初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【ポンティアック トランザム・ファイヤーバード 総合情報】中古車選びの注意点からよくある故障まで

ポンティアック ファイヤーバードの中古車価格

最新「ポンテアックファイヤーバード」中古車情報!

本日の在庫数 18
平均価格 242.8万円
本体価格 130〜100000万円
Pick up!
Pick up!

中古車の玉数や傾向、注意点など

ポンティアック ファイヤーバードは、姉妹車のカマロと比較して中古車の流通量が少なく、カマロの7分の1ほどの玉数となっています。その分価格はカマロに比較して高いものが多く、とくに第3世代のトランザムや第4世代は新車で正規輸入されなかったことから、同年代のカマロと比較して高価格になっています。

また、初代のポンティアック ファイヤーバードはほとんど日本では売り物がなく、希少車となっています。2世代目のファイヤーバードは、とくに初期のトランザムの人気が本国アメリカでも高騰。ここ数年で値段も高くなり、ヴィンテージカーとしての価値が上がっています。

したがって、ポンティアック ファイヤーバードは日本での玉数が全般的にどの世代も少ないため、車種の年式や仕様にこだわりがある場合、アメリカ本国で車を探して輸入してもらうほうがよいかもしれません。

並行輸入についてはこちら

ポンティアック ファイヤーバードを中古で買う際の注意点や故障

ポンティアック ファイヤーバード トランザム1979年型

中古車を買う前にチェックしたい注意点

ポンティアック ファイヤーバードは他のアメリカ車同様、意外と作りがシンプルで、しっかりメンテナンスされた車であれば基本的には丈夫な車です。
しかし、電装品などは国産車と比べて交換サイクルが早いので、一通りの機能を試しましょう。とくにエアコンは修理代がかかるため、購入時には効きがしっかりしているか確認しましょう。

故障しやすい箇所と部品供給

エアコンなど電装系

最終型のモデルが生産終了になってからすでに15年以上経過しているため、ポンティアック ファイヤーバードはどの車でも電装系にトラブルが発生する可能性があります。年数が経過した車では、エアコン修理の発生ケースは多く、コンプレッサーの不具合なども多々あります。

エアコン修理の際には、コンプレッサーだけでなく、レシーバータンクとオリフィスチューブも交換しましょう。レシーバータンクはちょうどオイルフィルターのような役目をする部品ですので、コンプレッサーを交換する際には一緒に交換します。

オリフィスチューブは、コンデンサーで冷やされ液体になった冷媒を気化するための部品です。これもゴミなどが詰まりやすい部品のため、コンプレッサーを交換してもここが詰まっていると意味がありません。
古い車はコンプレッサー以外の部品にも、スラッジと呼ばれるこまかい金属のゴミが溜まっていたりするため、コンプレッサー交換後にまた故障の原因になることがあります。必ず3点セットで交換しましょう。

オーバーヒート

ポンティアック ファイヤーバード 400ciエンジン

日本の真夏の渋滞のような過酷な状況下で使用していると、オーバーヒートになる車もあります。原因はいろいろ考えられますが、一つはサビなどによる冷却経路のつまりや、クーラント(冷媒)の流れが悪くなることによる冷却不良。年数の経過している車では、ウォーターポンプなどの部品は新しいものに交換して、冷却経路をできる限りきれいにしたほうがよいです。

他にファンリレーやファンモーターなどの電装部品が劣化すると、水温が上昇した際に冷却ファンが回らず、エンジンを冷やすことができないためオーバーヒートの原因になります。

3世代目のリアハッチモーター故障

3世代目のポンティアック ファイヤーバードはリアハッチのオートクロージャーがわりと故障しやすいようです。このクロージャーのモーターのケースにヒビが入ってしまったり、スイッチ類が不具合をおこしたりすると、モーターが回りっぱなしになってしまったり、しっかりとリアハッチが閉まらなくなります。

部品供給に関して

すでにポンティアックブランドが消滅してしまったため、他のアメリカ車に比べると日本での部品供給は潤沢ではない状態です。しかし、アメリカ本国ではまだまだ部品があるため、アメリカにしっかりしたコネクションがあるアメリカ車の専門店などに修理を依頼すれば、時間はかかることがあっても、供給が絶望的ということはなさそうです。

アメリカ車の旧車は日本の旧車と比べればパーツが豊富に残っているうえ、社外品などで再生産されている部品も多いため、それほど心配しなくてもよいでしょう。

今はアメリカのe-bayのようなオークションサイトで個人でもさまざまな部品を購入することができますし、しっかりとした日本語対応のサイトもありますので、パーツを探すことはそれほど難しくありません。

部品購入はこちらのサイトを参考に

ポンティアック ファイヤーバードの修理代は高額になる?

基本的に姉妹車のカマロと比べてトランザムの修理代が高いということはありません。

近年はアメリカ車でも、70年代前半くらいまでのマッスルカーと言われるスポーツクーペの値段が高騰していて、ポンティアック ファイヤーバードの中でも高性能モデルのトランザムの値段はかなり上がりました。
これによって入手困難な部品(外装パーツなど)も値段が上昇してしまいましたが、基本走行に必要な部品などは、社外品も含め多数のパーツが出ているので、それほど気にすることはなさそうです。

アメ車の販売、修理、部品の販売はこちらも参考に

ポンティアック ファイヤーバードの維持費や燃費はどれくらい?

ポンティアック ファイヤーバード トランザム W36

1990年式のファイヤーバード トランザムのスペックから想定すると、排気量 5.0L、車両重量 1,550kgです。

気になる燃費ですが、3世代目のファイヤーバード トランザムで3km/L~6km/L。4世代目で、5km/L~7km/Lのようです。ここでは5km/Lで計算します。

また、高速道路の走行ですと10km/L以上走るようです。アメリカ車は低回転でも太いトルクで走るので、時速100kmくらいで走る場合、エンジン回転数は1,500回転位です。エンジンの排気量を考えると、意外と燃費は悪くありません。

※注釈 Rosazzurroでは、ガソリン代は年間走行9,200kmとして試算、執筆時点での全国平均価格をレギュラーガソリンで計算(146.1円/L)。車検時点検費用、タイヤ、ワイパーなどの消耗品、オイル交換代、自動車保険(任意保険)などの変動が大きい費用は省略しています。

ポンティアック ファイヤーバード購入後3年間の維持費総合計

自動車税 303,600円
自動車重量税 75,600円
自賠責保険料 38,745円
ガソリン代 806,472円
合計 1,224,417円

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

www.oncesearch.com

http://cleansale.kiev.ua/spring-cleaning

винстрол цена