初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

カーオーディオの選び方・導入ガイド!1DIN・2DINタイプや取り付け方法から中古の入手方法まで

社外品のカーオーディオの選び方や取り付け方法から中古の入手方法について解説します。メーカー純正のカーオーディオでは満足できないなら、社外カーオーディオへの交換がおすすめ。カーオーディオには1DIN、2DINといった規格や、Bluetooth、イコライザー機能付きなどの違いがあります。好みのカーオーディオの探して快適な音楽環境にしましょう。

カーオーディオとは?

カーオーディオとは車に搭載される「音響機器」です。ダッシュボード中央(運転席と助手席の間)に、取り付けスペースを用意されていることが多く、運転席・助手席に座っている人が操作できる位置にあります。

新車購入時には、標準またはオプションで自動車メーカー純正のカーオーディオが装備されます。この純正品で満足できないユーザーは社外品のカーオーディオを取り付けることがあります。

「音質を上げたい」「車にあったデザインにしたい」「カセットテープが使いたい」など、車内の音響環境を変えたいと思っている人に向けて、社外オーディオの選び方や取り付け方を解説します。

システムの中心となるオーディオデッキ

カーオーディオは一般的に、車の音楽システムの中心となる「オーディオデッキ」をさします。オーディオデッキは複数の音源(ソース)をもっています。

カーオーディオが登場時に装備していた音源はラジオ受信機だけでした。やがて時代とともにラジオ受信機はそのままに「8トラック」「カセットテープ」の時代を経て、「CD」「MD」「メモリー」などの音源が装備されました。

オーディオデッキはドライバーが運転中に操作できるよう、人間工学に基づいたデザインが特徴です。「ボリュームノブ」や「スイッチ」を大きくし、配置も単純でわかりやすくなっています。

社外カーオーディオを導入するメリット・デメリット

メリット

 ・純正のカーオーディオより音をよくできる
 ・必要な機能が搭載されたカーオーディオを使用できる
 ・車のデザインにあったカーオーディオを取り付ける

カーオーディオをわざわざ社外品に交換したいという理由の多くは、「いい音で音楽を楽しみたい」ということです。これらの問題を解決するためには、目的にあった社外品のカーオーディオに交換するしか方法がありません。

デメリット

 ・新車の場合、保証期間から除外される
 ・取り付け時にインテリアの加工が必要なケースがある
 ・見た目がインテリアデザインに合わなくなる可能性がある

オーディオを社外品に付け替えてしまうと、新車の場合にはオーディオのディーラー保証が受けられなくなります。
また、専用デザインの場合に社外品を取り付ける場合には、インテリアの加工が必要になり、せっかく統一されているデザインが崩れてしまうことがあります。まず社外品を取り付けることが可能か確認しましょう。

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

viagraon.com

У нашей организации классный web-сайт со статьями про установка домофона киев https://sledoc.com.ua/domofony/ustanovka-domofona/
biography architect