初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【新型車/新車情報 国産車&外車全メーカーまとめ】最新モデルチェンジカレンダー2018

国産車と外車全メーカーの「新型車」および「新車情報」を一覧でまとめた「最新モデルチェンジカレンダー2018」お届けします。2018年に発表もしくはリリースの予想がされる、各自動車メーカーの新型車/新車情報についてまとめました。

新型車/新車情報 国産車&外車全メーカー 最新カレンダー2018

2018年の注目車種は?

エンブレムアイキャッチ

© Rosazzurro

自動車業界で最も話題性のあるネタといえば、やはり「新型車・新車のニュース」です。自動車メーカーは、毎年時代のニーズにあった新型車を市場に投入するため日夜開発を続けています。

近年の新型車・モデルチェンジ事情を簡単に解説すると、「小型クロスオーバーSUV」、自動ブレーキなどの衝突予防安全装備、エンジンのダウンサイジング化・ハイブリッド化の流れが顕著です。2018年の新型車・モデルチェンジのほとんどがこのいずれかの流れに該当すると言っても過言ではないでしょう。

まずは、2018年春以降に発表された、もしくは発表・発売が予定されている(予想される)国産車・外車全メーカーの「新型車・新車情報一覧」をカレンダー形式でご紹介します。

※車名をクリック(タップ)すると、その車の最新情報をみることができます。

新型車・新車情報一覧カレンダー2018

発売日(未確定含) 車名【モデルチェンジの分類】
2018年春 5月16日 スズキ スーパーキャリイ【グレード追加】
5月17日 マツダ CX-3【マイナーチェンジ】
5月18日 ホンダ ジェイド【マイナーチェンジ】
5月24日 マツダ アテンザ【マイナーチェンジ】
2018年夏 6月6日 BMW X5【フルモデルチェンジ】
ベンツ Gクラス【フルモデルチェンジ】
6月20日 スバル フォレスター【フルモデルチェンジ】
6月22日 トヨタ センチュリー【フルモデルチェンジ】
6月25日 アルファロメオ ステルヴィオ【新型車】
6月26日 トヨタ クラウン【フルモデルチェンジ】
ダイハツ ミラトコット【新型車】
トヨタ カローラスポーツ【フルモデルチェンジ】
7月13日 ホンダ N-VAN(エヌバン)【新型車】
7月前半 スズキ ジムニー/ジムニーシエラ【フルモデルチェンジ】
8月 ホンダ クラリティPHEV【新型車】
ホンダ CR-V【復活フルモデルチェンジ】
スズキ ソリオ【マイナーチェンジ】
夏頃 ルノー メガーヌRS【新モデル追加】
11月 トヨタ シエンタ【マイナーチェンジ】
夏頃 トヨタ アルピーヌA110【新型車】
夏から秋 ホンダ インサイト【復活フルモデルチェンジ】
2018年秋 8月 アウディ eトロン【新型車】
9月 日産 ジューク (e-POWER)【フルモデルチェンジ】
日産 リーフ【新モデル追加】
ベンツ Bクラス【フルモデルチェンジ】
日産 新型EV2ドア クーペ【新型車】
10月 アウディ Q3【フルモデルチェンジ】
アウディ A1 【フルモデルチェンジ】
トヨタ C-HR GR【新モデル追加】
11月 BMW 8シリーズ【復活 フルモデルチェンジ】
秋頃 ボルボ V60【フルモデルチェンジ】
ジープ ラングラー【フルモデルチェンジ】
BMW X4【フルモデルチェンジ】
マツダ デミオ【マイナーチェンジ】
ホンダ NSX【マイナーチェンジ】
2018年冬 12月 ダイハツ タント【フルモデルチェンジ】
レクサス ES【復活フルモデルチェンジ】
トヨタ TJクルーザー【新型車】
トヨタ アクア【フルモデルチェンジ】
トヨタ プリウス【マイナーチェンジ】
冬頃 レクサス UX【新型車】
BMW Z4【フルモデルチェンジ】
トヨタ スープラ【フルモデルチェンジ】
フォルクスワーゲン T-ROC【新型車】
年内 ホンダ バモス【フルモデルチェンジ】
ポルシェ ボクスター スパイダー【新モデル追加】
スバル XV【マイナーチェンジ】
ジャガー IPACE【新型車】

