初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【一時不停止とは?】事故例と反則金(罰金)や違反点数を総まとめ

一時不停止の反則金(罰金)や違反点数、一時不停止違反による事故例を紹介。止まれの標識があったら一時停止する。ドライバーとしては当たり前のことですが、ついうっかり見落として、違反キップを切られてしまった、という人も少なくないでしょう。一時停止をしないとどんなことが起こるのか、解説していきます。

一時不停止とはどんな違反?

止まれの標識のある場所や赤の点滅信号、信号機や道路標識のない交差点などでは、車両を一時停止することが義務付けられています。

しかしこれを怠ってそのまま進んでしまったり、徐行で済まそうとしたりすると、「一時不停止」という交通違反として罰せられます。これは道路交通法第43条に制定されており、正確には「指定場所一時不停止等違反」と言います。

「うっかり」や「このくらい大丈夫だろう」という甘い認識で起こしてしまいがちな違反ですが、下手をすると大きな事故にも繋がりかねない、危険な行為なのです。

一時不停止をした場合の罰金と点数は?

まずは一時不停止の違反をした場合の、車両の種類別の反則金の額を見てみましょう。

指定場所一時不停止等違反の車両等の種類及び反則金額
車両種類反則金額
大型車9,000円
普通車7,000円
二輪車6,000円
小型特殊車5,000円
原付車5,000円

違反による点数は2点。軽微な違反という扱いになります。しかし過去2年間、無事故無違反で過ごしてきた人には、特例措置が施されます。
一時不停止の違反をしてから3ヶ月間、無事故無違反で過ごすことができれば、2点の点数は累積されず、リセットされるのです。

ただしこれは、違反の記録そのものが消えるということではありません。ゴールド免許だった人は、次回はブルーの免許証になります。

交通違反の点数と罰金・反則金についてはこちら

一時停止って何秒止まればいいの?

事故 パトカー

©iStockphoto.com/ artolympic

法的には秒数の定義は決まっていない

一時不停止として警察から青い違反キップを切られた際に、「私は止まった」「いや、止まっていない」などと、担当の警察官と水掛け論になる場合もあるようです。
そもそも一時停止の「一時」が、どのくらいの時間にあたるのか、疑問に感じる人もいるかもしれません。

しかし実は法律的には、一時停止の明確な時間の定義はありません。
道路交通法第43条にも『一時停止しなければならない』とあるだけで、何秒止まれとは記されていません。

そのため一瞬だけ止まって「一時停止したのに」という意見も出てくるのですが、一時停止の根本の理由を考えると、それが間違いだということがわかるでしょう。

秒数よりも安全確認が重要

なんのために一時停止をするのか、ということを考えてみましょう。
そこに止まれの標識があるから、赤の点滅信号だから止まるというのではなく、周囲の安全を確認するために止まるのです。

一時停止を義務付けられている場所は、信号機のない交差点や見通しの悪い場所に設けられている場合が多いです。左右の安全確認は教習所でも教えてもらいますが、まず右を見て、左を見て、もう一度右の安全を確認してから発進します。

一瞬止まっただけでは、周囲の安全を確認することはできません。最低でも3秒くらいはかかります。一時停止の所では、一旦しっかりと停車させましょう。そして左右の安全をよく確認してから、発進するようにしてください。

一時不停止は事故につながる?

自動車保険 交通事故

©shutterstock / Rob Orf

信号機のない交差点で、一時停止のない道路を直進していたバイクと、一時停止を怠った車が交差点に進入してきて衝突、という事故の例はたくさんあります。

交差点付近での事故はとても多いものですが、一時不停止が原因となっているものがとても多いのが実情です。
先のケースでは、もちろん一時停止を怠った車に非があります。また一方で、バイクも車の交差点進入を察知して、事故を回避しなければなりません。

「たぶん相手は止まるだろう」という「だろう運転」ではだめなのです。
「相手が止まらないかもしれない」「脇道から人が飛び出してくるかもしれない」という危機感を常にもって運転するように心がけましょう。

一時停止をしっかり守って事故を未然に防ごう

一時不停止の違反の取り締まりは、ドライバーを締め付けるために行われているわけではありません。交通事故を未然に防ぐためのものです。比較的軽微な違反に属するものですが、一時不停止は大きな事故にも繋がりかねない、危険な行為です。

止まれの標識のある場所や、見通しの悪い場所を通るときには、一旦しっかりと停止して周囲の安全を確認することを、習慣づけるようにしましょう。

あおり運転についての記事もチェック

交通違反についての記事はこちらも

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す