初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

三菱のGDIエンジンはなぜ消えた?致命的な欠陥から中古車のメンテナンスまで

20世紀の終わりから21世紀初頭にかけて、話題になっていたGDIエンジンの特徴と搭載モデル、致命的な欠陥から現行車のメンテナンスについて解説します。GDIエンジンとは「Gasoline Direct injection engine(ガソリン直噴エンジン)」の略語ですが、この記事では三菱が1996年から2007年に採用していた直噴エンジンを取り上げます。

GDIエンジンとは?

GDIエンジンとは「Gasoline Direct injection engine(ガソリン直噴エンジン)」の略語ですが、この記事では三菱が1996年から2007年に採用していた直噴エンジンを取り上げます。

ガソリン直噴エンジンは、燃料であるガソリンをシリンダー内に高圧で直接噴射するしくみ。ノッキングを起こしにくい、燃費を悪化させずに出力向上させやすいなどの強みがあります。

三菱は1996年に独自の直噴エンジンであるGDIエンジン採用車を販売。ギャランとレグナムから始まり、次第に三菱自動車のラインナップの多くに搭載されるようになります。低燃費で高出力、サイズもコンパクトで地球環境にやさしい車として売り出されました。

GDIエンジンを搭載したモデルは、1998年にはオーストリアのカー・オブ・ザ・イヤー環境保護賞を受賞。デンマークでもカー・オブ・ザ・イヤー特別賞を受賞するなど、世界各国でその性能が高く評価されました。

1999年には、三菱GDIエンジンはヒュンダイ・ボルボ・プジョーなどの、各国を代表するメーカーに技術供与を行っています。

直噴エンジンについてはこちら

GDIエンジンを搭載したモデル

ギャラン

1969年から販売されているギャランですが、1996年発売の8代目モデルにGDIエンジンが搭載されています。1996年~1997年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

三菱 ギャラン(8代目)のボディサイズ
全長全幅全高
4,6201,7401,420
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6351,2405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
三菱 ギャラン(8代目)のエンジンスペック
エンジン種類直列4気筒DOHC筒内直接噴射
排気量1.8L
最高出力110[150]/6,500
最大トルク178.5[18.2]/5,000
トランスミッション4AT/5MT
駆動方式FF/4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レグナム

1990年代のステーションワゴンブームに、うまく乗る形で登場したのが、ギャランのワゴン版とも言えるレグナムです。レグナムはGDIを搭載した1世代のみの販売となっています。

三菱 レグナムのボディサイズ
全長全幅全高
4,6701,7401,500
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6351,3105
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
三菱 レグナムのエンジンスペック
エンジン種類直列4気筒DOHC筒内直接噴射
排気量1.8L
最高出力110[150]/6,500
最大トルク178.5[18.2]/5,000
トランスミッション4AT/5MT
駆動方式FF/4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

GDIエンジンに生じた欠陥とは?

排気ガス 禁止

©Shutterstock.com/ Greta Nurk

有害物質の排出と技術不足

「燃料消費-35%、パワー+10%、CO2排出-35%」というのが、GDIエンジンの当初のキャッチフレーズ。つまり、高出力と低燃費を両立できて環境にやさしく、2010年までの安全基準を満たしたエンジンと謳っていたのですが、現実は想定通りにはいきませんでした。

カタログに載っている10-15モードでの燃費はよかったのですが、実燃費は以前とあまり変わらず、低燃費化に成功しているとは言いがたかったようです。

また、GDIエンジンは、エンジン内のカーボンの付着が、他の車よりも激しいという面もありました。その結果エンストやエンジンルームからの異音、マフラーからの黒煙などの症状が頻発。エンジンオイルの早期交換や、エンジン内のカーボン除去を必要とするなどの事象が多く見られるようになりました。

そのうえ、車から排出される窒素酸化物や粒子状物質を抑制するためのNOx法に対応できなかったことは、「環境にやさしい」と謳っていたGDIエンジンには、大きな痛手となりました。

リコール隠し問題も影響?

さらに、2000年・2004年の、三菱自動車の相次ぐリコール隠しという不祥事も、GDIエンジンに追い討ちとなります。

当時の三菱自動車のCMで、さかんに流されていた「GDI倶楽部」。「環境にやさしいエンジンの車に乗っています」というイメージアップのものでした。

ところが後に、本来リコールしなければならいような不具合が見つかった車両を修理する際に、「GDI倶楽部」のステッカーを貼って、未修理の車両との判別を計っていたことが判明。国にリコールの事案があるということを届けることなく、組織ぐるみでひっそりとリコール処理をしていたことがわかりました。
つまりGDI倶楽部とは環境にやさしい車という意味ではなく、リコール隠蔽のための道具に過ぎなかったということになります。

その他にも燃費の不正なども見つかり、三菱自動車本体の信用は一時ガタ落ちになり、2007年にはGDIの製造販売は終了してしまいました。

GDIエンジンを搭載した中古車のメンテナンスと注意点

ディーゼル用 エンジンオイル

©Shutterstock.com/ Ensuper

GDIエンジンには、吸気バルブや燃焼室内にカーボンが溜まりやすい、という負の特徴があります。その結果インジェクターノズルやプラグが汚れやすく、アイドリングの不良やエンスト、マフラーからの黒煙などの諸症状が現れることとなります。

そのような状態を防ぐためには、常にエンジンルームをクリーンな状態に保つことが重要です。指定のプラグを使用し20,000kmごとには交換。スロットルボディも30,000kmごとには洗浄して、カーボンの汚れを落としましょう。

またGDIエンジンには、エンジンオイルの消費が早いという特徴もあります。そのためエンジンオイルは、短いスパンで交換することが必須になります。エンジンオイルの種類も、エンジンのシールを保護する作用のあるよな良質なものを使用し、ガソリンも常にハイオクを使用しましょう。

スパークプラグやエンジンオイルについてはこちら

三菱の現在の直噴エンジン

GDIエンジンが頓挫して以降、トヨタ、プジョー、メルセデスなど、世界中で多くのメーカーが、直噴エンジンの改良開発に努め実用化してきました。現在では、コンピューター制御によって燃料噴射の量やタイミングをコントロールして、プラグのかぶりやカーボンの付着も軽減できるようになっています。

そしてここへ来てようやく、三菱自動車もGDIエンジンの弱点を克服した直噴エンジンの開発に成功。2017年10月に欧州で先行販売された、コンパクトなSUV・エクリプス クロスに、1.5Lの直噴ターボが搭載されました。アクセルを踏んだ瞬間から反応する、直噴エンジンならではの反応の速さと、45度の急坂も登坂できるパワフルさが自慢です。

三菱としては市販車に載せるには早すぎたともいえるGDIエンジンですが、その技術や経験を活かし、現在の技術開発へと繋げているのです。

三菱 エクリプス クロスについてはこちら

注目の三菱 新型車についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

more information best-cooler.reviews

http://baden-medservice.com

https://4motors.com.ua