初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

日本国内でも自動運転車が公道に!国土交通省がついにテスラを許可へ!

ついに日本国内でも自動運転車が公道で走れるようになるみたいです。国土交通省がテスラモータース、モデルSの自動運転機能「オートパイロット」を許可するようです。テスラモーターズの自動運転機能に関して、機能や問題点などご紹介します。

1月15日にもテスラの自動運転機能を許可へ

-

日本以外の海外では既に実用化されている

昨年にテスラモーターズから正式発表されたこの自動運転機能。2015年10月24日、テスラモーターズの代表、イーロンマスク氏のツイッターでは、「審査中の日本は除いてオートパイロット機能の許可が降りたので、すべての国でサービスを開始します。」とコメントしています。

テスラが申請した国のうち、日本以外の国は全て既に承認済みであり、公道にて実用化されています。

テスラ モデルSをアップデートすれば実装可能

現在テスラモーターズから販売されている車種のうち、高級セダンタイプの「Tesla Model S」をソフトウェア7.0のダウンロードを行えば自動運転機能「オートパイロット」が実用可能です。

あくまで、今回の自動運転機能はサブ的な機能であり、使うことが許されている場所も高速道路のみに限られてくるということです。(国土交通省からの正式な発表で確認しましょう。)

それでは現在「Tesla Model S」のオートパイロットで可能な自動運転をご紹介します。

テスラモーターズ オートパイロット機能紹介

オートステア:車の流れに合わせて自動運転

-

自動運転を有効にするとどうなるか。自動的に周囲の車の流れに合わせてスピードをコントロールし、ドライビングをしてくれます。

オートレーンチェンジ:指示に従って車線変更

方向指示器をタップすることで自動的に車線変更をしてくれます。

自動運転中にウインカーで指示すると、自動で安全を確認して車線を変更します。渋滞時などは使用ができないとのことです。

オートパーク:駐車スペースを自分で見つけて駐車

Model Sの自動駐車機能は非常に便利で、遠隔操作で空いている駐車スペースへ自動的に駐車します。また街中で縦列駐車が可能なスペースを見つけるとドライバーにお知らせする機能や、駐車する際はステアリングと加減速をコントロールしてスムーズに駐車をサポートしてくれます。

-

自分で空いている駐車スペースを探し、縦列駐車もお手の物です!無人で駐車場(自宅ガレージ)から、出入りも可能のようです。

安全機能は標準装備

安全機能は標準で実装されており、一時停止標識や信号、通行人や危険な車線変更など、警告するとともに、緊急時には停止させます。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!
https://rs-clinic.com.ua

Сустанон купить

Buy Testosterone cypionate online