初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

ハッチバックの意味とは?該当車種おすすめ人気ランキング2018も紹介!

ハッチバックとはどのようなボディタイプ?ハッチバックの定義や特徴から、2018年最新版のおすすめ人気ランキングを紹介。さらに輸入車や高級車、スポーツテイストの強いホットハッチなどジャンル別のおすすめハッチバックについても紹介していきます。

ハッチバックの特徴とは

スバル インプレッサスポーツ

ハッチバックとは

近年、人気が上昇している車のボディタイプの一つ「ハッチバック」と呼ばれるタイプがあります。ハッチバックとは、後部のドア(ハッチ)が上または横に向かって開くタイプの車を指します。人が乗る空間と荷室が分かれておらず、後部座席を倒すことでラゲッジスペースを広げることもできます。
実用性を重視した設計のハッチバック車でありながら、スポーティなスペックを与えられているもでるを「ホットハッチ」と呼びます。

ホットハッチに関連する記事はこちら

ステーションワゴンとの違いは?

ハッチバックは、ステーションワゴンと混同されがちですが、実際明確に定義があるわけではなく、全長が比較的短いタイプをハッチバック、セダンのトランク部分を拡大させたようなタイプをステーションワゴン、という認識で構いません。

ハッチバックは運転しやすい

ハッチバックは全長が短いために、細い路地などが多い地域でも運転しやすい車です。

また、車の後ろにトランクの部分が無いため、後ろの見切りが非常に良いのです。バックで駐車する時などの後方確認が非常にしやすく、運転にあまり慣れてない方が最初に選ぶ車としても良いですね。

ハッチバックは機能的で便利!

ドアが後ろに大きく開くハッチバックは、荷物の積み下ろしが楽に行えます。
トランクが独立している車と比べると、荷室と室内がつながっていることで長い荷物なども積めてしまうことろも良いですね。
そして、独立したトランクを作るよりも室内空間を広く取ることもできます。

ハッチバックは経済的

ハッチバック車はコンパクト~ミドルサイズの大きさとなることから、低排気量で車体重量も軽いものが多いです。
車重が軽く、燃費の良いハッチバックはガソリン代や税金が他の車に比べて安く、維持費がかからない自動車です。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!