初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

HV・PHEV・PHV・FCV・EVとは?意味やメリットと代表車種についても

エコカー「HV・PHEV・PHV・FCV・EV」の意味や違いを解説します。メリットや代表車種についても詳しく説明。ハイブリッドカー、プラグインハイブリッドカー、電気自動車、燃料電池車に加え「第三のエコカー」についても。エコカーはついにエンジンからモーターの時代へ?

エコカーの分類は大きく4系統

一口にエコカーといっても、その分類は大きく分けて、「HV」「PHEV・PHV」「FCV」「EV」の4種類が存在します。それぞれの正式名称は下記の通りです。

 ・HV(Hybrid Vehicle)・・・ハイブリッドカー
 ・PHEV・PHV(Plug-in Hybrid Vehicle)・・・プラグインハイブリッドカー
 ・FCV(Fuel Cell Vehicl)・・・燃料電池車
 ・EV(Electric Vehicle)・・・電気自動車

正式名称なら聞いたことがあるという方もいるかもしれませんね。以降は、各エコカーについて詳しく掘り下げていきます。

【HV】ハイブリッドカー|エンジン+モーターで走行

HV(ハイブリッドカー)は、現在日本で最も普及しているエコカーです。「ハイブリッド」には、「異質なものが組み合わさった複合型」という意味があるように、HVはガソリンで動くエンジンと、電気で動くモーターが複合された仕組みとなります。

ハイブリッドシステムの中にもいくつか種類が存在します。例えば、エンジン駆動が主体で発進・低速時などでモーターがアシストするタイプや、場面に応じてエンジン駆動とモーター駆動とで切り替えを行うタイプなど。これらに共通して言えるのは、エンジンとモーターを効率よく使い分け、低燃費を実現しているという点です。

ハイブリッドカーのメリット:コストバランスがよい

ハイブリッドカーのメリットは、維持費と車体本体価格のコストバランスが取れている点にあります。

HVの燃料はあくまでガソリンであり、HV以外のエコカーには維持費では及びませんが、モーター駆動時はガソリンを消費せず航続距離も稼げるため、十分なレベルで維持費を節約できます。

一方車体本体価格は、他と比べて普及率の高いHVが比較的安価だといえます。また、車体本体価格や維持費だけでなく、HVにはエコカー減税とグリーン税制が適用されるため、地味に財布を圧迫する税金を節約することもできます。

ハイブリッドカーは他のエコカーと比べると先進性や維持費では劣りますが、メリットとデメリットのバランスが最も良いタイプでしょう。

代表車種:トヨタ プリウス

トヨタ プリウス

トヨタ プリウスは、世界初の市販ハイブリッドカーとして登場しました。「プリウス」には「先駆け」という意味が込められており、まさにハイブリッドカーの代表にはふさわしい存在ということです。

国産車の多くがハイブリッドシステムを採用しており、このほかの代表車種は、「日産 セレナ」、「ホンダ フィット」、「マツダ アクセラ」などが挙げられます。

ハイブリッドカーおすすめ人気ランキングはこちら

【PHEV・PHV】プラグインハイブリッドカー|外部電源から充電可能なHV

PHEV・PHV(プラグインハイブリッドカー)は、”外部電源から充電が可能になったハイブリッドカー”と表現するとわかりやすいと思います。最近では車種名に「PHEV」もしくは「PHV」と付く著名なモデルが台頭し始めており、世間の認知度も高まっています。

PHEV・PHVは、給油機能を残しながらも、外部電源からの充電と併せて使用できる点が大きな特徴です。モーターが補助的な役割にとどまるHVよりもバッテリー容量が大きいため、EV走行モードでの航続距離はエコカー随一です。

プラグインハイブリッドカーのメリット:航続距離が長い

プラグインハイブリッドカーのメリットは圧倒的な航続距離を筆頭に、HV以上の維持費などが挙げられます。モーター重視の機構なのでバッテリー容量が大きく、発電する機会がHVに比べて多いため、ガソリン代がより節約可能となります。

車体本体価格はHVよりも高いというデメリットはありますが、エコカー減税やグリーン税制はもちろん、CEV(クリーンエネルギー自動車)補助金が適用されます。

近年注目すべきは、PHEV・PHVの派生型として、「レンジエクステンダー」というシステムの研究・開発が進んでいることです。これは、エンジンのパワーをタイヤと直結せずに、専ら発電のために動力を使用するというもの。レンジエクステンダーのエンジンは総じて小排気量であり、一般的なレシプロエンジン以外にも、マツダでおなじみのロータリーエンジンや、航空機の動力源として使われるガスタービンエンジンも研究されています。

PHEV・PHVの派生版【レンジエクステンダー】についてはこちら

代表車種:三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEVは、世界初のSUV PHEVです。2013年に登場した、トヨタ プリウスPHVに次ぐ国産プラグインハイブリッド車でもあります。

モーター駆動でSUVの走破性が実現できるのか?という世間からの不安視をよそに、走りの質感やクロカン性能は、ガソリン駆動車に遅れをとりません。

アウトランダーPHEVは、2019年にマイナーチェンジが予定されています。従来の2.0Lエンジンから発電効率を高めるために2.4Lへ拡大され、外観デザインにも大きく手が加えられるとのことです。

プラグインハイブリッドカー全モデルまとめ記事はこちら

次のページ

www.diploma-home.com

www.best-cooler.reviews/category/arctic-ice/

https://granit-sunrise.com.ua