MENU
初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]
 

オフロードタイヤおすすめ人気ランキングTOP10!燃費や雪道使用禁止についても

険しい岩場や滑りやすい泥道など、舗装されていない悪路で頼もしい味方となるオフロードタイヤ。オンロードでも活躍できる燃費性能や、雪道でもスリップしにくくなるグリップ力など、様々なシーンで活躍できるおすすめオフロードタイヤもあり、好みに合わせて楽しむことができます。

オフロードタイヤとは

オフロードタイヤとは、泥道や岩場などのオフロードでの走破性に優れたタイヤです。オフロードタイヤの種類としては、

・オフロードでの走破性に特化した「マッドテレーン」
・オンロードでの静粛性や燃費性能にも配慮した「オールテレーン」
・ある程度の雪道なら滑りにくい「マッド&スノー」などがあります。

注意点としては、雪道でもある程度グリップ力を発揮するように作られているタイプのオフロードタイヤであっても、あくまでも夏タイヤと同じ扱いになります。そのため、豪雪地帯の高速道路などで実施されることのある、冬タイヤ規制やチェーン規制の道路では走ることができません。

また、オフロードタイヤは悪路で土や泥をかき出すように走行することから、どうしてもタイヤや車体に負担がかかるため、普通のタイヤと比較すると基本的に燃費は悪くなります。

ストイックかつ孤高の存在といえる、おすすめのオフロードタイヤについて、ランキング形式でご紹介します。この記事で紹介する商品の各種情報は2018年10月時点のものとなります。

おすすめ人気ランキング【第1位】

ヨコハマ(YOKOHAMA) サマータイヤ GEOLANDAR M/T+ 175/80R16 91S

参考価格: ¥ 11,801
(2018年11月15日現在)

デザートレースやクロスカントリーレースで得られたデータをフィードバックして開発されたタイヤでトラクション性能と耐久性の両立を徹底追求されています。泥はけ、スタックへの強さ、排水性など、オフロードタイヤに求められる条件を高いレベルで達成しています。

おすすめ人気ランキング【第2位】

マキシス(MAXXIS) Creepy Crawler 6.50-16

参考価格: ¥ 14,900
(2018年11月15日現在)

サイドウォールの強度に優れたバイアス構造によって、岩場、雪道、泥道などで高いコントロール性と接地性を発揮するマッド&スノータイヤです。
ショルダー部分に施された独特のパターンは、険しい岩場や極端な悪路などで優れたコントロール性を発揮してくれます。

おすすめ人気ランキング【第3位】

NANKANG(ナンカン) サマータイヤ FT-9.RWL 165/65R14 14インチ

参考価格: ¥ 7,180
(2018年11月15日現在)

小石や泥を噛み込むことによるタイヤのトラクションを向上のために、フック型のパターンブロックを採用しています。トレッドが路面に届かない状況でも、ショルダーまで伸ばされたパターンブロックによって安定したトラクションを発揮します。悪路での操作性を追求したタイヤです。

おすすめ人気ランキング【第4位】

BRIDGESTONE(ブリヂストン) サマータイヤ DUELER (デューラー) M/T 674.OWL 265/75R16 6PR 112/109Q 16インチ

参考価格: ¥ 19,070
(2018年11月15日現在)

3D形状パターンの採用によって、泥道での高いハンドリング性能を獲得しています。アグレッシブなサイドデザインは、見た目の存在感だけでなく、岩場での走行においてサイド部分の損傷を軽減する効果があります。オンロードでの乗り心地や静粛性にも配慮されているタイヤです。

おすすめ人気ランキング【第5位】

NITTO(ニットー) マッドタイヤTrail Grappler m/T(トレイルグラップラー)LT265/75 R16 119P 73640296

参考価格: ¥ 26,000
(2018年11月15日現在)

オフロードでの走破性とオンロードでの快適性を持ち合わせたオールテレーンタイヤです。
オフロードタイヤの騒音を軽減するために、エンジニアによる高度なサウンド分析に基づいて設計されているのが特徴です。

おすすめ人気ランキング【第6位】

ゴムバルブ付属 トーヨー TOYO オープンカントリー R/T 165/60R15 165/60-15 77Q 4本

参考価格: ¥ 35,532
(2018年11月15日現在)

