初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

【ポルシェ新型カイエン最新情報】発売日は7月21日!PHVモデル追加で価格や性能は?

スポーツカーのスタイリッシュさと加速性能を併せ持つポルシェ カイエン。ついに新型カイエンの日本発売日が決定しました。新型にフルモデルチェンジした最新モデルには、PHVモデル「カイエン Eハイブリッド」もラインナップ。フルモデルチェンジの外装・内装デザイン、パワートレインや燃費、価格などの変更点をご紹介します。

【最新情報】ポルシェ新型カイエン 7月21日に日本で発売

プレスカンファレンスでの新型カイエン

ポルシェ カイエン

© Rosazzurro

2018年はポルシェ生誕から70年のメモリアルイヤー

ポルシェ 70周年記念 プレスカンファレンス

© Rosazzurro

2018年5月28日、ポルシェ生誕70年を記念するイベントにて、新型カイエンの日本発売日が7月21日と発表されました。新型カイエンは2017年に発表され、日本でも東京モーターショー2017で公開されました。事前受注期間を経て、今回正式に日本で発売となります。

70周年記念イベントで、ポルシェは2025年までに全モデルラインナップの50%を電動化すると発表。さらに、完全EVスポーツ「ミッションE」を2020年に日本でも発売することを明言しました。

新型カイエンにもノーマル、ターボに加えて、PHVの「Eハイブリッド」がラインナップすることが決定しています。日本発売のラインナップはまだ不明ですが、ポルシェの電動化計画の一翼を担うモデルとなることは確実でしょう。将来的にはカイエンの完全EVがデビューする可能性もあります。

ポルシェ カイエンの3代目となる新型モデルについて詳しくご紹介していきます。

展示されていた新型カイエンの実車

ポルシェ カイエン

© Rosazzurro

全高が下がり、ポルシェらしい流線型のシルエットに

ポルシェ カイエン

© Rosazzurro

リアガーニッシュと一体化したテールランプは先進的な印象

ポルシェ カイエン

© Rosazzurro

日本発売が決定したポルシェ ミッションについてはこちら

ポルシェ新型カイエン 東京モーターショーにて日本初公開&受注期間はすでに終了

2017年8月30日(現地時間29日)、ドイツ・シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンのポルシェ本社にて、フルモデルチェンジしたポルシェ新型カイエンが世界初公開されました。

次いで10月25日、東京モーターショーのプレスカンファレンスにて、ポルシェ新型カイエンの日本での価格と受注も正式に発表されました。

さらに2017年12月16日より、新型カイエンの予約受注が日本全国のポルシェ正規販売店にて開始。新型カイエンの全ラインナップ「カイエン」「カイエン S」「カイエンターボ」が同時に受注開始となりました。

ポルシェ新型カイエン ターボ フランクフルトで発表

カイエンS

2017年9月12日開催のフランクフルトモーターショーにて、新型カイエンのトップエンドモデルであるカイエンターボが発表されました。

カイエンターボはパワフルなドライブと快適なシャシーシステム、アクティブエアロダイナミクスを採用しており、スポーツカーのドライビングダイナミクスを実現。
搭載される4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンの最大出力は550馬力で100km/hまで4.1秒(「スポーツクロノパッケージ」の場合は3.9秒)で加速し、最高速度は286km / hに達します。

トランスミッションは新型の8速ティプトロニックSで駆動方式はフルタイム4WDシステムの「PTM(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)」となっています。
2017年末にヨーロッパ市場へ投入されており、ドイツでは138,850ユーロ(日本円に換算して1,830万円)です。

PHVのポルシェ新型カイエン Eハイブリッドの詳細が発表

新型カイエン Eハイブリッド

2018年4月5日、ポルシェは新型カイエンのPHV(プラグインハイブリッド)である「Eハイブリッド」の詳細を発表しました。

新型カイエン ハイブリッドは、先代カイエンのPHVよりさらに進化したパワートレインを搭載し、2018年5月下旬に欧州で発売開始となります。

現在、全ての車種におけるディーゼルモデルを保留としているポルシェ。
ディーゼルに代わるモデルに据えるべく、ハイブリッドの完成度を高めてきています。

PHVモデルのポルシェ新型カイエン Eハイブリッドについてはこちら

ポルシェ新型カイエンフルモデルチェンジの主な変更点まとめ

新型カイエンは全てを新開発

今回のフルモデルチェンジで新型カイエンは、「全てを新開発した」とされています。
主な変更点をまとめると以下のとおりです。

・外装デザインの強化
・新8速ティプロトロニックSトランスミッションの採用
・新開発された2種類の6気筒エンジンの採用
・アクティブ制御された4WDシステムの標準採用

ポルシェ新型カイエンの走行動画が公開!

