初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【噂】スバルが初のミッドシップエンジン新型ハイブリッドスポーツカーを開発中?

スバルが従来挑戦しなかったミッドシップエンジン搭載のハイブリッドスポーツカーを開発中?現段階では噂の域を出ませんが、当記事では予想されるスペックや、噂の真偽を見抜く上で多方面からアプローチ。実現可能性について言及していきます。

スバルが新型ミッドシップ4WDスポーツ開発中の噂は本当?

ミッドシップ4WD+ハイブリッドという条件のスポーツカーは、スバルの過去に一度も事例がありません。それでもなお、このタイプの新型車両が開発中である噂が出た経緯としては、スバルの北米ディーラーから出た要望が発端とされます。

基本的にどのメーカーも北米での売れ行きが要な部分がありますが、特にスバルは、ここ数年の好業績が北米での販売と収益の増加に依存しており、"売れ過ぎて"供給が間に合わないほど。
つまり"売り過ぎる"北米ディーラーの発言力は必然と大きくなり、「スバルが未だ挑戦していない富裕層向けのスーパーカーモデルを開発せよ。」という提言・要望に至ったものと考えられます。「開発すれば我々北米がたらふく売ってやる」ということなのでしょう。

噂されているミッドシップモデルのスペックについてある限りの情報を解説し、噂の真偽について切り込んでいきます。

登場が噂される新型スポーツカーについてはこちら

スバル新型ミッドシップスポーツの予想スペック

スバル ボクサーエンジン

スバル新型ミッドシップスポーツの噂が事実だとした場合、予想されるスペックとして最初に挙げられるのは、「ターボチャージャー付きの水平対向ボクサーエンジンをミッドシップにマウントする」という前提条件です。
前後の重量配分が50:50に限りなく近く操舵応答性が向上するMR(ミッドシップレイアウト)の採用例はスバル車にはないため、かなり画期的な内容です。

もう一つ重要なのが、"ハイブリッド"システムを搭載することが予想されること。エレクトリックモーターはフロントに2個、リアに1個+ガソリンエンジンの駆動である可能性が考えられます。
同じハイブリッド+ミッドシップスポーツである「ホンダ NSX」の構造を例に挙げると、フロントに2個、リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、合計3個のモーターをレイアウトしており、ここにヒントが見出だせるかもしれません。

NSXが与えてくれるヒントから、新たな可能性が導き出せます。それは、電動式トルクベクタリング4WDの採用です。前輪の左右を独立した2つのモーターを使い、四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能にする技術は、外せない要素となるでしょう。

ホンダ NSXの最新情報はこちら

BRZベースのミッドシップ4WDでテスト中?

スバル BRZ

スバル新型ミッドシップスポーツの開発テストが行われるとすれば、ベース車両は高確率でBRZでしょう。

スバルの内部筋から、「BRZベースにミッドシップ4WDに改造した車両でテスト中」とのリークがあったとのことですが、予想の範疇ですし、いくらでも嘘を流せるレベルの情報であることに変わりはありません。

ちなみに、スバル北米の社長、富士重工のCEO両方は「(開発中だと)はじめて聞いた」と口を揃えており、開発計画を否定しているのか、トボけているのか掴めない状況です。

スバル BRZについてはこちら

スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモとの関係は?

スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ

スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ

出典:

スバルの新型ミッドシップスポーツの開発可能性を考えるアプローチとして、「レースゲームからの逆輸入」というものがあります。

プレイステーション3専用ソフト「グランツーリスモ6」に登場する「スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ」が現実に登場するとしたらどうでしょう?
2018年8月4日、アウディのワンオフモデル「アウディe-tron ヴィジョングランツーリスモ」がSUPER GT第5戦が行われた富士スピードウェイにて日本国内初走行を行いました。このモデルも、実はゲームである「グランツーリスモ」から逆輸入して現実に登場しています。

ただし、"ゲームからの逆輸入説"を強調するとなると、スバル新型スポーツも特別なイベントで走行・展示がなされる程度で、市販化される可能性は非常に薄くなります。

アウディe-tron グランツーリスモの詳細はこちら!

単独開発では可能性は低いが、共同開発ならアリか

スバル単独開発ではコスト面に問題か

スバルグローバルプラットフォーム

さまざまな可能性に言及してきましたが、現在世界規模で縮小しつつあるスポーツカー市場に、好業績とはいえ規模の小さいスバルが新たな車両を投入する可能性は、コスト面から考えるとほぼ有り得ないでしょう。

プラットフォームを単一に、そしてエンジン種類も厳選するローコスト戦略を採るスバルが、ミッドシップ用のプラットフォームや専用ハイブリッド機構、そして電動式トルクベクタリングを一から開発するのは現実的ではないのです。

トヨタとの共同開発なら可能?

トヨタ 86のフルモデルチェンジ予想レンダリングCG

しかし、スバル単独開発の可能性は限りなく少なくとも、86とBRZの共同開発を行ったトヨタと手を組めば、上記の問題点は払拭されることになります。

トヨタと他メーカーのスポーツカー共同開発の実例としては、現在発売が待たれる新型スープラとBMW 新型Z4が挙げられます。スープラの開発関係者によれば、2014年にはすでにトヨタとBMWはそれぞれが独自開発を進めたことが明らかにされていますが、ハードウェア面での合意は完了しているとのことです。

トヨタはミッドシップスポーツの開発に大いに長けており、日本車初の量産ミッドシップカー「MR-2」を手がけたのは何を隠そうトヨタです。そのMR-2も現在復活されるのでは?との噂で賑わっており、MR-2に関連する技術提供がスバルに行われている可能性も想像してしまいます。

スバルが本当にミッドシップエンジン新型ハイブリッドスポーツカーを開発しているのかどうか、今後も注目です。

トヨタが開発中?新型スポーツカーについてはこちら

国産スポーツカーランキングはこちら

スバルの新型車情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す