オフロードでのトラクション性能と、オンロードでの走行安定性を両立させたタイヤです。マッドテレーンとオールテレーンの2つの特性を組み合わせた独自のパターンデザインを採用しており、トレッド面のセンター部分はオールテレーン。両サイドはマッドテレーンというハイブリッドデザインが採用されています。

おすすめ人気ランキング【第7位】

ダンロップ(DUNLOP) GRANDTREK MT2 7.00R16

参考価格: ¥ 15,630
(2018年11月15日現在)

オンロードの走行も考慮して設計されたワイドタイプと、オフロード性能に特化して設計されたナロータイプがあります。ワイドタイプは他のその他の一般的なオフロードタイヤと同等の舗装路走行性能や静粛性を備えています。ナロータイプはとにかくオフロードでのトラクションを追求しており、スタイリングで選ぶ方には不向きといえます。

おすすめ人気ランキング【第8位】

COMFORSER CF3000 215/85R16 サマータイヤ マッドタイヤ M/T

参考価格: ¥ 11,000
(2018年11月15日現在)

野性味を感じさせる大型のブロックパターンが特徴のマッドテレーンタイヤです。
巨大なブロックをトレッド前面に配置することで、高い泥はけ性能とグリップ力を確保しています。

おすすめ人気ランキング【第9位】

Radar(レーダー) サマータイヤ RENEGADE AT-5.OWL 265/70R16 112H 16インチ

参考価格: ¥ 11,080
(2018年11月15日現在)

二酸化炭素の発生を抑制する機能に優れており、環境に優しいのが特徴のタイヤです。過酷な地形では高い走破性を発揮し、オンロードでは安定した走行を提供してくれます。

おすすめ人気ランキング【第10位】

オフロード SUV/4WD 265/70R16 112T 4本セット SAILUN AT-M (M/T MT) サイレン テラマックス TERRAMAX

在庫情報無し
(2018年11月15日現在)

SUV用のオールテレーンタイヤです。ソリッドセンターリブがオンロードとオフロードの両方で快適な乗り心地を提供してくれます。水、雪、泥など様々な地形で最適な走行性能を発揮します。

普段使いにもOKで便利なオン&オフロードSUVタイヤ

番外編として、オフロードだけでなくオンロードにも便利なおすすめSUVタイヤTOP3もご紹介します。
オフロード性能を高めたタイヤはどうしても静粛性や乗り心地の面で一般的なオンロードタイヤに劣ります。「クロカン車、SUVに乗っているのでルックス重視でオフロードタイヤを履きたい!」という方にはこちらのタイヤをおすすめします。

おすすめ人気ランキング番外編【第1位】

ダンロップ(DUNLOP) サマータイヤ GRANDTREK AT3 215/65R16 98H

参考価格: ¥ 12,190
(2018年11月15日現在)

強力なトラクション作用によってオフロードで活躍するだけでなく、市街地でのオンロード性能も高いのが特徴のオールテレーンタイヤです。

おすすめ人気ランキング番外編【第2位】

ヨコハマ ジオランダー GEOLANDAR A/T G015 P 225/70R15 225/70-15 T

参考価格: ¥ 17,820
(2018年11月15日現在)

アグレッシブな走破性とラグジュアリーな高級感を同時に感じさせるオールテレーンタイヤです。
多彩なフィールドで活躍できるのが特徴で、オフロードでは様々な路面への高い対応力と耐久性を発揮し、オンロードでは静粛性と快適性を発揮します。

おすすめ人気ランキング番外編【第3位】

BRIDGESTONE(ブリヂストン) SUV用タイヤ DUELER A/T001 265/70 R15 112T

参考価格: ¥ 18,100
(2018年11月15日現在)

新配合のトレッドゴム素材の採用によって、高い低燃費性能を発揮するのが特徴のSUV車用タイヤです。
ブロック剛性を最適化することで摩耗しにくくなっているので、耐久性も高くなっています。

まずはお気に入りのオフロードタイヤ1本を

岩場や泥道などの走破性に特化したタイヤ、市街地での静粛性や乗り心地にも配慮したタイヤ、雪道も得意なタイヤなど、オフロードタイヤにも様々な特徴があります。性能などの好みに合わせて、まずはお気に入りの1本を見つけてみましょう。
クルマの楽しみが広がることでしょう。

SUV・クロカン車に関連する記事はこちら

その他のタイヤに関する記事はこちら

RANKING

PICK UP

CATEGORY

モバイルPC