初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

新型レクサスES 300hハイブリッド発売で納期3ヶ月待ち!世界初ミラーレス採用で価格は580万円から

2018年10月24日、レクサスはフラッグシップモデル「LS」に続く新型高級セダン「ES」の発売を開始。最大の特徴は、市販車世界初のミラーレスドアミラー「デジタルアウターミラー」の採用です。新型ESの高級感あふれる外装・内装デザインやスペックから価格まで、最新情報をご紹介します。

新型高級セダン「レクサス ES」10月24日から発売開始

レクサス 新型ES

1990年代に「ウィンダム」の名で国内販売されヒットを飛ばした高級セダンが、「レクサス ES」の名で復活、2018年10月24日から発売が開始されました。

日本国内ではウィンダムの復活となりますが、北米ではレクサスブランドの高級セダン、フラッグシップのLSの一つ下の格で「ES」として発売が続けられており、今回のフルモデルチェンジで7代目となります。

新型レクサス ESのハイライト

・レクサスLSの弟分にあたるFF高級セダン
・世界初のデジタルアウターミラー(ミラーレスドアミラー)を採用(オプション)
・新型クラウン、カムリに搭載される2.5Lハイブリッドエンジンを搭載
・車両価格は629万〜580万円

レクサスのフラッグシップ「LS」についてはこちら

同じエンジンを搭載するトヨタ クラウン・カムリについてはこちら

ワイド&ローの外装デザイン

一目でレクサスとわかる大型のスピンドルグリル

サイドからリアにかけてはすっきりとしたシンプルなデザイン

シャープなデザインのテールランプ

オプション設定の「デジタルアウターミラー」

レクサスのアイデンティティとなる「スピンドルグリル」は、もちろん新型レクサスESにも採用され、車高が低く幅が広く見えるワイド&ローの外装デザインとなりました。

特に、フロントピラー(支柱)をやや後ろに配置、リアピラーを大きく長く傾斜させたデザインは、車全体をスポーティーに引き締めています。小型の3眼LEDヘッドライトも印象的です。

また、オプションでミラーレス仕様を選択した場合、ミラー部分にカメラを備えた専用機構「デジタルアウターミラー」が装備されます。

新型ESに搭載の「デジタルアウターミラー」についてはこちら

高い質感の内装

シンプルながら高級感あふれる内装

後部座席の足元には十分なスペースを確保

横一列に並ぶスイッチ類

運転席側から見えるデジタルアウターミラーディスプレイ

レクサスが特に力を入れている人間中心の空間づくりは、新型レクサスESにおいて程よい包まれ感をドライビングの高揚感を高めた運転席に仕上げたと、ES発売のプレスリリースの中で伝えられています。

高い質感でスポーティーな内装は、同じくスポーティーな印象が強かったトヨタ・ウィンダムの血筋を感じさせます。

オプション設定の「デジタルアウターミラー」を選択した場合、専用ディスプレイがダッシュボードの左右に配置されます。

新型ESのスペック

新型ESに搭載の2.5L直列4気筒エンジン「A25A-FXS」

ボディサイズ

全長 4,975mm
全幅 1,865mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,870mm
車両重量 1,680〜1,730kg
最小回転半径 5.8〜5.9m
乗車定員 5

パワートレイン・エンジンスペック

エンジンタイプ 2.5L直列4気筒直噴ガソリンエンジン+モーター
エンジン型式 A25A-FXS
排気量 2,487cc
最高出力 131 (178) / 5,700 [kW(PS)/r.p.m.]
最大トルク 21 (22.5) / 3,600~5,200 [N・m(kgf・m)/r.p.m.]
駆動方式 FF
トランスミッション 電気式無段変速機(CVT)

燃費

JC08モード燃費 20.6km/L
WLTCモード燃費 市街地モード 16.6km/L
郊外モード 22.7km/L
高速道路モード 21.4km/L

量産車世界初のデジタルアウターミラー(ミラーレス)を採用

デジタルアウターミラー

2017年の東京モーターショーで出展されたレクサスの次期型コンセプト高級セダンやマツダの新型コンセプト、ビジョンクーペなどに、ドアミラーが鏡の替わりにカメラを備えたミラーレスドアミラーを採用し、高い注目が集まっていました。

ドアミラーがカメラでも問題のない法制度も整えられ、ついに新型レクサスESが世界初の量産車への採用となりました。

デジタルアウターミラーの他、新型ESには、ルームミラーもミラーレス(デジタルインナーミラー)の装備が可能となっています。

デジタルアウターミラーは、最上級グレードの「versionL」にオプションで装備、価格は216,000円(税込)となっています。
デジタルインナーミラーは、「versionL」と「F SPORTS」にオプション設定、価格は108,000円(税込)となっています。

新型ES300hのグレード構成・

ES300h versionL 6,980,000円
F SPORTS 6,290,000円
ベースグレード 5,800,000円

新型レクサスESは、エンジンラインナップがひとつであることから、「ES300h」の1モデル、グレード構成は無名のベースグレードの他、最上級の「versionL」、スポーティーグレードの「F SPORT」の3グレード構成となっています。

全12色のボディカラーと5色のインテリアカラー

ボディカラー

新型ESボディカラー

白色 ホワイトノーヴァガラスフレーク
ソニッククォーツ
シルバー・グレー マーキュリーグレーマイカ
プラチナムシルバーメタリック
ソニックチタニウム
黒色 ブラック
グラファイトブラックガラスフレーク
赤色 レッドマイカクリスタルシャイン
緑系 サンライトグリーンマイカメタリック
ベージュ アイスエクリュマイカメタリック
青系 ヒートブルーコントラスレイヤリング
ディープブルーマイカ

レクサスが肝いりで開発、LC500に採用された「ストラクチャルブルー」はボディカラーラインナップに入りませんでしたが、全12色の豊富なカラーバリエーションとなっています。

インテリアカラー

本革シートで4色の内装色、本革に近い風合いの人工皮革のLtex(エルテックス)シートで3色がラインナップされています。

セミアニリン本革シート車
・リッチクリーム
・シャトー
・トパーズブラウン
・ブラック

エルテックスシート車
・フレアレッド
・ブラック
・トパーズブラウン

新型ESのTRDカスタムパーツも発売

レクサスは新型セダン「ES」を2018年10月24日に発売。同日、カスタムブランド・TRDから、専用カスタムパーツ「F スポーツパーツ」も発売となりました。

エクステリアでは各ボディカラーと同色のほか、純正カラーを際立たせる黒塗装のエアロパーツ「ブラックエディション」が設定されています。

新型ESのTRDカスタムについてはこちら

新型レクサスESの納期は3ヶ月以上待ち?

新型ES

編集部がレクサスディーラーに電話確認したところ、発売日当日の時点で、来年2月以降の納期となるとのことでした。今後の受注台数が増加すれば、納期はさらに伸びて3ヶ月以上となる可能性があります。

7代目にしてついに日本復活となった新型ES。エントリーモデルである「IS」とフラッグシップモデルである「LS」との間を埋める役割を果たします。

量産車初となる「ミラーレス」の採用や、最先端の運転支援システムなど最新技術が満載の新型ES。海外では高齢層からの需要が高いモデルですが、国内ではより若い層からの指示も得ることはできるのでしょうか。新型ESの今後の動向に期待が高まります。

2018年注目の国産新型セダンについてはこちら

レクサスの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
exstraeconom.kiev.ua

перевозка мебели киев

Этот интересный портал , он рассказывает про раскрутить сайт продвижение сайта