ポルシェ新型カイエンが山道を走っている様子が公開されています。
動画から特徴的なテールランプデザインの詳細がわかります。

ポルシェ新型カイエンがアグレッシブに走る様子から、新型カイエンはSUVでありながら、本格的なスポーツカーであるということを感じさせられます。

新型カイエンの外装・エクステリアデザイン

新型カイエンの外装・エクステリアデザインは、スポーツカーであるポルシェ911からなる「ポルシェのDNA」を受けつぎながらも今回のフルモデルチェンジで一新され、さらなる強化が図られています。

ホイールベースの変更はなく、エクステリアが63mm延長され、全高が9mm下げられていることで、カイエンの流線型の印象を強調しているとのこと。
(全長:4,918mm 全幅:1,983mm 全高:1,696mm)

ホイールにはトップモデル専用の標準装備の21インチターボ ホイールが採用されています。
タイヤのサイズに関しても、フロントが285/40、リアが315/35と前後で別々のサイズのものが搭載されています。
前後でサイズ別のタイヤを採用することはスポーツカーでよく見られることで、前後方向と横方向の動力の伝達を向上することを意図した設計です。

さらに、ヘッドライトにはLEDが標準装備されます。

新型カイエンの内装・インテリアデザイン

新型カイエンの内装についても今回のフルモデルチェンジで一新され、総合的なコネクティビティを備えた革新的なディスプレイとコントロールコンセプトが採用されています。

また、ラゲッジの容量は先代モデルより100L多い、770Lとなっています。

新型カイエンのスペック・パワートレイン・性能の変更点

カイエンとカイエンSの2種類を発売

新型ポルシェ カイエンは「カイエン」と「カイエンS」の2種類で発売されます。

「カイエン」は3L 6気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力250kW(340PS)、最大トルク450N・mを発生。標準モデルではありますが、0-100km/h加速は6.2秒を誇ります。

さらに上位モデルとなる「カイエンS」については、新開発の2.9L V6ツインターボエンジンを搭載。先代のカイエンSを上回る最高出力324kW(440PS)、最大トルク550N・mを発
生し、0-100km/h加速タイムは5.2秒を誇ります。
さらに、最高速度は265km/h。

また、アクティブ制御された4WDシステムの標準採用し、新たに8速ティプロトロニックSトランスミッションを採用しています。
エアロダイナミクスに関してもアクティブエアロダイナミクスが採用されており、速度などに合わせてアクティブに制御されます。
電子制御式3チャンバーエアサスペンションや前後でサイズの異なるタイヤ、新しい高性能ブレーキなどの最新の技術を幅広く搭載しています。

オンロード性能がさらに向上されただけでなく、オフロード性能も同時に強化されているとのこと。

新型カイエンPHVモデル

新型カイエンにはPHV(プラグインハイブリッド)モデルが追加されることが明らかになっています。
スペックの詳細は発表されていませんが、すでにプロトタイプの耐久テストの様子が公開されており、発売までそこまでの時間は要さないことが予想できます。

新型カイエンの燃費は?

燃費については8月30日の発表では公表されていません。

参考値として、2代目カイエンの燃費性能については以下のとおりです。

「7.4〜11.0km/L(JC08モード)/5.5〜14.0km/L(10・15モード)」

新型カイエンの価格は?

気になる新型カイエンの日本での価格についてですが、発表当初、日本での価格については未発表でしたが、2017年10月25日付けで東京モーターショーにプレスカンファレンスにて発表されました。

発表された価格は以下のとおりです。

ちなみに、欧州での価格はカイエンが「約948万円(74,828ユーロ)」、上位モデルとなるカイエンSが「約1210万円(91,964ユーロ)」となっています。

ポルシェ 新型 カイエン 日本価格
カイエン976万
カイエンS1,288万
カイエンターボ1,855万
[単位]円(消費税込み)

東京モーターショー2017にて発表された新型カイエンの予約受注は、12月16日から開始されます。
左ハンドルモデルの予約受注は12月16日(土)~2018年1月15日(月)の期間限定です。

新型カイエンの安全装備は?

新型カイエンにはアダプティブルーフスポイラーと新しい高性能ブレーキの両方を採用しています。
アダプティブルーフスポイラーは、そのポジションを走行時にアクティブに変更することで運転時の最適化やダウンフォースを増加させたりすることが可能です。
中でもエアブレーキポジションでは、高速走行時の制動距離の短縮を実現。
250km/h走行時からフルブレーキングした場合、アダプティブルーフスポイラー非装備のSUVとくらべて、最大2メートル手前で停止することができます。

【おさらい】ポルシェカイエンってどんな車?

カイエンは、ドイツの自動車メーカー・ポルシェが製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
ポルシェ初のクロスオーバーSUVとして、2002年に発売されました。
ただし、ポルシェはカイエンを「新しい形のスポーツカー」と位置付けており、クロスオーバーSUVという表現を使用していません。

2代目である現行モデルには、4.8L V8ツインターボエンジンを搭載したモデル「カイエン・ターボS」があり、0-100km/h加速が4.1秒、最高速度は284km/hにも達します。
それでいて、SUVのオフロード走破性能を併せ持つカイエンは、まさに「新しい形のスポーツカー」だと言えるでしょう。

車名のCayenneは、カイエン種(カイエンペッパー)のトウガラシに由来しています。

現行型カイエン新車販売価格:859~2,235万円

ポルシェ 新型カイエンに期待!

スポーツカー並みの走行性能とオフロード突破性能をどちらも兼ねそなえる、「SUVスポーツカー」という新たなジャンルを開拓したポルシェ カイエン。
3代目となる新型カイエンにも期待が持てますね!

ポルシェ カイエンに関するおすすめ記事!

ポルシェの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

その他の注目の高級SUVはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのRosazzurroライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。Rosazzurroでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
https://baly.com.ua

www.kinder-style.com.ua

https://www.ry-diploma.com