初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【永平寺 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】門前町ならではの精進料理風ランチを堪能

広さ33万平方mにも寺域がおよぶ、曹洞宗の大本山である永平寺。紅葉シーズンのピークには例年、多くの参拝客が訪れ、荘厳な雰囲気の中で紅葉狩りを楽しむ紅葉の名所です。永平寺の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「永平寺」紅葉狩りの見頃の時期は10月下旬~11月上旬

永平寺の紅葉は10月下旬ごろから始まり、11月上旬にかけて見頃を迎えます。荘厳な雰囲気が漂う寺院と色鮮やかなモミジやケヤキなどの木々が作り出す美しい景色は見ごたえがあります。

境内は樹齢700年におよぶ老杉に囲まれ、納経塔、法堂周辺がとくに紅葉の見どころです。

永平寺に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

境内の入り口付近から見どころ

-

永平寺では境内の入り口付近から紅葉が見どころです。永平寺の標柱の後ろにあるイチョウが黄金色に染まり、記念撮影する人もたくさんいます。

圧倒的な美しさの絵天井も必見

-

「傘松閣(さんしょうかく)」の2階には156畳敷きの大広間があり、その天井には昭和初期の有名な画家144人による230枚の日本画が埋め込まれています。一枚一枚の絵がとても美しく、時間がたつのを忘れてしまうでしょう。

-

説法の道場である法堂周辺の紅葉も見ものです。法堂は七堂伽藍の一番高いところに位置しているので、ここから四季折々の美しい景色を眺めることもできます。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称永平寺(えいへいじ)
色づき初めの時期10月下旬
見頃の時期10月下旬~11月上旬
紅葉する木の種類モミジ、ケヤキ
住所福井県吉田郡永平寺町志比5-15
電話番号0776-61-1188(永平寺町観光物産協会)
営業時間拝観時間
8:00~17:00(5月~10月)
8:00~16:30(11月~4月)
料金拝観料
一般(高校生以上):500円
小中学生:200円
駐車場町営駐車場 180台 400円/1日

アクセス

中部縦貫自動車道「永平寺参道IC」から国道364号を経由して車で5km、または「永平寺IC」から国道364号を経由して車で5km。カーナビに住所を入力しても正しい目的地設定ができない場合は、施設名称検索で「門前の宿 井の上」、または電話番号検索で「0776-63-3333」を入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価によると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価ながら、シーズンによってはかなり混雑するという点、階段が多い点などから一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「紅葉とお寺がマッチしていた」
「荘厳な雰囲気で、悠久の歴史を感じる」
「絵天井の間」の色彩画がとてもすばらしい」
「たくさん観光客がいて、ゆっくり見て回れない」
「館内は階段が多くて、少し大変だった」

おすすめグルメ・特産品情報

「永平寺 禅どうふの郷 幸家」

-

「永平寺 禅どうふの郷 幸家」は、永平寺町の田園風景を望みながら食事が楽しめるレストラン。地下100メートルから汲み上げる伏流水で作っている永平寺名物のごまどうふをはじめとした豆腐創作料理が味わえます。精進料理をベースにしているのでヘルシーです。

「永平寺そば亭 一休」

-

「永平寺そば亭 一休」は、大根おろしが添えられた永平寺そばや越前そばが食べられるお蕎麦屋さんです。平打ち太麺の蕎麦に大根おろしが絡まって、いっそう旨味が増しています。

「レストラン サニーサイド」

-

「レストラン サニーサイド」は、天井が高くてヨーロッパのような雰囲気のレストランです。ハンバーグやパスタやサンドイッチなどを楽しめるほか、いろいろな種類のケーキもあって持ち帰りも可能です。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す