初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

自動車のタイヤの交換時期と寿命|溝のスリップサインや走行距離に注意!

車にとってもっとも重要なタイヤの交換時期についてまとめました。走行による摩耗ならスリップサインで判断できますが、タイヤの経年劣化はなかなか気づきにくいもの。タイヤの寿命を正確に知るための方法を解説していきます。

車のタイヤの交換時期はいつ?

交換時期を過ぎたタイヤはスリップの原因となり、事故のリスクを引き上げます。
そのため「タイヤが減ったら早めに交換をしましょう」とはいわれますが、その正確な交換時期は非常に曖昧。あとどれだけタイヤが使えるかを自分で判断するには、タイヤのスリップサインの見方や、ゴムの劣化具合を診断する知識が必要になります。
車の生命線ともいえる、タイヤの適切な交換時期を見極めるための判断基準を解説します。

道路交通法に反することも

タイヤは車の最重要部品。そのため適切な状態で使用しなければ、道路交通法違反になってしまう場合があります。
タイヤの残り溝が1.6mm未満の場合は保安基準適合外となり、取り締まりの対象となってしまいます。もちろんこの状態では車検も通りません。

道路運送車両の保安基準 第 167 条 4 二 一部抜粋
空気入ゴムタイヤの接地部の全幅にわたり滑り止めのために施されている凹部のいずれの部分においても 1.6mm以上の深さを有すること。

出典:

タイヤの残り溝が少なくなってくると、タイヤのトレッド面の排水性能が低下し、雨天走行時のスリップの原因になります。
また、極低速でもハイドロプレーン現象が起こりやすく、コントロール不能による交通事故の懸念から、溝のないタイヤの使用は道路交通法に反することになります。

自動車のタイヤ交換の見方4ポイント!

正確なタイヤの交換時期を判断するための4つのポイントを紹介します。

タイヤ交換時期の目安①溝・スリップサイン

溝のなくなったタイヤは、交換しなければスリップの原因となり、危険な状態へと陥ってしまいます。
タイヤの溝内には「スリップサイン」と呼ばれる残り溝を知らせるマークが備えられており、すり減ったトレッド面とスリップサインがつながった状態は、「タイヤの残り溝が1.6mmなので交換してください」というお知らせなのです。

偏摩耗したタイヤは?

タイヤの偏摩耗とは、タイヤのトレッド面が均一に減らずに、一部だけに偏って摩耗する場合を指します。とくに幅の広いタイヤで発生しやすく、外側はまだまだ溝があるのに内側がスリップサインが出ていたという状態が偏摩耗にあたります。
この状態でも、スリップサインが出ている時点で走行はNG。速やかなタイヤ交換と、サスペンション・ホイールアライメントの点検をおすすめします。

タイヤ交換時期の目安②走行距離

タイヤは走行時の路面との摩擦で徐々に摩耗していきます。
新品時のタイヤ溝は約8mmほど。一般的な車の場合、5,000kmで1mmタイヤが減るといわれているので、新品タイヤ交換時から約3万km走行したら、スリップサインが出始めている状態であると計算することができます。
タイヤの摩耗の進行は、車の車重や速度、操作、また路面状況でも大きく変わるため一概に何kmとはいえません。しかし、走行距離を把握しておくことで、タイヤ交換時期の目安にすることができます。

タイヤ交換時期の目安③ゴムの劣化やヒビ割れ・傷

ゴムが劣化し硬化したタイヤや、ひび割れ・傷があるタイヤも速やかな交換をおすすめします。
硬化して固くなったタイヤではスリップしやすく、ひび割れや傷のついたタイヤはパンクやバーストを誘発するため、使用を控えた方が無難です。

タイヤの原料として使われるゴムは、紫外線や水分、酸素や温度変化に弱く劣化しやすい物質です。
屋外で使用されるタイヤには、4〜5年は耐えぬく耐候性をもたせた特殊ゴムが使用されますが、劣化しやすいことには変わりがありません。
また、路面の砂利や落下物で傷ついた場合は、そこから傷が拡大する恐れもあるため注意が必要です。

タイヤの劣化とは?

太陽の紫外線はゴムを硬化させタイヤのグリップ力を奪い、熱はゴムの油分を揮発させ表面のヒビ割れを起こしやすくします。
水分と酸素はタイヤのトレッド面を補強する金属ワイヤーの錆を進行させるほか、モーターから発生するオゾンもゴムを劣化させるといわれます。
一般的な使用ではゴムの劣化による寿命よりも、摩耗による寿命の方が早いと思われますが、長期間にわたって車を動かさない場合は、車重によりタイヤが潰れて変形し元に戻らなくなる場合があるので注意が必要です。

タイヤ交換時期の目安④製造年数

タイヤには消費期限があります。消費期限を過ぎたタイヤだから使用はできないということではありませんが、それだけ経ったタイヤは硬化やヒビ割れを起こし、良好な性能を発揮することはできません。
ゴムを原料とするタイヤは、製造された瞬間から劣化が始まり、およそ10年で寿命をむかえるとされます。もちろん使用条件や保管環境によっても寿命は変わってきますが、多くのタイヤメーカーは約10年の使用を期限として設定しています。

製造年数の読み方

タイヤが製造された年はタイヤに刻印されています。
製造年はサイドウォールに刻印された4桁の数字で表され、仮に「X0817」と表示されていれば、下2桁が製造年数を表し。最初の2桁が製造週を表します。
例の「X0817」の場合は2017年の第8週目(2月末)に製造されたタイヤであることがわかります。

自動車にとってタイヤは命!

どれだけ高性能な車でも、タイヤの性能が車の性能の上限です。それは自動ブレーキが装備された車であろうと、自動運転が搭載された車であろうと同じこと。車が4本のタイヤを使って運動している以上、タイヤが十分な性能を発揮できなければ、どれだけ優れた機能も無意味なものになってしまいます。
タイヤは車にとって命であり、乗員の命を握っているのもタイヤです。タイヤの適切な交換時期を知ることは、乗員の命を守ることにもつながります。

タイヤ交換の際に合わせて読みたい記事はこちら

タイヤのおすすめランキングはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す