Rosazzurroで情報を入手しているだけでも、およそ50車もの新型車・新車の登場が控えています。予想情報も含まれているため、これらすべてが実際に発売されることが確定しているわけではありませんが、2018年は新型車の登場が多い年です。

次は、各メーカーの新型車情報の中から、注目車種のみをピックアップして見ていきましょう。

2017年に登場した新型車についてはこちら

国産車全メーカーの注目の新型車・新車モデルチェンジ情報

トヨタ 注目の新型車・新車情報

トヨタ ロゴ

©Shutterstock.com/ betto rodrigues

トヨタから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

クラウン【フルモデルチェンジ】

トヨタ新型クラウン RS Advance 2.5Lハイブリッド

2018年6月26日、トヨタの高級セダン「クラウン」が15代目 新型へフルモデルチェンジを果たしました。
同日、全国7ヶ所(東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・仙台・広島)で同時開催された「THE CONNECTED DAY」にて、トヨタの新しい「コネクテッドカー」についても発表。その第一弾として新型クラウンと新型カローラハッチバックが登場しました。

新型クラウンには、トヨタの最新プラットフォームである「TNGA」を採用。従来のロイヤル/アスリート/マジェスタといったモデルを統合し、標準モデルとスポーティーなRSの2種類のみとなります。

今後、ガソリンエンジンをベースとしたPHVモデルがラインナップも期待されています。

スープラ【復活フルモデルチェンジ】

新型スープラ プロトタイプ

トヨタ新型スープラは、2018年3月に開催された「ジュネーブモーターショー2018」にて、「GRスープラレーシングコンセプト」としてル・マン耐久レース「LM GTEクラス」仕様でワールドプレミアされました。

市販型についても10月8日に英国限定で300台のみ先行公開を開始。日本国内での発売も近いと期待位されています。また、「新型スープラの最大パワーは300馬力を超える」ということも明らかになりました。

BMWとの共同開発となる新型スープラ。兄弟車となるBMW新型Z4は一足先に公開されています。2車のプラットフォームやエンジンなどの基本コンポーネンツは共通となりますが、サスペンションやエンジンのチューニングはトヨタとBMWでそれぞれ別に行われます。

センチュリー【フルモデルチェンジ】

トヨタ新型センチュリー

センチュリーは1967年に日本国内専用車として、官公庁・企業の公用/役員車として企画され1997年に2代目となり、今回21年ぶりのフルモデルチェンジで3代目となります。

トヨタ新型センチュリーは、2017年10月に開催された「東京モーターショー2017」で初公開されました。

エクステリアは初代センチュリーの威厳を感じさせる特徴的なデザインを残しつつ、インテリアは後部座席のラグジュアリーは豪華でありながら、その心臓部にはハイブリッドエンジンを搭載する最新技術に支えられた現代車となっており、日本最高峰の最高級乗用車の地位を継承しています。


新型センチュリーは2018年6月22日に発売開始。注目の新車車両価格は1,960万円と、国産最高級のショーファーカーにふさわしい価格となりました。

シエンタ【マイナーチェンジ】

クラストップの燃費性能と、コンパクトながら3列シートという高い実用性で人気のトヨタ シエンタ。2018年9月11日のマイナーチェンジで、2列シート車がラインナップしました。

2015年7月のフルモデルチェンジ以降、マイナーチェンジや一部改良が行われていませんでしたが、今回アウトドアユーザーもターゲットとした2列5人乗り「FUNBASE」を設定。2列目シートを倒せば、26インチのマウンテンバイク2台を積むことができます。

もとから優秀だった燃費性能に関しては大きな変更はありませんでしたが、それでもJC08モード燃費 28.8km/L(ハイブリッドモデル)という数値。使い勝手や経済性は文句がないでしょう。

