初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

ワンボックスカーとミニバンの違いは?1BOXが絶滅危惧種になった理由とは

ワンボックスカーとミニバンの違いを説明します。ひとくくりにされてしまいがちなワンボックスカーとミニバンの違いを「ボックス」という単位から解説。ワンボックスカーの本当の定義や、ワンボックスカーが激減しミニバンが誕生した背景にも迫ります。

ワンボックスカーとは?

ミニバン イメージ

ワンボックスカーとは、「1BOXカー」。つまり、ひとつの大きな箱型の車ということです。体積の大きなワンボックスカーは積載量を重視した商用貨物車に多くみられる形状です。

車の「ボックス」とは?

車における「ボックス」とは、視覚と機能によってセクションわけされたスペースのことをいい表します。機能とは主に「エンジンルーム」「居住スペース(キャビン)」「荷室スペース(ラゲッジ)」の3つです。

このボックスの数によって、車のボディタイプがある程度決まってきます。

1BOXカーは「キャブオーバーの箱型バン」

ワンボックスカー イメージ

「1BOXカー」はエンジンとキャビンとラゲッジスペースを、ひとつの箱型にまとめた車です。車内容積を最大限に確保することができるため、商用貨物車(バン)として利用されます。

現在でこそ広義的に使われる言葉ですが、もともとは座席下にエンジンを搭載した、『完全箱型の「キャブオーバー車」』を「1BOXカー」と定義していました。

2BOXカーは「ステーションワゴン」など

ステーションワゴン イメージ

「ツーボックスカー」つまり「2BOXカー」はキャビンとラゲッジスペースをひとつの箱にまとめ、エンジンルームとを分離した形状。そうすることで、搭載できるエンジンの自由度を増しながら、広い室内空間を確保できます。運動性能と室内空間を両立した「ステーションワゴン」が「2BOXカー」にあたります。

3BOXカーは「セダン」

セダン イメージ

エンジンルームとキャビンとラゲッジスペースが分離された「3BOXカー」は「セダン」にあたります。
それぞれのボックスあたりのスペースは小さくなりますが、3つ箱のもつ辺が柱として機能するため、車体剛性を高めやすく、運動性能と乗り心地が確保しやすいのが特徴です。

また、前後衝突の際には、エンジンルームとラゲッジ(トランク)ルームがクッションとして働くため、安全性が高いこともセダンの特徴です。

ワンボックスカーとミニバンとの違いは?

ミニバン イメージ

前述の通り、最近登場しているミニバンの特徴は、ワンボックスカーに小さなエンジンルームがついた形状。「ボックス」で数えると「2BOXカー」になりますが、車全体をみれば「ワンボックスカー」の特徴があるため、その線引きが非常に曖昧です。

商用貨物バンとして理想的なワンボックス形状は、サスペンションの位置関係や重心などの問題から乗り心地が悪くなる場合が多く形状をあらためる必要がありました。そこで現在のミニバンのようなかたちが考案され、実用されるようになったのです。

ミニバンは「1.5ボックスカー」と呼ばれることも

ミニバンは、大人数が快適に移動できるように商用貨物バンから派生したコンフォートカー。

小さくともエンジンルームを設け隔てることで、車内に入り込むエンジン音を低減し、正面衝突時の安全性を確保した、安全で快適なワンボックスカーが現在のミニバンです。

とくに形状が改められた初期のころは「1BOX」と「2BOX」のあいだをとって「1.5BOXカー」とも呼ばれていました。

衝突安全の問題でキャブオーバー1BOXカーは現在絶滅危惧種に

前述の通り、キャブオーバーの1BOXカーは荷室を広く取れるという長所こそあれど、ボンネットがないためにかつては衝突安全性に劣っていました。

さらに、1993年1月に改定された道路運送車両の保安基準により、1994年4月以降の新型車から「フルラップ前面衝突試験」をクリアすることが義務化。その試験をパスするために、以降の新型キャブオーバーの1BOXカーには小さなボンネットを「クラッシャブルゾーン(衝突時に潰れてクッションの役割を果たす部分)」として設けるようになったのです。

また1990年代以降には、衝突時の衝撃を吸収するボンネットを設けてエンジンをボンネット内に収納した「FF 1.5BOXカー」=「ミニバン」が登場し、主流となりました。

こうした背景により、「本来の1BOXカー(キャブオーバーの1BOXカー)」は現在、数が少なくなっているのです。

人気の普通車ワンボックスカー

「1.5BOX」形状が主流になり、厳密な意味での「ワンボックスカー」は現在ではほとんど存在しません。

その理由は、正面衝突時のクラッシャブルゾーンの確保をしなければならないためと、駆動方式がエンジン横置きの前輪駆動が主流になったためです。
それにより衝突安全性と駆動メカニズムが、小さく突き出たエンジンルーム内だけで完結し、その後方はスペース効率に重点をおき、自動車設計を簡略化できるメリットがあります。

以下で紹介するの2台のワンボックスカーは、いまなお座席下にエンジンを搭載し、重い荷物を積んでもトラクションを確保できるように後輪駆動を採用する、真のワンボックスカーです。

トヨタ ハイエースバン/ワゴン

5代目 トヨタ ハイエースバン 2013年

トヨタ ハイエースは、1967年に販売開始されトヨタのロングセラーワンボックスカー。現行型は5代目です。優れた積載性と耐久性を誇り、商用貨物はもちろん福祉・医療・警察車両、バイクのトランスポーターや車中泊にも利用される人気のワンボックスカーです。

日産 NV350キャラバン

5代目 日産 NV350キャラバン 2017年

初代は1973年に登場した日産 キャラバン。現行型は2012年にフルモデルチェンジされた5代目です。トヨタ ハイエースに匹敵する積載性能をもち、その汎用性の高さはハイエースにまったく引けをとりません。古くから日本を代表とする商用貨物バンとして、ハイエースとの双璧をなす人気のワンボックスカーです。

人気の軽ワンボックスカー

寸法に制限のある軽自動車では、キャブオーバーは限られたスペースを有効に使う合理的なパッケージング。1.5BOX化が進んではいるものの、いまも「軽ワンボックス」と呼ばれ続ける、人気のキャブオーバー2台を紹介します。

ダイハツ ハイゼット

10代目 ダイハツ ハイゼットカーゴ 2017年

ダイハツ ハイゼット カーゴは、ハイゼット トラックに貨物スペースを取りつけた軽商用バンです。ハイゼットにバンタイプが追加されたのは1961年。以来、維持費の安価な軽ワンボックスカーとして10代に渡り、多くの人と荷物を運び続けてきました。

スズキ エブリイ

5代目 スズキ エブリイワゴン 2015年

1964年に発売したスズライトキャリイバン後継車として、1982年にスズキ エブリイがデビューしました。軽ワンボックスの商用貨物車としてあらゆる場所で大活躍。過酷な業務をこなす郵便配達車両としても多くの地域で利用されています。

「箱型ミニバン」が主流になり本来の1BOXカーは絶滅危惧種に

1.5BOX形状のミニバン

車により高い安全性と居住性、積載性が求められ、前輪駆動車が主流となった現代の1BOXカーには「1.5BOX形状」が理想だったのでしょう。実際には、ステーションワゴンを「2BOXカー」、セダンを「3BOXカー」とは呼ばないように、ミニバンも「1.5BOXカー」とはあまり呼ばれません。

つまり、本来の意味の1BOXカーは現在絶滅危惧種となり、単純に車のボディ形状で「1BOXカー=箱型のミニバン」というのが、現在における一般的な認識です。

ミニバンに関する記事はこちら