初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

車のサイドステップとは?効果や取り付け方法・取り付け例と車検から修理方法まで

愛車の見た目がかっこよくなるエアロパーツの一つ、サイドステップの効果や取り付け方法までご紹介します。魅力的なカスタマイズアイテム サイドステップですが、かっこいい以外にメリットはあるのでしょうか?自分で取り付けは可能?

車のサイドステップとは?

車をスタイリッシュに見せるサイドステップ

サイドステップというカーパーツは元来、トラックやSUVなどの車高が高い車に乗り込む際の足置き場を指していました。

しかし、いつしか日本では前輪から後輪の間のドア下部分のエアロパーツ(サイドスカート、サイドスポイラーとも)もサイドステップと呼ぶようになり、最近はサイドステップと言えばこのパーツのことを指すことが一般的になっています。

ネットショップなどでサイドステップを購入するときは”足置き場”のサイドステップと誤って購入しないよう注意しましょう。

サイドステップの効果|デメリットも

サイドステップには二つの効果があります。一つ目はビジュアル面で、サイドステップを着ける事で実際の車高より低く、よりスポーティ、スタイリッシュに見せることができます。

二つ目はエアロパーツとしての実用面で、側面からボディ下に流れ込む風を抑制し走行時の車体の安定を助ける効果があります。他のエアロパーツとの組み合わせでさらに効果的になります。

デメリット

一方でサイドステップを装着するデメリットとして、急こう配の降り始め、登り終わり、段差、悪路などでサイドステップを擦る、損傷する、場合によっては車が引っかかって最悪立ち往生することも考えられます。

また、市販の汎用品ではドアに干渉する、両面テープだけでの装着などで取り付けが甘くなると振動や風圧で走行中に脱落し、他車を巻き込んだ事故に発展することもあるので注意が必要です。

車のエアロパーツについてはこちら

サイドステップは車検に通る?

サイドステップの車検クリアの条件は?

車検時、サイドステップの取り付け時のはみ出しは、全幅(サイドミラーを除く車体の一番幅が広いの部分)から片側10cm以内まで許可されています。

また、サイドステップ(エアロパーツ)は「ボディを含む構造物」ではないため最低地上高9cmの制約を受けません。しかしパーツに突起や鋭角などの危険な部分がないことも車検クリアの条件となります。

とは言うものの、ディーラー車検では純正パーツ以外はNGというケースも多いようで、判断は車検工場によって違いがありますので一度お問い合わせされることをおすすめします。

サイドステップの取り付け方法

サイトステップは自分で取り付けできる

1.仮合わせ・調整

まずは購入したサイドステップに傷、破損などの不具合や付属品の不足がないかチェックします。

次にしっかり車にフィットするか仮合わせをしますが、その際、純正のサイドステップ装着車であればそれを外します。新しいサイドステップのボディに当たる部分はマスキングするのがおすすめです。

しっかりフィットしない場合はサンドペーパーで削るなどし調整し、固定位置が決定したら必要に応じてボディにドリルでネジ穴を開けます。

2.塗装

一旦、仮止めしたサイドステップを外して塗装をします。塗装は大きなパーツだけにムラになりやすいので慎重に。年式が古すぎたり新しすぎると指定色が売っていない場合もあります。自信がない方は板金塗装業者に任せた方が安心です。

3.取り付け

取り付けに入ります。サイドステップのボディに当たる部分は傷防止、エンジンと風による振動音防止のためクッションテープを貼ります。サイドステップの固定は最低でもパーツの両端をビス止めし、心もとない場合は中央付近でボディ下にもビス止めしましょう。パーツがガタつくとエアロとしての効果が低くなり脱落の可能性も高くなります。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

https://gefest-sv.kiev.ua

гранитная тротуарная плитка

грузоперевозки киев