トヨタの新型車・モデルチェンジ全情報について

レクサス 注目の新型車・新車情報

レクサスから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

ES【復活フルモデルチェンジ】

レクサス 新型ES

レクサスは2018年4月に開催された「北京モーターショー2018」にて新型ESをワールドプレミアしました。

「GA-K」プラットフォームを採用したボディは重心が低く、スポーティーな走りが実現できるでしょう。フロントグリルはレクサスのアイデンティティーであるスピンドルグリルが目を引き、新しいレクサスの1台であることがわかります。

さらに、量産車としては世界初となるミラーレス(電子ミラー)を採用。トヨタは、通常のドアミラーよりも、鮮明で見やすく、目線の移動も少ないなど多数のメリットを上げています。

日本国内では2018年10月に発売を予定しています。

UX【新型車】

レクサス新型UX250h F SPORT

レクサスは2018年3月6日「ジュネーブモーターショー2018」にて、新型コンパクトSUV「レクサス新型UX」をワールドプレミアしました。

新型UXのコンセプトは「Creative Urban Explorer(クリエイティブ アーバン エクスプローラー)」。ボディサイズも現行の最小SUV「NX」よりもさらに小さく、都会派のコンパクトクロスオーバーとしてデザインされています。

レクサス新型UXの日本発売日は、2018年冬と公式発表されました。

レクサスの新型車・モデルチェンジ全情報について

ダイハツ 注目の新型車・新車情報

ダイハツから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

ミラトコット【新型車】

ダイハツ ミラトコット

ダイハツ新型ミラトコットは、2018年3月で販売が終了した「ミラココア」の後継モデルとして登場しました。
新型ミラトコットはシンプルで「ココア」のような可愛らしいデザインに多彩なカラーバリエーションが売りのエクステリアとなっています。
プラットフォームは、先にフルモデルチェンジした「ミライース」と同じ「Dモノコック」となり、性能や安全性が向上されました。

タント【マイナーチェンジ】

ダイハツ DN U-SPACE

ダイハツ タントのモデルチェンジは、当初2018年内と予想されていましたが、2019年1月になるという予想および、フルモデルチェンジではなくマイナーチェンジとなる可能性が高まっています。

フルモデルチェンジについては、ダイハツが「東京モーターショー2017」コンセプトカーとして出展した「DN U-SPACE」が新型タントとしてデビューするという予想がありましたが、現行モデルの意匠を継ぎながら、フルモデルチェンジ前最後のマイナーチェンジが行われるとの見方が最有力です。

新型タントはマイナーチェンジにより、先進安全装備「スマートアシスト」のバージョンアップや燃費性能向上などの、機能改善がなされる可能性が高いでしょう。

コペン GR【新モデル追加】

ダイハツ コペン(現行車)

ダイハツ現行コペンは、ボディの着せ替えができるという画期的なアイデアを持って登場し4年が経過しましたが、その販売台数が伸びず苦戦を強いられています。

その打開策として噂されているのが「コペンGR」計画です。
親会社のトヨタが展開するスポーツブランド「GR」からコペンを発売すると噂されていますが、コペンのエクステリアを残したデザインでダイハツから「コペンGR」として発売するのか、コペンをベースとした新しい車としてトヨタから発売するのかなど詳細はまだ不明です。

ダイハツの新型車・モデルチェンジ全情報について

日産 注目の新型車・新車情報

日産 ロゴ

©Shutterstock.com/FotograFFF

日産から2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

ジューク e-Power【フルモデルチェンジ】

現行ジューク

日産のコンパクトSUV「ジューク」は、2010年のデビュー以来マイナーチェンジはあるものの、パワートレインの刷新も望まれる時期でもあり、フルモデルチェンジの噂が聞こえてきています。

コンパクトSUVは、トヨタ「C-HR」・ホンダ「ヴェゼル」スバル「XV」といった激戦区であり、その中でフルモデルチェンジとなればこの時代に求めらているパワートレインとなれば「e-POWER」の可能性が高いでしょう。

2018年後半に登場すると予想されていますが、まだ日産からの確かな情報はありません。

シルビア【復活フルモデルチェンジ】

日産シルビア S13

日産シルビアはスポーツ走行用のベース車両として、走り屋の峠仕様など人気にある車でしたが2002年に生産が終了しました。

2017年の「東京モーターショー2017」にて新型シルビアが公開されると期待されていましたが実現されず、2018年に再び復活されるのではないかという話が浮上してきました。
そのパワートレインには「e-power」を搭載するのではないかと噂されてきましたが、新たに世界初の量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」が導入されるのではないかと言われており、今後の日産からの発表に期待されます。

