初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

具志堅用高×メルセデスベンツ E550アヴァンギャルド:Vol.4(最終回)「よんなよんな」Rosazzurroクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。”その車“にはどんな想いが詰まっているのだろう――。日本を代表する伝説のプロボクサーとして知られ、現在はスポーツ出身タレントのパイオニアとして日々活躍する具志堅用高さん。そんな類いまれな人生を歩む中で、さまざまな出会いや思い出があったはず。メルセデス・ベンツ Eクラスを所有している具志堅用高さんに、車にまつわるエピソードや愛車の魅力について語っていただく“Rosazzurroクルマバナシ”最終回

【Profile】具志堅用高1955年6月26日生まれ。沖縄県石垣島出身。
1974年にプロボクサーとなり、9戦目にしてWBA世界ライトフライ級王者ファン・ホセ・グスマンに挑戦し、見事KO勝ちし世界チャンピオンの座を手にする。その後も防衛を続けると世界王座連続13度防衛を達成、日本記録を樹立した。しかし1981年、14度目の防衛戦に失敗すると現役を引退。現在は白井・具志堅スポーツジムの会長として選手育成に励む一方、スポーツ出身タレントとして数多くのテレビ番組で活躍している。
今回お持ちいただいた愛車はメルセデス・ベンツE550アヴァンギャルド。

Vol.4(最終回)「よんなよんな」

「草食系男子」という言葉が流行りましたが、近年ボクシングジムにくる若者にはどんな人が多いですか?

いろんな人がいますよ。チャンピオンになりたいって人もいれば、ちょっとやってみようっていう人もいるし。

比較的みんな大人しいけど、みんな良い顔をしてるよね。昔はもっと恐い顔してた。今もヤンキーはたまにいるけど、うちのジムに来て真面目にやってるし。でもヤンキーでもハートが弱いのがいるんだ。そういうのはすぐやめちゃう。ハートが強い選手は真面目に練習をやれば強くなれる。

具志堅さんのジムに所属されている選手は車を持ってるんですか?

聞いてないけど、オレはあんまり運転させない気でいるよ。

ボクシングに集中できるようにですか?

そうです。休みの日もゆっくり休まないと。試合が決まってる選手は減量してるから、外にでかけないと思いますよ。おいしそうなものを見たら、食べたくなっちゃうから。これもまた辛いんだ。家で休んでじっと我慢するのもトレーニングなんです。

彼女がいる選手は彼女と一緒にいたいかもしれんけど、「オレが良い嫁さん探すから、今は我慢しとけ」って伝えてるよ(笑)。

そこを我慢できるかできないかが、大きな違いにつながると。

そうなんだけど、強くなって有名になるとモテちゃうから。アドレスとかすぐに交換するからさ。オレの時代は名刺と自宅の電話番号だったけど、今は簡単になったよね。

これで車があったら、自由にどこまでもでかけられてしまいますね。

まあ、誰とどこに行ったかまでは管理できないから、もう任せちゃってるけどね。選手宛に時計のプレゼントとかくるもんな……それもすごい高いやつですよ。

こういう、チャンピオンになってから感じる楽しさは、チャンピオンにしか分からないんですよ。食べ物だって、それまでじゃ信じられないくらいおいしいご飯が食べられるんです。焼肉にステーキ、服とか時計だってそう。世界一になったらなんでも手に入るんだ。

今は欲しいものが手に入る時代で、若者の趣味が分散化していると言われます。それと同時に、車に憧れる若者が少なくなっていることについてはどう思われますか?

答えになってないかもしれないけど、オレは、本当はアメリカみたいなジムにしたいのよ。選手は遠くから車で来て、車で帰る。日本のジムと違って、遠くからでもどこからでも来る。車が停められるスペースがあるから。だからそういう風にたできたら良いなと思ってます。

ただ、今はほとんどのジムがビルのテナントの中に入っちゃってる。だから、車を持ってる人でも駐車場がないからって電車を使ったり。車で行きたいのに乗れない、っていう人が多いんですよ。東京では難しいかもしれないですけど、ほかではそういうシステムが一番良いですよ。

誰でも気軽にジムに通えますね。

車でもオートバイでも自転車でも、どれでも停められるようにすれば来ますよね。沖縄だと、一家に車が三台あるって人も少なくないんだから。お父さん、お母さん、子供、みんな一台ずつ。駐車場代が安いから、どこへ行くにも車だよ。

沖縄は車文化が根付いているんですね。

目の前のコンビニ行くのにも車に乗るんだよ、暑いからって。

沖縄じゃ車がないとなにもできない。バスが全然来ないんだよ。バスを待つより歩いた方が早いんですよ。

沖縄と東京では交通事情が全く異なると思うのですが、最も違う点はなんですか?

東京に来てびっくりしたのは、車のスピードが全然違ったことだね。東京の人はみんな速いんだ。沖縄じゃ飛ばしてる車あんまり見たことないもん。

あと、クラクション鳴らさない。沖縄で鳴らしたら、「うるさい」って怒られちゃうよ。沖縄には外国人がいっぱいいて、みんなクラクションをすごい嫌うんだ。

沖縄の人は穏やかなイメージありますよね。

うん。「よんなよんな」っていう言葉があるくらい。これは「急ぐな、慌てるな」ってこと。おじいちゃんとかおばあちゃんが日常でよく使う言葉だよ。「よんなー、よんなー」って。沖縄独特の生活からきてますね。

沖縄の方々は、心にゆとりがあるのでしょうか。

沖縄の人がこっちに来ると「なんでこんなにスピード出すの」って、ビックリだよ。オレもこっちに来たばっかりの頃、他のドライバーみんなに追い抜かれたもん。

初めて購入されたセドリックに乗ったときも?

ゆっくりだよ。渋谷あたりの広くない道路だったから。

みんな、忙しすぎて疲れてるんだよ。元気なときは車の運転も余裕があるし、疲れてるときは荒っぽい運転になっちゃうんだと思う。

もし、車に一つ新しい機能が付けられるとしたら、なにが良いですか?

マッサージ機能が良いよね、足裏マッサージ。最近、足が疲れるんだ。車を停めて休むこと多いもんね。それができたら最高ですよね。

最近は、マッサージ機能が充実した車も多いんですよ。

そうなんだ。あとは、でっかいテレビが付いてるやつ。あれも良いよね。

最後に、全国の車好きの方にメッセージを一言お願いします!

車は宝だと思って、大切に乗って欲しい。大事なお友達という感覚でね。

あとは事故のないように、安全に楽しんでくれればなと思います。

具志堅さんもお友達のように、宝物のように乗ってるんですか?

車がないとどこにも行けないもん。ワンちゃんも乗せてるんだよ。

現役を退いた今でもボクシングに対してストイックに取り組む一方で、バラエティ番組での印象そのままに、優しく明るい具志堅用高さん。「ひとに優しく、自分に厳しい」具志堅さんの内面が垣間見える、Rosazzurroクルマバナシでした。素敵なお話を、本当にありがとうございました。

取材:田神洋子、米永豪、三浦眞嗣
撮影:HIROYUKI KONDOH
文:米永豪

【出演者一覧】インタビュー特集はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

budmagazin.com.ua/profil-dlya-gipsokartona

cleansale.kiev.ua

подробно на сайте progressive.ua