初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

ジャルジャル福徳秀介×VW タイプ2:Vol.2「◯◯が空っぽ!後輩芸人の大失敗」Rosazzurroクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。“その車”には、どんな想いが詰まっているのだろう――。つねに新しい笑いを追求する情熱的なスタンスで、人々を笑いの渦に巻き込むジャルジャル福徳秀介さん。その愛車は世界600台限定で、日本にはわずか2台しかないというフォルクスワーゲン タイプ2の『コンビ・ラストエディション』と、観音開きがお気に入りな『ミニクーパー クラブマン』。今回の“Rosazzurroクルマバナシ”では、福徳さんの希少な愛車はもちろん、「可愛いものが好き」というファンシーな価値観を、徹底的に深掘りします!

【Profile】ジャルジャル 福徳秀介1983年10月05日生まれ。兵庫県芦屋市出身。
愛車:フォルクスワーゲン タイプ2(2013年式)、ミニクーパー クラブマン(2009年式)

Vol.2「◯◯が空っぽ!後輩芸人の大失敗」

愛車にまつわる思い出や、印象深いエピソードはありますか?

よく後輩達とバーベキューに行くんですけど、一人が車内に焼き肉のタレをこぼしたことがありましたね。

え?! 車内で?!

こぼした張本人が家から持って来た焼肉のタレなんですけど、バーベキュー会場に向かってる道中で、すでになんか匂ってたんですよね。みんなも「くっさいなぁ」「どんだけキツイ焼き肉のタレなのよ」みたいにざわついてた。

それでやっと会場に着いて、お肉も焼いて、さぁ食べようか!ってなったときに、タレの容器が空っぽなわけです。当然、どういうことだって慌てますよね。で、そういえばさっきあんな臭いしてたやん……!って。一気に青ざめました。

おいおいおい!って車を見に行くと案の定、床が焼肉のタレまみれ。でもまぁ、丸洗いしたらええかと、マットを取ろうとしたんです。なんですけど、ワーゲンバスって椅子を根こそぎ取らんとマットが取れない。もう拭きまくりました。錆びる恐怖もあったし。

地獄のようですね……。シミにはなりませんでしたか?

黒いマットっていうのもあってシミはバレにくいんですけど、匂いはだいぶ残りましたね。しばらく充満してて、めっちゃ嫌でした。

タレは袋に入れてたんですけど、キャップが緩くなってたみたいで。しかもその袋に、穴が空いてたんですよ。じわじわとゆっくり、2時間半かけて浸透していったんでしょうね。

よく行かれるメンバーで、使い回しのタレだったんですね。

そうです、そうです。前回の残りみたいな。

ちなみに、どなたが……?

たぶん全然知らないと思うんですけど、山口大将軍という(笑)。

山口大将軍さんが、その方がこぼしたんですか。

山口大将軍がこぼしました(笑)。はい。

山口大将軍さんには今後ぜひ気をつけていただきたいですね(笑)。バーベキューはいつも、何人くらいでされるんですか?

お決まりの5人がいまして、みんな芸人です。それでワーゲンバスって馬力が弱いので、5人乗るとMAX70キロくらいしか出なくなっちゃう。高速道路でみんなビュンビュン走ってるのに、ワーゲンだけおっそい。

一応9人乗りなんですけど、ためしに満員乗せてみたら40キロもでえへんくて(笑)。全然駄目でしたね(笑)。

しかしながら、それはそれで可愛いですね。

可愛いですよね。愛おしい。

あとね、風にもめっちゃあおられるんですよ。強風の日は窓を開けて風の通り道を確保しないと、揺れて揺れてしゃーないんです。それから鉄板も薄いから、小石が当たるだけでバーン!!って轟音がして、みんなビクッて。

ぺらっぺらの車です。

維持されるうえで、一番苦労されている点はなんですか?

やっぱりクーラーですね。恐ろしいことに、付けると信号待ちでエンストするんです。風量が1、2、3で切り替えられるんですけど、1だとたまにで、2は100%エンストです。

なので夏場は窓全開。冬場はもう、我慢。どうせ止まるんでしょって。足下寒いですけどね。

福徳さんはいつも短パンのイメージがあるので心配です。

おっしゃる通りいつも短パンなので、足が強いっていうのはあります。自然と慣れちゃいました。

ワーゲンバスは、エンジンの熱が車内にこもるようなことはありますか? 

