初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

そのワックスがけ、本当に正しい!? 正しい車のワックスがけを紹介します!

正しい車のワックスがけの方法って、意外と知られていないものです。ワックスがけに必要な物や、ワックスがけに適した天気や環境。そして車体をワックスがけする際の注意点やワックスをかけた後の布で拭きとる際の注意点などを写真と共にご紹介します。

ワックスがけで準備するもの

目的に合ったワックスを選ぶ

1.固形タイプ
光沢の持続性が高く、ツヤがでやすいタイプ。効果の持続性があります。

2.半練りタイプ
やわらかくてぬりやすい流動性のある半固形になっているタイプ。持続性は固形タイプの半分程度の期間です。

3.液体タイプ
水のようなワックスなので、手軽にぬることができます。
※ クリーナー効果がついたものなど、さまざまなタイプが販売されています。

カーワックスには何種類かタイプがあります。愛車にピッタリのワックスを選びましょう!

仕上げが大事!ワックスがけに使う布

1.ネル地の布
やわらかくて厚手の布です。ワックスをざっと拭く際に使用します。

2.極細布
ネル地よりさらに柔らかく、繊維の目が細かい布です。ムラなくワックスを拭きとる際に使用します。

3.超極細繊維(クロス布)
眼鏡クロスのような布です。ワックスのムラを均等にし、鏡の表面ようなツヤを出すのに使用します。

ワックスがけは拭き取る箇所によって布の種類を変えるといいでしょう。雑巾などでふき取ったりすると、塗装がくすんだり、細かい傷の原因になってしまいます。

ワックスがけ作業に適した環境は?

ワックスがけの作業をするのは、天候の曇りの日を選びましょう。晴れている日は車体が熱を持ち、塗布したワックスが早く乾いてしまいます。
もしも晴れの日にしかできない場合は、ガレージの中などの日陰の場所を選びましょう!

また、風が強い日は、砂やホコリが多く飛来しています。車のボディを水で洗ったあとでも、ワックスがけをしている最中には、砂やホコリが付着してしまいます。

ホコリや砂が付いてる状態でワックスがけをしてしまうと表面に傷がついてしまうので、ワックスがけの前には車体をしっかりと水洗いをしましょう!

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す

Rosazzurro[Rosa]
【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【WEBで車検】自宅に引取&納車!カード決済の楽々車検、見積り無料!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり比較!

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

【車買取】30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

https://buysteroids.in.ua

http://sunrol.com.ua/vertikalnye-zhalyzi/

Buy Testover Enantat online