初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

打倒ヤリス?スバル新型ホットハッチが2020年に復活か!デザインやスペックから価格を予想

スバルが新型ホットハッチを開発中との噂が浮上してきました。Rosazzurro編集部にて、新型ホットハッチの予想レンダリングCGを入手。入手した情報と噂をもとに、新型ホットハッチのデザイン、スペック、価格、発売日などを予想していきます。

スバルが新型ホットハッチを開発中か!

スバル新型ホットハッチ 予想レンダリングCG

スバルが新型ホットハッチの開発を進めている、との情報を入手しました。ホットハッチとは、ハッチバックタイプの車にスポーツカー並みの走行性能を与えたモデルのこと。現在のスバルのラインナップに、ホットハッチに相当するモデルはありません。

スバルは2020年にWRC(世界ラリー選手権)への復帰を目指しているとの情報が流れています。開発が噂される新型ホットハッチは、昨年にWRCへの復帰を果たした「トヨタ ヤリス」をライバル視していると思われます。

編集部が入手した予想レンダリングCGやその他の情報をもとに、新型ホットハッチのデザイン、スペック、価格、発売日などを予想していきます。

新型ホットハッチのデザインはレヴォーグ似?

VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト

VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト

噂を元に作成された、新型ホットハッチの予想レンダリングCGを入手しました。

グリルの形状や、ボンネットに大きく開いたエアインテークなど、レヴォーグやWRXのデザインに非常によく似ていますが、全体的によりシャープになった印象を受けます。つり上がったデザインのデイタイムランニングランプや、スポーティーなフロントアンダースポイラーが特徴的です。

また、現行のレヴォーグ・WRX以外にもコンセプトモデルである「VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト」からも、デザインのインスピレーションを得ていると思われます。

パワートレインは新型レヴォーグと共有か?

新型レヴォーグと思われるVIZIVツアラーコンセプト

新型ホットハッチのパワートレインには、新型レヴォーグに搭載されると噂の、1.8L水平対向4気筒直噴ターボエンジンをさらにチューニングしたものが採用されると予想。

エンジンはダウンサイジングの1.8Lターボでありながら、300ps以上を発揮することは間違い無いと思われます。

新型ホットハッチの車両価格はどうなる?

スバル WRX 2017年型

新型ホットハッチの車両価格に関しては、いまだ噂も出回っていない状況です。

新型ホットハッチは比較的手の届きやすい価格になるのか、それとも本格スポーツ仕様でかなり高価な価格設定となるのか。現時点では予想も難しいですが、スバルの本格スポーツモデルである「WRX STI」のベースモデルが約387万円〜であり、それよりも安価であることに期待したいです。

新型ホットハッチの発売日は2021年?

VIZIVパフォーマンスSTIコンセプト

オートサロン SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT

© Rosazzurro

新型ハッチバックの発売日に関する情報はありません。ただ、噂通りスバルが2020年にWRCへの復帰を果たすとすれば、そこにてデビューとなるでしょう。市販モデルはレースでのフィードバックを反映させ、2021年ごろに発売開始になると予想します。

果たして本当に新型ホットハッチの開発は、進んでいるのでしょうか。新しい情報が入り次第、更新します。

スバルの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのRosazzurro編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!