初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【新型MAZDA3(アクセラ)先行試乗レポート】採用される先進技術の詳細が明らかに!

マツダ雪上取材会で新型MAZDA3に採用される、バージョンアップしたi-ACTIV AWDとG-ベクタリングコントロールプラス、新開発のシートやシャシーを試乗し体験!最新の詳細情報をお届けします。

新型MAZDA3の発表間近!プレス向け雪上取材会が開催

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)

マツダ雪上取材会で試乗した新型MAZDA3の開発車

新型MAZDA3の国内発売に先駆けて、2019年3月初頭に北海道は旭川から北へ車で1時間のところにある「マツダ剣淵試験場」にて、プレス向けの雪上取材会が開催されました。

MAZDA3はアクセラの海外仕様の車名で、2018年のLAオートショーでフルモデルチェンジした新型が発表され、国内では2019年の東京オートサロンでお披露目されました。現時点わかっているのは内外装のデザインと、北米仕様のエンジンラインナップと、新開発エンジン「SKYACTIV-X」が採用予定ということぐらいでした。今回の雪上取材会では、新型MAZDA3に採用される最新技術の詳細が明らかになりました。

新型の車名がどうなるのか、マツダ広報担当に尋ねると「まだ決まっていない」との回答でしたが、Rosazzurroでは「MAZDA3」になるのでは、と予想しています。

新型MAZDA3北米仕様の開発車をテストドライブ

新型MAZDA3に採用される最新技術主要3点

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)

現行型アクセラ(左ハンドルのサウジアラビア仕様の開発車)と新型MAZDA3(左ハンドルの欧州仕様の開発車)

1. SKYACTIV-Vehicle Architectureの理念に基づいた新開発のシャシーとシートを採用
2. i-ACTIV AWDの進化により走行安定性を向上
3. G-Vectoring Control Plus(G-ベクタリングコントロールプラス)をバージョンアップし操縦安定性を向上

1. 設計の概念を大きく変えた新開発シャシーとシート

マツダが掲げる「人間中心の発想」の実現のため、車に乗っているあいだの「人間の持っているバランス保持能力を発揮できる状態」が理想状態と定義。新型MAZDA3では、シャシーやシートをSKYACTIV-Vehicle Architectureの理念に基づき、最適化させています。

その結果、新型MAZDA3のシートはバケットシート並のホールド感に。運転中も歩行時と同じ自然な姿勢が保持でき、ドライバーの疲れを軽減させます。

シートの開発を担当した、マツダの車両開発本部 草案性能開発部(シャシーダイナミクス)の虫谷 泰典氏(上の画像)が医師に扮し、”体を張った”試乗体験コンテンツはこちらです。

2. 進化したi-ACTIV AWDで安定性が向上

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)

試乗したのはマツダCX-3欧州仕様の開発車

新型MAZDA3では2WD(FF・前輪駆動)仕様のほか、四輪駆動のラインナップも予定されています。そのモデルに採用されるのが、電子制御4WDシステム「i-ACTIV AWD」です。

新型MAZDA3ではバージョンアップされたi-ACTIV AWDが採用されます。この発売に先駆けて、MAZDA雪上取材会にて新旧のi-ACTIV AWDの比較テストを行ってきました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

3. G-ベクタリングコントロールプラスは改良

マツダ雪上取材会(2019)新型MAZDA3 北米仕様の開発車をテストドライブ

試乗したのは新型MAZDA3北米仕様の開発車

エンジン制御によって車の姿勢を安定させる「G-Vectoring Control(略称GVC、G-ベクタリングコントロール)」は、世界初となるマツダ独自の技術です。

新型MAZDA3には、ブレーキによる安定化制御を追加した「G-Vectoring Control Plus(G-ベクタリングコントロールプラス)」の改良版が採用されます。マツダ雪上取材会では、新旧のG-ベクタリングコントロールプラスが走行中も切り替え可能な開発車に試乗しました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

気になるエンジンについては未発表

SKYACTIV-Xエンジン

雪上取材会では、新型MAZDA3日本仕様車のエンジンについては発表はありませんでした。とはいえ、マツダの新型ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の採用は確定しています。おそらく、発売開始時点ではSKYACTIV-G搭載モデルのみのラインナップで、SKYACTIV-X搭載モデルは後発となるでしょう。

参考までに、欧州仕様車のエンジンラインナップは、ガソリンの「SKYACTIV-G 2.0」とディーゼルの「SKYACTIV-D 1.8」の2つ。ガソリン仕様にはマイルドハイブリッドシステムが組み合わせられます。

現行アクセラ(日本仕様車)のエンジンラインナップとほぼ同じと考えれば、新型MAZDA3日本仕様車も「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-D 1.8」搭載モデル、マイルドハイブリッドエンジン搭載モデルもラインナップされるでしょう。なお、SKYACTIV-X搭載モデルが遅れてラインナップ

車名もまだ未確定!アクセラが「MAZDA3」に改名か

東京オートサロンに出展された新型MAZDA3(北米仕様車)

新型MAZDA3の日本仕様車の車名についても、発表はありませんでした。マツダ担当者からも「まだ確定はしていない」というコメントをいただきました。

「MAZDA3」はアクセラの海外仕様の車名ですが、新型では日本発売モデルもMAZDA3に統一されると編集部は予想しています。

新型MAZDA3の価格は200万〜320万円?

新型MAZDA3の日本発売価格は、200万〜320万円で販売されると予想します。現行アクセラからは10万~20万円ほどの値上げとなるでしょう。

国内モデルの発売日は4月以降に延期か?

2019年3月にも発売や予約受注が開始されるという予想があった新型MAZDA3ですが、現時点では日本での発売日は早ければ4月、遅れると6月以降となるでしょう。また、「i-ACTIV AWD」搭載の四輪駆動車は、遅れて秋頃に、同タイミングで新開発エンジン「SKYACTIV-XスカイアクティブX)」搭載モデルが発売開始になると予想しています。

新型MAZDA3(北米仕様)の外装・内装

新型MAZDA3 ハッチバック

新型MAZDA3 セダン

MAZDA3の公式HPは

文:池田 貴美(Rosazzurro)
取材・撮影:宇野 智(Rosazzurro)

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

nissan-ask.com.ua/

https://adulttorrent.org

prosto-pereezd.com.ua