初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

トヨタ プレミオとアリオンがマイナーチェンジ!新型の改良・変更点や価格は?

シニア層に人気の姉妹車、トヨタ「プレミオ」と「アリオン」。手頃な価格と堅実なつくりが魅力の4ドアセダンです。そんな「プレミオ」と「アリオン」がマイナーチェンジを行うという情報を入手しました。この記事では、「プレミオ」と「アリオン」が行うマイナーチェンジの内容について、現時点での最新情報を基に紹介しています。

トヨタ プレミオ・アリオンが新型モデルへマイナーチェンジ!

トヨタが2016年6月に新型プレミオとアリオンを発売!

トヨタの「プレミオ」と姉妹車の「アリオン」が、新型モデルへのマイナーチェンジが行われ、2016年6月13日より、販売が開始されました。

この記事では、今回マイナーチェンジした、新型プレミオ・アリオンが行ったマイナーチェンジの内容を紹介しています。

トヨタのプレミオとアリオン!似てるけどどこが違うの?

トヨタ プレミオってどんな車?

5ナンバーセダンの完成形を目指し、日本の交通状況、駐車場事情に合わせて作られました。

新型の1.5L、1.8Lエンジンモデルの2種類が用意、トランスミッションCVTを組み合わせた環境性能が高い車です。兄弟車のアリオンと比べ、高級感のあるシア上りとなっています。バックモニターやスマートエントリー&スタートシステムなどが便利な機能が標準装備されます。

トヨタ アリオンってどんな車?

5ナンバーセダンの完成形を目指し、日本の交通状況、駐車場事情に合わせて作られました。新型の1.5L、1.8Lエンジンモデルの2種類が用意、トランスミッションCVTを組み合わせた環境性能が高い車です。

兄弟車のプレミオと比べ、スポーティなデザインとなっています。バックモニターやスマートエントリー&スタートシステムなどが便利な機能が標準装備されます。

トヨタの「プレミオ」は「コロナ」の後継車、「アリオン」は「カリーナ」の後継車として2001年に発売された5ナンバーセダンです。2007年に発売された現行型は、2代目となります。

両車は姉妹車であり、中身に関してはほぼ同じ車両といってもいいほどですが、プレミオはラグジュアリー、アリオンはスポーティーな方向性でデザインされているのが特徴です。

プレミオ・アリオン共にハイブリッドの設定はありませんが、優れた燃費性能を持ち、手頃な価格とシックなデザインも相まって、シニア層を中心に安定した人気があります。

新型プレミオ・アリオンのデザインは?

新型プレミオ・アリオンのエクステリア

新型プレミオおよび新型アリオンが6月13日より発売されました。マイナーチェンジによりフロントデザインが刷新され、高級感を増しました。

プレミオとアリオンのエクステリアにおける大きな違いはグリルデザインです。プレミオはメッキが豊富に使用され、迫力を与えています。一方アリオンは細かい落ち着いたグリルで万人受けするデザインとなりました。

フロントフェイスが新しくなり、より引き締まった印象になりました。

プレミオのリア・コンビネーションランプはCの字グラフィックでより現代的なデザインに、アリオンは6眼のストップランプによってスマートなデザインになりました。

選べるボディカラーも豊富で、全8色の中から選ぶことができます。ボディカラーは、プレミオ・アリオンともに8色が設定されており、うち5色は新色が採用されています。

新型プレミオ・アリオンの内装

インテリアでは、メーター照度コントロール機能付きのプティトロンメーターが採用されました。入ってくる光に合わせ、メーターの光度が見やすいように調整される事で、視認性が向上。

また情報を高解像度で表示する4.2インチのカラーTFT液晶を採用しました。

新型プレミオ・アリオンの価格は?

この新型プレミオ・アリオンの価格は、

プレミオ:190万~271万円

アリオン:189万~267万円

となります。デザインの刷新に加えて最新のメーターパネルや安全装置で、よりお買い得なコンパクトセダンになりました。

新型プレミオ・アリオンには「トヨタセーフティセンス」が搭載!

トヨタの最新安全装備

今回のマイナーチェンジで、プレミオ・アリオン共に安全装備がアップグレードされる予定です。

プレミオとアリオンの現行型には、自動ブレーキのような先進安全装備が搭載されておらず、高齢者に人気の車ということもあり、安全性能には少々不安が残ります。

しかし、新型プレミオとアリオンには、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が搭載され、安全性能が飛躍的に向上すると予想されています。

トヨタは2017年末までに現行ラインナップの全車に自動ブレーキを搭載するとしており、新型プレミオとアリオンも今回のマイナーチェンジで、自動ブレーキが搭載されるのです。

ただし、一部グレードのみのオプション設定ということなので、最廉価グレードには設定されない可能性が高いです。また、搭載されるタイプは「Toyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)」が採用されると言われています。

「Toyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)」は、トヨタが「実安全の追求」から生み出した新しい衝突回避支援パッケージです。安全運転をさまざまな方向からサポートするために、最先端の技術革新の成果を統合。

数多くの交通事故の統計を分析し、多くを占める事故に対応する3種の新しい安全機能をまとめました。また、高精度な検知センサーを新たに開発し、各機能の信頼性アップもはかりました。

「Toyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)」は、単眼カメラとレーザーレーダーを併せ持った検知センサーが特徴です。またそれをはかる統合的なコントロールによって、交通事故や衝突の被害を減らします。

単眼カメラでは、車はもちろんのこと、対向車のランプや白線などの遠くの対象物を検知。またレーザーレーダーでは近くの対象物を昼夜関係なく正確に検知します。2種の異なる特徴を持つセンサーが安全運転のサポートを行ないます。

新型アリオン、プレミオはマイナーチェンジでより魅力的に!

デザインの変更と安全装備の充実で、グレードアップ!

デザインやグレードの一新、「トヨタセーフティセンス」の搭載は、ビッグマイナーチェンジと言えます。このデザイン・性能でこの価格は非常にお買い得と言えるでしょう。

また、2017年にはフルモデルチェンジの噂もあり、今回のマイナーチェンジは、現行モデルのプレミオとアリオンにとって最後のマイナーチェンジと予想されています。

おすすめの関連記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
www.adulttorrent.org/search/sofia rose

транспортировка катеров

шторы фото