日産の新型車・モデルチェンジ全情報について

スバル 注目の新型車・新車情報

スバルから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

フォレスター【フルモデルチェンジ】

新型フォレスター発表会

新型フォレスター 発表会

© Rosazzurro

スバル新型フォレスターは、2018年3月29日「ニューヨークモーターショー2018」にてワールドプレミアをむかえ、日本では7月19日に発売が開始されました。

2.5Lガソリンエンジンモデルが先にデビューし、マイルドハイブリッドモデル(水平対向エンジン「e-BOXER」)が9月14日より発売開始。ターボモデルはラインナップされませんでしたが、マイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車は、モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能を高めています。

もちろん、スバル伝統的駆動方式「シンメトリカルAWD」を存分に活かせる、3種類の走行モード切り替え機能「X-モード」を搭載。あらゆる路面状況に適したトルク配分に切り替え、悪路で高い悪路突破性を実現しています。

アセント【新型車】

スバル新型アセント

スバル新型アセントは、北米市場のファミリー層をターゲットとした3列シート(7人 / 8人乗り)で、スバルのラインナップではもっとも大きなボディサイズです。
新型アセントは2017年11月開催の「ロサンゼルスモーターショー2017」でワールドプレミアされ、2018年の夏に受注を開始しています。

日本での発売はまだ未定ですが、アメリカンサイズのボディは日本の道路/駐車場では持て余すことになり、ユーザーに受け入れられるかがポイントとなるでしょう。

日本発売の可能性について、以下の記事で詳しく検証しています。
気になる方はぜひ、チェックして下さい。

スバルの新型車・モデルチェンジ全情報について

マツダ 注目の新型車・新車情報

マツダから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

アクセラ【フルモデルチェンジ】

マツダ新型アクセラ 予想レンダリングCG

マツダは2017年10月に開催された「東京モーターショー2017」に、
コンセプトカー「魁CONCEPT(コンセプト)」を出展しましたが、次期アクセラではないかと噂されていました。
新型アクセラには、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」の搭載と、次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用する予定です。
ワールドプレミアは、2018年11月の「ロサンゼルスモーターショー2018」になる可能性が高いでしょう。

CX-8【新型車】

新型マツダ CX-8 XD L Package

2017年12月14日に発売開始となった3列シーのクロスオーバーSUV「マツダ新型CX-8」は、多くのバックオーダーを抱える人気車種です。
このマツダ国内SUVフラッグシップである「新型CX-8」にさらなる選択肢が増えました。
受注に中で40%を占める最上級グレード「XD L Package」に2列目をベンチシートとした7人乗り仕様が追加設定されました。
6月14日から発売開始され、最上級グレードの受注比率がさらに向上すると予想されます。

マツダの新型車・モデルチェンジ全情報について

スズキ 注目の新型車・新車情報

スズキから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

ジムニー/ジムニー シエラ【フルモデルチェンジ】

スズキは2018年7月に「ジムニー」「ジムニーシエラ」のフルモデルチェンジを発表しました。

ジムニーは1970年に登場した「クロカン4WD」の軽自動車として、48年目となるロングセラーで、今回のフルモデルチェンジにて4代目となる新型ジムニーも発売前から噂が絶えず、その人気は衰えることを知りません。

新型ジムニーは、初代ジムニーの面影のある丸目ヘッドライトが特徴。スクエアボディは小型車らしからぬタフな印象で、オフロードモデルさがアップしています。

ラダーフレームリジットアクスルなどの伝統はそのままに、「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめとした安全装備が追加されている点もポイントです。

ソリオ【マイナーチェンジ】

現行ソリオバンディッド ハイブリッド

スズキ ソリオは2015年8月にフルモデルチェンジされ、高い人気を誇っていますがすでに3年が経過しました。
そのソリオが2018年8月にマイナーチェンジにて「新型ソリオ」として登場するとの予想です。
新型ソリオには、現行ソリオに搭載されている予防安全装備に「後方誤発進抑制機能」と「全方位モニター用カメラ」が追加されると予想されています。

