコンバーチブル

BMWは2018年11月1日、新型8シリーズコンバーチブルの概要を発表しました。

90年代、BMW 8シリーズの派生モデルとして開発中だった「コンバーチブル」は、惜しくも販売には至らず、当時「幻の派生モデル」として話題となりました。

BMW 新型8シリーズコンバーチブルは、遂に2018年11月26日、ロサンゼルスモーターショーにてワールドプレミアが予定されています。ロサンゼルスモーターショーについては以下記事をご覧ください。

BMW 8シリーズとは?

BMW新型8シリーズクーペ

BMW 8シリーズは、1990年に「6シリーズ」の後継車として、フランクフルトモーターショーにてデビュー。その後、1999年まで販売された美しいクーペモデルでした。
リトラクタブルヘッドライトとハードトップスタイルが特徴的で、ラインナップはクーペのみとなりました。

2018年4月、BMWは約19年ぶりとなる新型8シリーズのスペックを一部公開。
同年6月のル・マン24時間耐久レース会場にて、新型8シリーズクーペを世界初公開したのです。

2018年11月9日、BMWは「新型8シリーズクーペ」の販売開始を公式発表しています。

新型8シリーズクーペについてはこちら

BMWの最新情報はこちらから

新型8シリーズコンバーチブルのラグジュアリーな外装

BMW新型8シリーズコンバーチブル

15秒で自動開閉するソフトトップルーフ

BMW 新型8シリーズコンバーチブルのエクステリアは、フラッグシップに相応しくラグジュアリーでありつつ、「コンバーチブルクーペ」の持つスポーティさも感じさせるデザインです。

幾層にもなる形状のソフトトップ採用で静粛性を向上し、フル電動式15秒開閉を実現。フロントシート後方にはウィンドウディフレクターも装備可能で、快適な走行フィールが味わえます。

また、大型キドニーグリルと統一感のとれたヘッドランプで精悍さを演出し、ドア・ボンネットフードの各所には軽量化が施され、90年代版8シリーズからの進化を感じることができる仕上がりとなっています。

コンバーチブルについてはこちらから

BMWのアイコン「キドニーグリル」についてはこちらから

新型8シリーズコンバーチブルの未来的な内装

BMW新型8シリーズコンバーチブルの未来的なインテリア

BMW新型8シリーズコンバーチブルの優雅なリアシート

BMW新型8シリーズコンバーチブルのインテリアは、十分なサイズで上質・シックな4人乗りシートを採用。後席バックレストは分割可能で、トランクスペースを広げることもできます。

コックピットには新デザインとなる「フルデジタルコックピット」が採用され、「BMWオペレーティングシステム7.0」が搭載。このシステムはドライバーが車両を操作する際、コントローラー・タッチ操作・ジェスチャー・音声のいずれかで行えるシステムです。

また、欧州仕様では、キーレス・スマートフォン操作で、車のドアロックと解除が可能となる「デジタルキー」が採用となる予定。まさに未来を感じさせる最先端の装備です。

フルデジタルコックピットについてはこちらから

BMWコネクテッド・ドライブについてはこちらから

新型8シリーズコンバーチブルの驚異のパワートレインスペック

BMW新型8シリーズ搭載エンジン

BMW新型8シリーズコンバーチブルのラインナップには、「BMW M850i xDriveコンバーチブル」と「BMW 840d xDriveコンバーチブル」の2種類が用意される模様です。

「BMW M850i xDriveコンバーチブル」は、排気量4.4LにV型8気筒ツインターボ搭載で、最高出力390kW/530HP、最大トルク76.5kgmを達成するハイスペックモデルとなります。

一方、「BMW 840d xDriveコンバーチブル」は、排気量3.0Lに直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載し、最高出力は235kW/320HP、最大トルク70.0kgmを達成し、いずれも高性能を誇るモデルに仕上げられています。

速い車についてはこちらから

BMW新型8シリーズコンバーチブルの価格・発売日はどうなる?

BMW新型8シリーズコンバーチブル キドニーグリル

BMW新型8シリーズコンバーチブルの価格は今のところ未定ですが、日本販売がスタートする「8シリーズクーペ」が1,714万円となっていますから、コンバーチブルでも1,700万から2,000万円が妥当ではないかと思われます。

また、日本発売日は、ワールドプレミアおよび欧州販売を経てからとなりますから、概ね2019年から2020年になるのではないかと予想されます。

高級車についてはこちらから

新型8シリーズにはハイパフォーマンスモデルのM8クーペも登場!

BMW新型8シリーズM8クーペ

BMWは2018年11月9日、新型8シリーズのハイパフォーマンスモデル「M8クーペ」についても、生産を開始すると発表しています。

いよいよ新型8シリーズの全貌がより鮮明になりつつあります。
今後の「BMW新型8シリーズ」に期待しましょう。

M8クーペに関する情報はこちらから!

オープンカー人気ランキングはこちら

BMWや他メーカーの新型車情報はこちら

ロサンゼルスモーターショー2018についてはこちら

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!