初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

新型ハイラックス ピックアップ日本発売開始!ダブルキャブ販売で価格や燃費は?

2015年にフルモデルチェンジされたピックアップトラックのトヨタ新型ハイラックが満を持して日本国内で発売を開始しました! 新型ハイラックスピックアップの日本仕様のデザイン、性能や価格を紹介していきます。

トヨタ新型ハイラックス・ピックアップトラックが復活して発売!

国産ピックアップが13年ぶりに日本で復活!

トヨタから海外で発売されているピックアップトラックのハイラックス。
ハイラックスは日本では生産終了していましたが、日本国内モデルが13年ぶりに発表され、9月12日の発表と同時に発売されました。

北米では売れ筋商品であるピックアップトラックであり、オセアニア、欧州、東南アジアでも需要のあるカテゴリーですが、日本では長年、乗用車ベースのピックアップトラック販売はトヨタのみとなっていました。

新型ハイラックスの公式プロモーション動画も公開!

新型ハイラックスの公式プロモーション動画が公開されました。
舗装されていない雄大な自然を青いボディが走行していく映像を見ているだけでワクワクする内容となっています。

9月14日に公開された動画では、トヨタ 新型ハイラックスの世界観を、世界で人気のアーティストであるDJ SODAさんが可愛く表現しています。

日本国内でピックアップトラックは売れるのか?

日本におけるピックアップトラックは、大きな販売台数は見込まれない車種であり、日本メーカーも日本発売まで乗り出すことに前向きな姿勢ではありません。
しかし、今まで割高な並行輸入車や中古車でしか購入できないピックアップトラックが日本にも正規販売されることで日本車の市場活性化につながるでしょう。

また、ハイラックスは1ナンバーのため毎年車検が必要であるなど手軽な車種ではありませんが、「堂々とした佇まいがもたらす、人とは違うモノを所有する喜び」や「世界中で鍛え抜いたタフさ」を持ち合わせているとトヨタは述べています。

派生車種のハイラックスサーフについてはこちら

ハイラックスの新型情報についてはこちら

トヨタ・ハイラックスとは?その歴史を紹介

ハイラックスは、トヨタが製造・販売している小型ピックアップトラックであり、世界180以上の国/地域で販売されたワールドワイドな車です。

トヨタがハイラックスの開発は、世界中さまざまな使用環境とユーザーの声に応えるため、世界中多くの道でテスト走行を行い、灼熱(しゃくねつ)のアフリカ・東南アジアから極寒の北欧でも走行でき耐久性のあるタフな車作りを意識しています。
現在まで累計1,600万台以上を販売され、トヨタ・ランドクルーザーと同じく世界中のユーザーから高い支持を得ています。

ランドクルーザーについては以下の記事を参考にしてください。

海外のトヨタ ハイラックス コンセプト動画

トヨタ・ハイラックスの歴代モデル

トヨタ・ハイラックスは、1968年から販売するロングセラーモデルです。
さらに先を辿ると、先代は1956年に発売したトヨペット トラック RK23型の派生モデルとして登場した経緯もあることから、トヨタの小型ピックアップトラックで最も古くからあるモデルといえるでしょう。
上画像の歴代モデル一覧は
①初代ハイラックス(1968~1972年)
②2代目ハイラックス(1972~1978年)
③3代目ハイラックス(1978~1983年)
④4代目ハイラックス(1983~1988年)
⑤5代目ハイラックス(1988~1997年)
⑥6代目ハイラックス(1997~2005年)
⑦7代目ハイラックス(2004~2015年)
⑧8代目ハイラックス(2015年~)【現行モデル】

日本国内モデルでの発売は6代目までで、2004年には海外でモデルチェンジされた7代目が販売されていましたが、日本では2004年以降も6代目モデルが継続販売され、翌2005年に生産・販売が終了しました。
生産終了したハイラックスが日本国内復活を遂げ、発売が現実となれば12年ぶりの再販となります。

ランドクルーザーとハイラックスサーフの徹底比較は以下の記事に記載されています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
Нашел в интернете важный веб портал на тематику Тестомесы.
vy-doctor.com.ua

profvest.com