初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

カーフィルム・スモークフィルムとは?DIYで貼る方法や必要な道具から業者に頼む場合の施工工賃まで

車内のプライバシー保護や紫外線カットなど、さまざまな役割があるカーフィルムとスモークフィルム。実は、自分で貼ることも可能です。DIYでフィルムを貼るための基礎知識を徹底解説!業者に依頼して貼る場合の施工工賃もご紹介します。

カーフィルム・スモークフィルムとは?

カーフィルムとスモークフィルムは、呼び方が違うだけで同じ種類のカー用品。一般的に黒っぽい色をしているカーフィルムは、スモークフィルムと呼ばれています。

カーフィルムとは、車のフロントガラスやリヤガラスに貼るフィルムのこと。車内のプライバシー保護や断熱、日焼け防止、車のドレスアップなどさまざまな目的で使用されるカーアイテムです。赤外線遮断性能を持つカーフィルムには断熱効果があり、紫外線(UV)カットのものは日焼け防止に効果があります。紫外線カットは、肌の日焼けだけでなく、室内のシートやインパネなどの色あせを防止する効果も。

車内の快適性を高めるので、人気があるカーアイテムです。

カーフィルムのおすすめランキングはこちら

カーフィルムをDIYで貼り付けてみよう!

カーフィルムの貼り付けは、難しそうと敬遠する人も多いですが、基本的な知識を持って、しっかりと手順に従えば初心者でも行える作業です。ここで基礎知識を身につけて、一度チャレンジしてみてください!

カーフィルムを貼るために必要な道具

まずは、カーフィルムを貼るために必要な道具をご紹介。Amazonなどのネットショップで簡単に手に入れることができるので、DIYを考えている人は、道具を揃えるところからはじめましょう。

カーフィルム

参考価格: ¥ 1,114
(2018年11月17日現在)

まずは、カーフィルムを購入しないとはじまりません。好みの色やUVカット機能の有無、サイズなどを確認してから購入しましょう。

少し値段は上がりますが、車種別にカットされているカーフィルムも販売されています。

接着スプレー

参考価格: ¥ 298
(2018年11月17日現在)

接着スプレーは、カーフィルムをガラス面に貼り付けるためのアイテムです。

薄めた中性洗剤を霧吹きスプレーに入れる方法でも代用できますが、カーフィルム用接着スプレーを使うほうが噴霧粒子が細かく、吐出量も多いのでカーフィルムがきれいに貼れるのです。

価格も比較的安いので、購入することをおすすめします。

ハサミ

参考価格: ¥ 962
(2018年11月17日現在)

ハサミは、フィルムのカットに使用します。できるだけ切れ味のいい、新しいハサミを用意しましょう。


ヘラ

参考価格: ¥ 1,399
(2018年11月17日現在)

ヘラはカーフィルムを貼り付けた後に、フィルムと窓の間に入った空気や水分を抜く作業に使います。

品質の悪いヘラを使うと、バリや変形などの理由で上手く空気や水分が抜けなかったり、カーフィルムを破ってしまったりする可能性があるので、しっかりしたヘラを選ぶようにしてください。

きれいな布

参考価格: ¥ 543
(2018年11月17日現在)

きれいな布は、カーフィルムを貼る前に、車のガラスをきれいに掃除するために使います。窓拭き用のマイクロファイバータオルなど、新品の清潔な布を用意するようにしましょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す