MENU
初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]
 

日産新型リーフがフルモデルチェンジして公開!発売日は10月で価格&航続距離は?

2010年に発売された本格的な市販電気自動車の先駆けであるリーフが、2017年9月6日にフルモデルチェンジして発表されました。新型リーフのe-pedal(イーペダル)などの最新技術や航続距離、自動運転、外装、内装デザインから価格と発売日までお伝えしていきます。

【最新情報】日産 リーフ ワールドグリーンカー賞を受賞

日産 リーフがワールドグリーンカーを受賞しました。

ワールドグリーンカーはワールドカーオブザイヤーの一部門で、もっとも環境性能に優れた車に賞を授けます。

ワールドグリーンカーの選出はカーオブザイヤー同様、まず候補者が3台選出されます。
2018年度は3月初旬に行われたジュネーブモーターショーにて「BMW 530e iPerformance」「クライスラー パシフィカハイブリッド」そして「日産 リーフ」が最終候補として発表されました。
そして3月28日、ニューヨークモーターショー(*)にて「日産 リーフ」の受賞が発表されました。

(*)正式名称は「New York International Auto Show(ニューヨークインターナショナルオートショー)」。プレスデーは3月28日および29日、一般公開日は3月30日から4月8日まで。(日付は現地時間)

ニューヨークモーターショーについてはこちら

日産リーフを買うとソーラーパネルを無料設置するキャンペーン開始

日産自動車と日本エコシステムが、日産 リーフの購入者の自宅に太陽光パネルを無料設置するキャンペーンを開始しました。
日産 リーフの購入および「じぶん電力」を契約した方を対象に、自宅(戸建て)に太陽光発電システムを無料設置を行います。

「デイタイムアシストプラン」のEVセット割引や、先着80名限定で3ヵ月間の電気料金が無料になる特別キャンペーンなども利用でき、日産 リーフと太陽光パネルによるエコなライフスタイルをお得に実現できます。

東京オートサロンに日産 リーフのカスタムカーが出展

リーフ Grand Touring Concept

リーフ NISMO Concept

BLITZ LEAF

東京オートサロン ブリッツ BLITZ LEAF

出典:

東京オートサロン2018にて、リーフのカスタムコンセプトカーが2台出展されるています。

リーフ Grand Touring Conceptは「グランドツーリング」のエッセンスを加えた、ブラック&マットシルバーのツートンカラーやロー&ワイドなスタイリングが印象的なモデルです。

リーフ NISMO ConceptはNISMOブランドによるEVコンセプトモデルということで、電動駆動の特性を活かした瞬発力の高い加速フィールを楽しめます。

カスタムメーカーのBLITZからは、未来の車への提案として、電気自動車 日産 リーフのカスタムカー「BLITZ LEAF」が展示されます。

東京オートサロン2018は1月21日から14日まで開催されています。

東京オートサロンについてはこちら

東京オートサロンのコンパニオンについてはこちら

リーフNISMOについてはこちら

日産 新型リーフ フルモデルチェンジが9月6日に公開!

日産が2017年9月6日にゼロ・エミッション車、新型「日産リーフ」を初公開しました!

新型「日産リーフ」は、ゼロ・エミッションである事に加え、電動パワートレインならではのパワフルな加速、そして低重心を活かした軽快なハンドリングを実現し、さらに進化した自動運転技術を始めとする先進技術を合わせ持つ、「技術の日産」の粋を結集したクルマと発表されています。

本記事では「ニッサン インテリジェント モビリティ」を牽引する新型リーフに搭載されるプロパイロットやe-Pedalの最新技術や航続距離などの最新情報をお伝えしていきます。

新公開された新型日産リーフのCM

日産 新型リーフがついに生産開始!

日産 リーフ 生産開始

©Youtube

日産が誇る新型EV車「リーフ」がついに日産追浜工場にて生産が開始したことがラインオフ式にて発表されました。
ゼロ・エミッションを目標に開発された「リーフ」は、モーターの持ち味でもあるパワフルな加速に磨きをかけて新たに新型「リーフ」してデビューしました。
さらに、日産の進化した自動運転技術も搭載されています。

初めて新型リーフが発表されて約10日で受注台数がすでに4000台を超えていることが判明しました。
2000~3000台だった月販目標台数を上回るこの結果に西川社長は「予想をはるかに上回るもの」とコメントしました。
そして本イベントでは日産のグローバル累計生産台数1億5,000万台達成したこともアナウンスされ、新型リーフはその1億5,000万台目の生産車だったそうです。

日産リーフ生産開始イベント動画

日産 新型リーフ フルモデルチェンジの主な変更点まとめ

・最先端のe-パワートレインにより航続距離が400kmに
・ドライバーの運転時の負担を軽減するe-Pedal(イーペダル)を搭載
・プロパイロットを搭載
・進化した自動運転技術「プロパイロット パーキング」を搭載
・Vモーショングリルの採用と低重心でスリークなプロポーションを実現
・空間性と機能性を両立した内装を実現
・「Apple CarPlay」を搭載するなどコネクテッド技術の搭載

新型リーフの性能についてはこちらもチェック

東京モーターショー2017で公開されるリーフ ニスモ(NISMO)についてはこちら

日産 新型リーフの外装(エクステリア)デザイン

新型「日産リーフ」は低重心でスリークなプロポーション、そしてシャープでダイナミックなデザインを採用したと発表しています。
優れたエアロダイナミクスとともに、スリークなシルエットとクールで先進的な表現が、EVらしい爽快な走りを予感させる外装となっています。

フロントには、日産のデザインランゲージであるブーメラン型のランプシグニチャーや、Vモーショングリルを採用しています。
また、深みのあるクリアーブルーのフラッシュサーフェイスグリルや、リアバンパーのブルーモールディングなど、日産の電気自動車であることを表現した特徴を際立たせています。

新型日産リーフのボディーカラー

・ビターショコラ(P)/スーパーブラック2トーン
・タンジェリンオレンジ(PM)/スーパーブラック2トーン
・ソニックブルー(TPM)/スーパーブラック2トーン
・スオミブルー(PM)
・シャイニーブロンズ(PM)
・タンジェリンオレンジ(PM)
・ソニックブルー(TPM)
・ブリリアントシルバー(M)
・スーパーブラック
・ラディアント レッド(PM)
・ダークメタルグレー(M)
・ブリリアントホワイトパール(3P)

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのM...

下取りより平均16万円も高く売れる!
車の買替えは「一括査定」がお得

おすすめポイント

  • ディーラーの下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社からどこよりも高く売れる業者が分かる
  • たった1分で愛車の査定額がわかる

RANKING

PICK UP

CATEGORY

モバイルPC
pillsbank.net

www.best-cooler.reviews/best-lunch-cooler-personal/

инвестиционные фонды это