これ、エンジンが後ろに詰まれてるんですよ。だから夏は3列目がくそ熱い。バーベキューの鉄板くらい熱くなる場所もあって、ホンマに触れたもんじゃないくらい。一番後ろは窓も開けられないので、3列目には人を乗せへんようにして。

その代わり、冬はちょっとだけ暖かいです。あ、でも隙間風がある……。正直めちゃめちゃしんどいです(笑)。

ルームミラーも小さいですね。

ちっちゃいんですよ(笑)。2列目のシートの真ん中に、頭を支えるヘッドレストがあって見づらいし、取れないし。邪魔で邪魔で。

ラゲッジスペースの下にエンジンが搭載されているため、走行中の床面は熱くなることが予想される。バーベキューの食材である野菜や肉などは、決して安心して置けないはず。

トランク下に位置する1.4L直列4気筒エンジン。使用燃料はガソリンでもエタノール燃料でも、あるいはその混合でも問題ないという優れもの。これは同車が販売されていたブラジルが世界最大のバイオエタノール輸出国で、エタノール車に対する優遇税制が採られていたことが影響する。

意外とややこしいところが多いというか。

ハッキリ言うて、造りはめちゃくちゃです(笑)。ただ、前の座席に3人並んで乗れるところとか好きですね。

工事のおっちゃんとかたまにやってますよね。可愛いな〜って思ってた。困ることはありますけど、やっぱり幼少期に憧れてたのもありますし、許せちゃうことの方が多いですね。

ワーゲンバスに乗っていると声をかけられると仰っていましたが、どんなことを聞かれますか?

「何年式ですか?」って、大体ワーゲンバスのオーナーさんに聞かれます。ワーゲンバス同士ですれ違う時は、お互い「おー、素敵ですね」って目配せを。思いのほか、都内で結構走ってるんです。よく会う人もいて、「この前どっかで見たな」ってなんとなく覚えちゃいました。

顔見知り的な。

それでいうと、車見知りぐらいな(笑)。見に覚えのあるワーゲンバスが停まってる家を偶然見つけたこともあって、「あの車や!」とか。

ワーゲンバスには、おっちゃんと海外の方がよく反応してくれる。あとは子供達が「幼稚園バスだー」って。どうやらスクールバスと勘違いしてるみたい(笑)。そういえば一番最初に声かけられたんは、幼稚園児の子でしたね。「こんな車あるんだ」って。

子供心をくすぐるディティールですよね。女性ウケはいかがでしょうか?

女性ウケはめちゃくちゃ悪い。基本的には男性しか乗せてないです。

やっぱりちょっと恥ずかしいと思いますよ。乗り心地も悪いし、エンジン音がブオーンって鳴ってるので、でかい声でしゃべらなあかんし。仲間と出かける時なんか、帰り際にみんな声枯れてるんですよね(笑)。どんだけデカイ声出してるんだって。

音楽もめちゃくちゃ大きくせな聴こえてきーへんし、ホンマ騒がしい車ですよ(笑)。

普段はどういった時に乗られるんですか?

大体、夜に一人で(笑)。あとは仕事に向かうときですね。週1間隔で「今日はワーゲンで行こう」みたいな日があって。というのも、1日のスケジュールを考えた時に、高速道路を走れそうなときがあるので、そういう時に。

ゆったり気ままに走れそうなときですね。

そうです。ワーゲンって街乗りにはめんどくさいんですよ。ミッションだから一時停止とかの作業がめんどくさいし、スピードが出ないので移動も遅いし。めっちゃ時間がかかるから、仕事のあいだが詰まってるときは乗れません。

それから、場所も選びますね。新宿とか絶対に行かないです。何をされるか分からない。

こわい経験などをされたことがあるのでしょうか?

