初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

三菱新型ランサーエボリューションが2019年に復活か!ランエボ11のデザインやスペックを予想

ファンに惜しまれながら生産終了となった、三菱のスポーツカー「ランサーエボリューション」が復活するとの噂が浮上してきました。MOBY編集部にて、新型の予想レンダリングCGを入手。ランエボ11と噂の新型モデルについて、デザインやスペックを予想し復活の可能性を考察していきます。

三菱ランサーエボリューションが新型で復活か!

三菱のスポーツカー「ランサーエボリューション」が新型となって復活する、との噂が浮上してきました。

ランエボこと「ランサーエボリューション」は1992年に登場し、数々のレースで鍛え上げられた4WDの走りで、自動車ファンからの絶大な支持を集めました。しかし、エコカー人気の流れには逆らえず、10代目である「ランサーエボリューションX(テン)」を最後に世界中のファンに惜しまれながら、2015年に生産終了となりました。

三菱自動車のCEOである益子氏の発言や、インターネット上の噂を参考にしながら、新型ランエボ11のデザイン、スペック、発売日などを予想していきます。

ランエボ復活のカギはカルロス・ゴーン氏か?

益子修CEOが株主総会で前向きな発言

2017年6月に、都内で開催された三菱自動車の株主総会にて益子修CEOが、「ランサーエボリューションのの新規開発については前向きの検討したい」と発言しました。

ランエボの復活には、三菱自動車を傘下に収めた日産の会長で三菱の会長にも就任したカルロス・ゴーン氏の強い影響があると考えられています。現在、三菱自動車の会長も務めるゴーン氏は、かつて日産が経営難に陥っていた時でも「GT-R」や「フェアレディZ」といったスポーツカーの開発を継続させており、ランエボについてもゴーン氏が復活させるのではないかと予想されているのです。

ゴーン氏の指示によってランエボが復活した場合、走行性能加えて高い環境性能も手に入れて復活したGT-Rのように、ランエボもエコなスポーツカーに進化しているかもしれません。

ただ、益子修CEOは「業績が回復し、余裕が出てきた場合にはぜひ挑戦したい」としており、ランサーエボリューションの復活には、いずれにしても三菱の業績回復が必要不可欠なことに間違いありません。

新型ランエボ11のデザインを考察

インターネット上の噂をもとに作成された、新型ランエボ11の予想レンダリングCGを3つ入手しました。それぞれのレンダリングCGについて考察していきます。

予想デザイン①

新型ランエボ 予想レンダリングCG

1つめの予想レンダリングCGは、かなりアグレッシブなデザインに仕上がっています。先代モデルと比較し、よりスポーティーな印象を受けます。

ランサーエボリューションは代々直線的な、いわゆるセダンスタイルを貫いてきていますが、レンダリングCGでは現代的な4ドアクーペ風のスタイルに。エアロダイナミクスをより考慮していることが考えられます。

新型ランエボ11はセダンスタイルを捨てる可能性はあると思われますが、もう少し落ち着いたデザインとなるでしょう。

予想デザイン②

新型ランエボ 予想レンダリングCG フロント

新型ランエボ 予想レンダリングCG リア

2つめのレンダリングCGは、すっきりとしたシンプルな仕上がりに。歴代のランエボシリーズと比較し、全体的に丸みを帯びている印象を受けます。もっとも特徴的なのが、リアデザイン。横一直線に伸びるテールランプが近未来的な雰囲気を醸し出しています。

新型ランエボ11は、エアロダイナミクスを考慮し、無駄を省いたよりシンプルなデザインになる可能性はありますが、一直線のテールランプを突然採用するとは思えません。

予想デザイン③

新型ランエボ 予想レンダリングCG フロント

新型ランエボ 予想レンダリングCG リア

最後は、3つの中でもっとも現実的なデザイン。かなり完成度が高く、今すぐ発売されても違和感はありません。最終型のランエボ10をベースに、全体的にシャープに仕上がっている印象を受けます。

しかし、逆に変化が少なすぎて"つまらない"と受け取られる可能性もあります。最終モデルから4年以上の時を経て復活することを踏まえると、ランエボ10をベースにしながらも、より先進的なデザインになる可能性が高いです。

次のページ

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!