初めて車と出会う人の為の車情報メディア Rosazzurro [Rosa]

クーペとは?セダンとの違いを比較!4ドアクーペ・2ドアクーペ・SUVクーペって何?

クーペとは何かをわかりやすく解説。クーペとセダンの違いとは?また、「4ドアクーペ」「2ドアクーペ」「SUVクーペ」の代表車種もご紹介。本記事は、クーペの定義から名前の由来、セダンとの違い、タイプ別クーペの代表車種まで、クーペについて解説しています。

クーペの意味・定義とは?セダンと比較

フィクストヘッドクーペとなるジャガー Eタイプ

クーペとは、車の形状を表わす際に用いられ、一般的に2ドアの箱型乗用車に対してそう呼びます。

クーペのなかには代表的なものとして、ボンネット・キャビン・トランクが明確に分かれた3ボックスタイプとなる「ノッチバック・クーペ」や、リアウィンドウが大きく傾斜しているため、キャビン・トランクの境が明確でない「ファストバック・クーペ」などがあります。他にも呼び方として、「オープンモデルに屋根を設けたクーペ」を意味する「フィクストヘッドクーペ」や、ソフトトップ(幌(ホロ))を持つ「ドロップヘッドクーペ」が使われる場合もあります。

また、最近では2ドアの他にも「4ドアクーペ」「SUVクーペ」と呼ばれるモデルタイプもあり、その場合には「優れた走行性能」「流麗なデザイン」を重視して、敢えてクーペとして通常のセダンやSUVと区別することもあるようです。

クーペの語源は、馬車の時代、通常の馬車が2列シートであったのに対し、1列シートの馬車が登場。その馬車の形状が通常の馬車を中央で切ったように見えたことから、フランス語の「carrose coupe(カロッセ クぺ=切られた馬車)」と呼ばれたことに由来します。

車の形状に関してはこちらから

クーペの歴史

ファストバッククーペとなるポルシェ新型911 GT3

クーペタイプの車が世界で認知されるようになったのは、概ね1960年代に入ってからだと言われ、1960年代から1990年代にかけては各メーカーがバラエティ豊かなモデルを発表し、人気を博します。

1960年代・1970年代を代表するモデルと言えるのは、欧州では1961年にデビューした美しいフィクストヘッドクーペとなる「ジャガー Eタイプ」や、1964年に発表されてから現在に至るまでファストバックスタイルを維持する「ポルシェ 911」をあげることができるでしょう。

同時期、米国では「フォード マスタング」や「シボレー カマロ」「シボレー コルベット」など大排気を持つスポーツクーペが人気を博しました。日本では1965年に美しい2シータークーペ「日産 シルビア」がデビュー。「いすゞ 117クーペ」「トヨタ 2000GT」「マツダ コスモスポーツ」などが次々と誕生し、1980年・1990年には「ホンダ プレリュード」「トヨタ ソアラ」がその流麗なスタイルからヒットとなります。

2000年に入り、原油価格の高騰などから車を選択する際、デザイン重視から実用性重視に転換するなかミニバン・トールワゴンが人気となり、クーペのラインナップは少なくなっているのが現状です。

しかし、そんななか、日産は「フェアレディZ」「GT-R」を一貫してラインナップし続け、トヨタ・スバルも「トヨタ 86」「スバル BRZ」としてクーペモデルを復活させ、少ないなかにもクーペはキラリと光彩を放っているのです。

クーペのメリットとデメリット

メリット

クーペのメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。
以下にあげてみると、

・車高が低いため車体重心位置が下がり、操縦安定性が高い。
・流麗なスタイルでデザイン性能に優れ、注目度が高い。
・実用車より凝った作りとなり、ハイスペックモデルが多い。
・高級車が多く、持っているだけでステータスとなる。

などとなります。

それを証明するように、高級車とされる「BMW」や「メルセデス・ベンツ」では、概ねどのモデルにも「クーペモデル」が用意されいます。

また、英国の高級車メーカーとして名高いロールス・ロイスは、通常「ショーハードリブンカー」として使用される観音開きの4ドアセダンが一般的ですが、セダン「ゴースト」をベースとした2ドアクーペモデル「レイス」では、ゴーストより高価格設定となっているのです。

デメリット

一方、クーペのデメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

以下にあげてみると、

・荷室(トランク)スペースが狭い
・リアシートが狭く、特に2ドアクーペ・4シーターの場合は乗降しずらい
・乗車定員が少なく、実用性が低い
・高級モデルが多く、車両価格が高い

などをあげることができます。

流麗なデザインはクーペの長所でもありますが、その分どうしてもリア部は狭くなり、実用性という意味ではミニバンやトールワゴンには及ばないといった面もあります。

また、高級モデルとして位置付けられることが多いため車両価格が高くなったり、性能を高めるため大排気とした場合には税金や維持費も高くなるということもあるようです。

車のトランクの有効活用についてはこちら

次のページ

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

http://apach.com.ua

shopvashtextil.com.ua/catalog/index/105-podushku/0/120

www.topobzor.info/samye-prodavaemye-tovarov-na-alijekspress-kitaj/