初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【日産新型セレナe-POWER本日発表】フジモンとミキティーが登場 !

日産新型セレナe-POWERは、最も注目を浴びるミニバンの一つです。今回、e-POWER搭載にともない燃費はどう変わるのでしょうか。実際の試乗模様やゲストにフジモンこと藤本 敏史さん(FUJIWARA)やミキティーこと藤本 美貴さんが登場した発表会の模様をお届けします。

おすすめ関連記事

新型セレナe-Powerの詳細はこちら

【日産新型セレナe-POWER 最新情報】発売開始!スペックや燃費と価格は?

日産新型セレナe-POWERが発表会でお披露目 !!

日産自動車は、新型セレナe-POWERを2月28日に発表し、3月1日より全国一斉に発売すると発表しました。

セレナは1991年の発売以来、「楽しい思い出をつくり続ける”家族”のミニバン」として好評のミニバンです。

今回は、電動パワートレインのe-POWERを搭載した新型セレナ 発表会の様子をお届けします。

新型セレナe-Powerとe-Powerの仕組みなどについて詳しくはこちら

日産自動車株式会社 専務執行役員 星野 朝子氏のコメント

専務執行役員 星野 朝子氏

今回の日産新型セレナe-POWERは、2016年にノートに初搭載し、力強い走行性能や高い静粛性とアクセルペダルの加減速を意のままにおこなうことができる「e-POWER 」モデルとなります。

新型セレナe-POWERのデザイン面では、フロントグリルをはじめ、エクステリアやインテリアの随所に「e-POWER」を象徴するブルーアクセントが施されています。

もちろん、プロパイロットなどの日産が誇る先進技術を搭載しており、「ニッサン インテリア モビリティ」を具現化したモデルと言えます。

さらに、新型セレナe-POWERの発表を記念し、日産グローバル本社ギャラリーにて「家族史上、最高写真展」を2月28日から3月14日まで開催しています。

日産新型セレナ チーフマネージャー 町田修一氏のコメント

チーフマネージャー 町田氏

今回のセレナは、「家族のためのミニバン」や「最高に出かけたくなる車」として、日産の技術をすべて盛り込んだモデルです。

新型セレナe-POWERの特徴は主に4つとなります。

① アクセル通りのすっと発進スムーズ加速
ミニバンではアクセルレスポンスがポイントとなり、e-POWERを使うことでスムーズな加速が可能です。

② e-POWERDriveによる楽な運転操作
ノーマルモード、ECOモード、Sモードと走行シーンに合わせて選ぶことができます。

③ 会話が弾む、 1クラス上の静かな室内空間
市街地でも郊外でも新機能のチャージモード(エンジン)とマナーモード(モーター)を切り替えることによってエンジン音のON/OFFができ、周囲への音に関する配慮が可能です。

④ お出かけが増えても大丈夫 !クラスNo1の低燃費
JC08モード燃費で「26.2km/L」という数値を達成しています。

このような要素をふまえて、新型セレナは「家族史上、最高でかけたくなる。」コミュニケーションワードとしてユーザーのみなさまにお届けしてまいります。

日産新型セレナe-POWERのエクステリア(外装)

日産新型セレナe-POWERの正面

日産新型セレナe-POWERの横面

日産新型セレナe-POWERの後面

日産新型セレナe-POWERのホイール

日産新型セレナe-POWERのエンジン

日産新型セレナe-POWERのインテリア(内装)

藤本敏史氏(FUJIWARA)と藤本美貴氏が登場

藤本敏史氏と藤本美貴氏の登壇の様子

最高なパパ代表の藤本敏史氏(FUJIWARA)と最高なママ代表の藤本美貴氏がゲストとして登場しました。

今回のテーマとなる「家族史上最高の写真」を両者ともにエピーソードを交え披露しました。

日産新型セレナe-POWERに試乗した際のエピーソードでは、藤本敏史氏は「まるで魔法の絨毯に乗ってるみたいですごく乗りやすい」とコメント。

藤本美貴氏は「車内が広く3列目も大人にも余裕があるので長距離ドライブでも楽だと思います。それに、すごく静かなので家族の会話が弾む、家族にてとって最高の車ですね。」と語りました。

藤本敏史氏と藤本美貴氏のフォトセッション

新型セレナe-POWERにちょこっと試乗 !

新型セレナe-POWERの試乗風景

今回、メディア向けに簡単な試乗機会がありました。

「e-POWER Drive」特有の力強い加速感やアクセルペダルを離すだけで減速する感覚を体感できました。

マナーモードでのモーター走行にでは、エンジン音は皆無で車内での会話も声を張ることなくできるなど静粛性の部分でもおどろきがある試乗となりました。

日産新型セレナe-POWER(e-パワー)について

日産車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

金子 高志この執筆者の詳細プロフィール

1987年7月13日神奈川県逗子生まれ。 自動車イベントのプロデュース・ディレクションや自動車専門誌の営業経験を経て、現在はRosazzurro編集長 兼 ディレクター。 「クルマ業界が盛り上がる」をテーマに様々な角度から情報を発信予定。...

http://progressive.com.kz

настольные весы харьков

дешевые интернет магазины с бесплатной доставкой