スズキの新型車・モデルチェンジ全情報について

ホンダ新型車/新車モデルチェンジ最新情報

ホンダから2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

N-VAN(エヌバン)【新型車】

ホンダ新型N-VAN(ティザー)

ホンダは2018年7月13日、ホンダN-VAN(エヌバン)の発売を開始しました。
全タイプ4ナンバー軽貨物車なので自動車税の負担が軽減され、商用だけではなく趣味やファミリーユースとしても利用できる多様性を極めた車で、用途に合わせた以下4モデルがラインナップしています。

「G」:プロの道具として機能性を追求したベーシックモデル
「L」:機能美を磨いたスタンダードモデル
「+STYLE FUN」:仕事とレジャーに大活躍のファミリーユース
「+STYLE COOL」:ロールーフでスタイリッシュ、タウンユースにぴったり

CR-V【復活・フルモデルチェンジ】

ホンダ新型CR-V

2018年8月30日ホンダ新型CR-Vが2年ぶりに日本で復活、フルモデルチェンジモデルとして発表されました。ガソリンモデルは8月31日に、シリーズ初のハイブリッドモデルは11月1日に発売です。

新型CR-Vは、デザイン、プラットフォーム、パワートレーンなどすべてを刷新。パワートレインは1.5Lターボ ガソリンエンジンと、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載した2.0Lハイブリッドエンジンをラインナップしました。さらにガソリンモデルは3列シート車も選ぶことができます。

インサイト【復活フルモデルチェンジ】

ホンダ新型インサイト

ホンダは2018年3月開催の「ニューヨークモーターショー2018」で「新型インサイト」をワールドプレミア。日本発売は2018年冬と発表されています。

3代目となる新型インサイトのパワートレインには、1.5L直列4気筒ガソリンエンジン+2個のモーターを搭載した「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。燃費は23.4km/Lを達成しました。

NSX【マイナーチェンジ】

ホンダ NSX 新型改良モデル ティザー

ホンダは2018年8月24日、同社のスーパーカー「NSX」の新型・改良モデルをホームページ上で先行公開しました。新型NSXの発売日に関して、ホームページ上では「この秋登場」としています。価格やエンジンなどの詳細スペックの変更点は今のところ明らかになっていません。

ホンダの新型車・モデルチェンジ全情報について

三菱 注目の新型車・新車情報

三菱から2018年に発表/リリースが予想される新型車・新車モデルチェンジについて紹介します。

デリカD:5/D:6【マイナーチェンジ】

三菱新型デリカD:5(スパイショット)

三菱デリカ D:5は2007年の登場以来のロングセラーで、2018年5月にビッグマイナーチェンジが噂されていましたが、一部改良にとどまりました。
このことから「次回はフルモデルチェンジになる」との予想もありましたが、年内はビッグマイナーチェンジとなる可能性が高いです。

当初、フルモデルチェンジにより車名がD:5からD:6に変わるのか、まったく別の車名になるのかという議論もありましたが、一旦はマイナーチェンジにより新型D:5が発表となるでしょう。また、フルモデルチェンジの際は、日産 エルグランドと共同開発となる可能性もあります。

パジェロミニ【フルモデルチェンジ】

三菱パジェロミニは、軽SUVとして1994年に登場し18年間のロングセラーを続けていましたが、2012年にその生産を終了しました。
そのパジェロミニが、NMKY(日産と三菱の両社が出資しあって設立したジョイントベンチャー企業)によって開発が進めらており、新型パジェロミニとして2018年に復活するとの予想です。
新型パジェロミニについての詳細はまだ不明ですが、その登場は2018年もしくは2019年でしょう。

ミラージュ【フルモデルチェンジ】

三菱 ミラージュ 5代目

三菱の新型車・モデルチェンジ全情報について

次のページ

この記事の執筆者

Rosazzurro編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなRosazzurro編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

https://vy-doctor.com.ua

Предлагаем вам со скидкой Винстрол купить у нашего менеджера.
Наш интересный интернет-сайт про направление американская фондовая биржа.