過去に一度、歌舞伎町の吉本本社の近くで、おっさんに無言でサイドミラーをパーンって叩かれて。ホンマに謎だし怖かったので、そこから二度と乗っていってないです。

でも後藤は愛車のアルファロメオで歌舞伎町に来るから、頭おかしいや。しかもホテル街のコインパーキングに停めてるし、信じられへん。大事な車で繁華街に行くかっていう。

後藤さんはそれで1回エンストしたんですよね。前回インタビューさせていただいたときに、笑いながら仰っていました(笑)。

ホンマ信じられへん(笑)。

後藤さんもかなりクルマ愛が強かったですが、福徳さんは指一本触れさせたくないというか、過保護にされてるんですね。

でもなんとなく、いつかこれ一台でいきたいなとは思ってるんです。だけど、どうかな(笑)。鍵もしょぼいし……。まだまだ実用には向いてないですよね。

ブラジルで56年間生産されたタイプ2。半世紀以上存在する車名も珍しいが、さらに驚くべきはそのデザイン。ほとんど変わっていないスタイルに敬意を払いたい。

先ほど「優れもの」と評したエンジンだが、福徳さんは少々手を焼いている模様。それでも『いつかはこれ一台でいきたい』というのだから、そのクルマ愛は本物だ。

ただの移動手段としては難しいですよね。うーん。エンジンを乗せ換えてしまうとか……? それこそ、福徳さんのお兄様が住まわれているメキシコだと、日産のエンジンとかに乗せ換えちゃうそうですよ。

えー!

故障した車ですとか、生産終了しているパーツが往々にしてあるそうで。メキシコの日産工場で作られているエンジンを、そのまま入れちゃうことがあるそうです。

ワーゲンバスも、車屋さんに持って行くと「エンジン壊れたらどうしましょう」って話になるんですよ。「もしかしたら対応出来ないかもしれないです」みたいな。関東で一番ワーゲンバスに詳しいと言われているショップがあるんですけど、そこでも「自信ないですね」「まぁいろいろ調べてはみますけど」って言われまして。

福徳さんのワーゲンバス(2013年式のラストエディション)は日本に2台しかないとのことでしたので、頑張って欲しいですね。

その、もう一人のオーナーさんがどうしてるかが知りたい。

情報を呼び掛けますか?(笑)

いや本当に知りたいですね、その人の対処法を(笑)。

福徳さんと同じタイプ2に乗られているオーナー様、ぜひお問い合わせください(笑)。ちなみにですがワーゲンバス一本でいきたいということで、「もしもこんな機能があったらいいな」とかありますか。

理想は、ホンマ鍵ですね。ピッて押したら全部閉まるキーレスにしたい。

ぼくの車はドアを一個ずつ閉めてまわらないといけなくて……。友達を拾おうとするときがかなり不便なんです。自分の鍵を開けてから助手席にまわって、最後に後ろまわって……みたいな。鍵が届かないんですよ。

一回エンジン切って、キーを抜いてぐるっとまわってカチャっと。

スペアキーは使わないんでしょうか?

スペアは一応、何があるか分からんから家に置いてるんです。めんどくさいんですけどね。鍵さえまともだったら……。

ちなみに後藤さんは、「渋滞の時に羽が生えたら」と。

そんなロマン系でいいんですか(笑)。えっじゃあ、縮んでほしいですね、きゅって。

ワーゲンバスは高さが2メートルあって、立体駐車場とか車高でひっかかるので、どこでも停められるように縮んでくれたら嬉しいです。

ホンマはもともと屋根に荷台みたいなのが付いてたんですけど、屋根付きのパーキングとか停めれへんから、取っちゃった。

その時は、福徳さんも一緒にきゅっと?

いや、ぼくは縮まない(笑)。車だけがささやかに小さくなってくれたらいいな。


ワーゲンバスを愛するあまり、指一本触れさせたくないほど過保護になった福徳さん。山口大将軍さんがおこした“焼き肉のタレ騒動”では、気が気じゃなかったはず?! 次回“Rosazzurroクルマバナシ”第3話では、福徳さんが生まれ育った兵庫県芦屋市のご実家のお話や、ご家族との思い出、相方・後藤さんへの愛を語ってくださいました。どうぞお楽しみに!

続きを読む
Vol.3「喧嘩は一度もなし!自画自賛のお気に入りコント」

取材:米永豪、田神洋子
撮影:HIROYUKI KONDOH
文:田神洋子

ジャルジャル後藤淳平さんのインタビューはこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Был найден мной важный веб портал со статьями про Коптильни https://np.com.ua/oborudovanie-bbq/koptilni.html
best-cooler.reviews/igloo-playmate-cooler-review/

http://www.make-up.kiev.ua