初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【トヨタ パッソ 新旧比較】マイナーチェンジでどう変わった?変更点まとめ

トヨタは小型乗用車パッソをマイナーチェンジし、2018年10月10日より販売を開始しました。マイナーチェンジでありながらも大幅なデザイン改良となるMODAシリーズを設定。変更は見た目にとどまらず、上質な部品によって仕立てられたインテリアはクラスの枠を超えた仕上がりに。

【2018年10月】トヨタ パッソがマイナーチェンジ!主な変更点

トヨタは小型乗用車パッソをマイナーチェンジし、2018年10月10日より販売を開始しました。マイナーチェンジでありながらも大幅なデザイン改良となるMODAシリーズを設定。変更は見た目にとどまらず、上質な部品によって仕立てられたインテリアはクラスの枠を超えた仕上がりに。

さらに安全年では歩行者検知にも対応した衝突回避支援ブレーキ、夜間の歩行者発見に貢献するオートハイビームなどの安全装備パッケージ「スマートアシスト3」も用意されています。

主な変更点

・MODAシリーズでの大開口フロントグリル、L字フォグランプベゼル
・新色ブリリアントカッパークリスタルマイカの設定
・スマートアシスト3の搭載
・前後コーナーセンサー採用
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージの設定

MODAシリーズのエクステリア(外装)はグリルを大幅改良

新旧パッソ MODA フロント比較

新型パッソ MODA G パッケージ フロント

パッソ MODA G パッケージ MC前 フロント

新旧パッソ フロント比較

パッソ X“L package・S” フロント

パッソ X“L package・S” MC前 フロント

新旧パッソ リア比較

パッソ MODA“G package” リア

パッソ MODA G package MC前 リア

新型パッソのエクステリアに大きな変更点はありませんが、フロントグリル上部がシルバー塗装となりました。MODAシリーズでは大胆にグリルを変更、フォグランプ周りまでの広範囲で改良が施されています。また、ブリリアントカッパークリスタルマイカが新設されました。

ボディカラーラインナップ新旧比較

トヨタ パッソ ボディカラーラインナップ新旧比較

新型パッソ【全12色】パッソ MC前【全11色】
・【新色】ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・ファインブルーマイカメタリック
・ダークエメラルドマイカ
・ファイアークォーツレッドメタリック
・マゼンタベリーマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・パウダリーベージュメタリック
・ブラックマイカメタリック
・ホワイト
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・パールホワイト3
・ファインブルーマイカメタリック
・ダークエメラルドマイカ
・ファイアークォーツレッドメタリック
・マゼンタベリーマイカメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・パウダリーベージュメタリック
・ブラックマイカメタリック
・ホワイト
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・パールホワイト3

マイナーチェンジで新色のブリリアントカッパークリスタルマイカが追加されました。この新色はTWO TONE(ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ)にも対応します。

ボディサイズには変更なし

今回のマイナーチェンジは、キープコンセプトの小改良にとどまったため、ボディサイズに変更はありません。

本革巻きシフトノブなどのドレスアップパッケージが追加

MODA“G package” にはドレスアップパッケージが追加

パッソ MODA“G package” ドレスアップパッケージ インパネ

パッソ 特別仕様車 1.0X L package kiriri MC前 インパネ

新型パッソには合成皮革+ファブリックシートや本革巻きシフトノブをセットにしたドレスアップパッケージが追加されました。

エンジンスペックは変更なし、燃費はWLTCモード走行に対応

エンジンスペックに変更はありませんが、WLTCモード走行による燃料消費率に対応しました。

トヨタ パッソのWLTCモード燃費

2WD車4WD車
WLTCモード燃費21.019.0
WLTC:市街地モード17.415.7
WLTC:郊外モード22.620.4
WLTC:高速道路モード22.620.5
[単位]km/L

WLTCモード・エコカー減税について詳しくはこちら

先進予防安全装備スマートアシスト3を搭載!

トヨタ パッソの先進技術・予防安全装備 新旧比較

新型パッソパッソ MC前
予防安全装備スマートアシスト3
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・車線逸脱警報機能
・オートハイビーム
・先行車発進お知らせ機能
スマートアシスト2
・衝突警報機能(対車両・対歩行者)
・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
・車線逸脱警報機能
・先行車発進お知らせ機能
先進技術・パノラミックビュー

今回のマイナーチェンジで、待望のスマートアシスト3が搭載されました。従来のスマートアシスト2までは検知対象は車両のみですが、このスマートアシスト3では小形ステレオカメラにより歩行者に対しても検知できるようアップグレードしています。

スマートアシストについて詳しくはこちら

マイナーチェンジ後も新車車両価格はほぼ据え置き

トヨタ パッソの新車車両価格・グレード 新旧比較

新型パッソパッソ MC前
新車車両価格118万円~187万円115万円~183万円
グレード構成 ・X
・X "S"
・X "L package・S"
・X "G package"
・MODA
・X
・X "S"
・X "L package・S"
・X "G package"
・MODA
・MODA "G package"
・X
・X "S"
・X "L package"
・X "L package・S"
・X "G package"
・MODA
・MODA "S"
・MODA "G package"

グレードは、X "L package"とMODA "S"が廃止となりました。新車車両の価格帯は3万円ほどシフトしました。

トヨタ パッソの中古車価格

パッソの中古車在庫は豊富にあり、人気のMODAシリーズも含まれます。価格はおよそ40万円から180万円で幅広く販売されていて、2018年式の車両も見つけることができます。

最新「パッソ」中古車情報!

本日の在庫数 3,589
平均価格 61.5万円
本体価格 1.9〜257万円
Pick up!
Pick up!

新型パッソのマイナーチェンジの最大のポイントは?

今回のマイナーチェンジにより、違いがわかる素材で上質なデザインへと変貌した 新型パッソ。最大のポイントは、MODAシリーズの意匠改良はもちろん、スマートアシスト3搭載による着実な安全性能の向上です。

トヨタブランドのなかでコンパクトカーの立ち位置を主張するパッソ。幅広いトヨタユーザーのニーズの期待を裏切らない仕上がりとなっています。

トヨタの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

舟迫 洋平この執筆者の詳細プロフィール

フリーランスライター。自動車メーカー勤務ののち、IT企業など様々な業界をジョブホッピング。現在は愛車のプジョー 407SW2.2(最終型)にドローンを積んで全国を走り回っています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!