初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

カーサイドタープおすすめ人気ランキングTOP10!自作方法から小川・ロゴスなどの人気ブランドまで

小川、ロゴスなどの人気ブランドのカーサイドタープのおすすめ人気ランキングTOP10や、自作方法をご紹介します。カーサイドタープは車との連結を目的に作られたタープ。通常のタープよりも車との一体感があり、設営も簡単でアウトドアライフをより快適にしてくれるアイテムです。

カーサイドタープとは?

カーサイドタープなら車とタープに一体感が

カーサイドタープはキャンプやバーベキューなどのアウトドア活動をする際に使われるタープの一種で、タープと車が一体化するように連結することができます。

ほぼ同義語として、”カーサイドオーニング”と言う言葉も使われますが、”オーニング”は広い意味の日よけで、通常”タープ”は防水布が前提です。

車にタープを取り付ける魅力とは

キャンプやバーベキューは道具が多く、車での移動を前提としているため、最近のキャンプ場はほぼオートキャンプに対応しています。
必然的にタープは日差しや雨に当たらずに車とテーブル、イス、BBQセットなどの設置場所をつなぐように張られることが多く、カーサイドタープは車と連結する前提で作られており設営も簡単です。
また、場所さえあればドライブ中の休憩などにも重宝します。

オートキャンプ場についてはこちら

カーサイドタープの使い方・取り付け方|ハイエースを代表例に紹介

カーサイドタープの使い方・取り付け方がわかる動画をご紹介します。

動画では具体的な商品名は出てきませんが、カーサイドタープの王道「ogawa(小川)」のカーサイドタープ ALと思しきものをハイエースに連結しています。

車側は4か所を連結(うち2か所はルーフに吸盤で)、残り2か所はリアバンパー下あたりと前がミラーに引っ掛けてあるだけです。

この手のサイドタープはテントと一緒で、まずはタープの組み立てをしてから、動画のように車と連結させ、タープの外側の角をペグで固定すれば完成です。好みに応じてレジャーシートやテントのグラウンドシート(敷シート)で裸足仕様にしてもよいですね。

カーサイドタープの人気ブランド

キャンピングカーには定番のカーサイドオーニング

カーサイドタープは車でのキャンプが主流になった現在では売れ筋の商品で、多くのキャンプ用品、カー用品メーカーが製造、販売しています。

それらの中でも、ogawa(小川)とLOGOS(ロゴス)は大手のキャンプ用品メーカーで、カーサイドタープでも二大人気ブランドと言ってもいいでしょう。

ogawa(小川)

ogawa(小川)は元々は小川キャンパルとして知られた、1914年創業の日本の老舗キャンプ用品メーカーのブランドでした。2000年以降、親会社が2回変わり、現在はキャンパルジャパンのブランドとなっています。しかしogawaは信頼される高品質、高性能の製品を造り続け、人気は衰えることを知りません。

LOGOS(ロゴス)

ロゴス コーポレーションは1928年に創業した船舶用品を扱う大阪の会社でしたが、1985年からLOGOSブランドを立ち上げ本格的にアウトドア用品の販売を開始しました。こちらはogawaとは対照的に大阪の会社らしくコストパフォーマンス重視の商品ラインナップになっています。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す